泊まり勤務で翌昼12時頃まで残業も?!CTS成田空港事業所

成田空港事業所で深刻な人員不足
JR-CTSは労働条件をいますぐ改善しろ!

ただちに金子さんの労災を認めろ!

泊まり明けに12時まで残業?!

金子さんの労災認定を求めて、CTS本
社前抗議行動を闘った。(3月20 日)

現在、CTS成田空港事業所では人員不足が深刻だ。所長や副所長が穴埋めをするほどだ。
さらに、泊まり勤務の翌朝から昼12時頃まで残業させられたり、夕方出勤のはずが昼から出勤になったりもしている。労働条件の改善どころか、さらなる長時間労働が強制されているのだ。CTSは職場で金子さんが亡くなったことをどう考えているのか!

人員を増やしてこなかった

事態がここまで進んだ直接的な原因は、2人の労働者が勤務のきつさなどから辞めたことだ。しかし、もともと10月には定年退職する予定の労働者がいたのだ。すでに引き継ぎの体制が組まれ、人員にも余裕がある状態でなければならないはずだ。
しかし、CTSは十分な引き継ぎ体制も組まずにきた。そのつけを現場労働者が払うことになっている。人を増やす必要があると、以前から職場で声が上がっていたことにもかかわらずだ。人員を増やさず10月を迎えれば、要員はさらに不足する。

労働条件を改善しろ!

新規募集は行われているが、十分な人が集まっていない。採用後、すぐ辞めてしまう人も多い。その理由は、明らかに労働条件の悪さだ。
掃除をしながら、一勤務で4~5万歩も歩く。年々、清掃する列車の本数は増えるが、賃金はほとんど上がらない。月10数万円の低賃金のままだ。そして、正社員に登用されるのも、ごくわずかな人数だけ。
本当に人を集めるつもりがあるなら、労働条件を今すぐ改善しろということだ。

 JRこそ責任を取れ!

そして、この事態の全責任はJRにこそある。JRはこの間、コストカットのために外注化を進めてきた。そして、労働者を仕事ごと非正規職・低賃金に突き落としてきた。
今回の事態も、JRが利益のためにCTSの労働者に低賃金と強労働を強制してきた結果だ。十分な委託費を払えば、ただちに解決する問題だ。そもそも、金子さんの死を真剣に反省するなら、すべての外注化を撤回し、JR本体で責任をもつべきではないのか!
JR―CTSは今すぐ労働条件を改善し、十分な要員と賃金を確保しろ! 希望者全てを正社員に登用しろ! 人間的に働き生活できる労働条件の実現を! 金子さんの労災認定をかちとるまで闘い抜こう。