津田沼駅から、3月1日付で 運転士に復帰しました 滝 厚弘 (青年部 津田沼支部 )

「ライフサイクルの深度化」により2010年より津田沼駅に配転されていた滝 厚弘君が、3月1日付けで元職場である習志野運輸区に復帰しました。
滝君からの報告を掲載します。


3月1日、習志野運輸区前で出迎えた相馬津田沼支部長と

 津田沼駅から、3月1日付で運転士に復帰しました。
3年間の業務で感じたことは、運転士の経験と駅業務の共通性はほとんどないことです。
会社が言う、「運輸のプロ」は、都合良く運転士を駅に配転する理由だと思います。
私が入社してから約20年過ぎて、駅業務も変わっており、仕事を覚えるのに、時間がかかりました。
「忘れ物」「スイカカードの取り扱い」「朝・夕のラッシュ対応」などの仕事は、列車が動いている限り、最低必要のな業務です。本来は、「営業のプロ」も育成するのが、会社の役目だと思います。
今後は、「ライフサイクル制度」を廃止して、「各系統のプロ」をなくさないように、会社と向き合います。


2月28日、青年部主催で「ライフサイクル撤廃!外注化粉砕! 滝 厚弘君原職復帰激励会」が、パークサイドホテルで盛大に行われました。