本日第二波指名スト! 闘いはこれからだ!スト貫徹して闘おう!

定期大会の成功から新たな闘いにたちあがろう

本日われわれは、千葉運輸区工臨488行路を対象にした第二波の指名ストライキにたちあがる。

乗務中に倒れる事態が相次ぐ

この闘いの発端は、組合員が脳梗塞で乗務中に倒れたことだ。出勤時から体調が悪かったが乗務させられていた。その日のうちにろれつが回らなくなり、もうろうとして停止位置不良を繰り返した。
指令とのやり取りもあり、当然会社は様子がおかしいことを把握していたはずだ。しかし、会社はそれを放置して乗務を続けさせた。仮眠場所へ指導員を送ったが、翌朝には運転台にも上がれない状態になっていた。命を失っていてもおかしくない状況だったのだ。
この組合員はDL業務の担当者だ。他にもDL業務の担当者が次々に倒れる事態が起こっていた。「こんなことを二度と繰り返させてはならない」。この固い決意が闘いの出発だった。

 全乗務員の労働条件かけた闘い

この闘いは、単にDLへの冷房設置だけをめぐる闘いではない。乗務員の労働条件全体をかけた闘いだ。
冷房もなく40度超のDLの運転台、次々に増やされる明けで12時を超える行路、「背面監視」と締め付け強化……
こんな状態で乗務を続ければ、いつ誰が同じようになってもおかしくない。しかも、仕業・構内業務の外注化で、本線乗務からおりる場所もない。
特に、乙行路の緩和、高齢者対策の実施、DLへの冷房設置は本当に切実な要求だ。
われわれは今回のストを通して、乗務員の置かれた現実に、「本当にこれでいいのか」と問い、全乗務員の労働条件と命、鉄道の安全を守るために闘う。

われわれの闘いは会社を追い込んでいる

われわれの闘いは、確実に会社を追い込んでいる。
13日の第一波ストでは、会社が3名の組合員を同じ工臨488行路に指定してきた。しかも、そのうち一人は電車の泊勤務から外して、わざわざスト対象の行路に指定してきたのだ。
会社は、もしストを回避したら、「3人で乗務してもらう」と言い放った。本当にふざけきった対応だ。しかし、これはわれわれの闘いが会社を追い詰めていることの証拠だ。
実際、団体交渉で会社自身が、「行路のバランスが悪い」「甲が短く乙がすごく長い行路がまだまだある」と認めざるを得なくなった。そして、「次期ダイ改に向けて検討する」と回答したのだ。
われわれの闘いは、会社を追い込むところまで進んでいる。闘いはこれからだ。指名ストを最後まで貫徹し、乗務行路緩和、高齢者対策実施、DL業務の労働条件確立をかちとるまで闘いぬこう。
外注化―大量退職を利用した組織破壊攻撃粉砕! CTS就業規則改悪絶対反対! 定期大会の成功かちとり、さらなる闘いにたちあがろう。

第45回定期大会
9月25日(日)~ 26日(月)
DC会館 大会議室

*13日からの指名ストに動労水戸、動労総連合・新潟からメッセージを頂きました。ありがとうございました。