本日から 第2波スト突入!

検修・構内業務の全面外注化-強制出向粉砕!

各拠点で、「作業内規」の説明を求めて抵抗闘争が継続中!

 動労千葉は、検修・構内業務の全面外注化ー強制出向強行に対して、10月1日~5日までのストライキに突入した。幕張支部、京葉支部、津田沼支部、木更津支部、鴨川支部、銚子支部の検修・構内、派出に勤務する組合員全員がストライキを闘いぬいている。
10月1日朝からは、各拠点において、CTSに強制出向させられる組合員への激励・送り出し行動が行われた。幕張車両センターでは、各支部から結集した組合員や動労千葉を支援する会の仲間たちが激励の拍手や「頑張れー」との激励の声がかけられる中、山田支部長を先頭にして出向者させられる組合員とJRに残る組合員が一緒になって、堂々と職場に乗り込んだ。
習志野運輸区、木更津派出、鴨川派出、一ノ宮派出、銚子派出でも所属支部を中心にした激励・送り出しが行われた。まさに検修職場と運転職場に所属する組合員が一体となった闘いとしてかちとられた。

業務外注化は青年部の課題だ!全く後悔していない!
 CTSに初めて出勤した組合員に対しては、午前中、説明会が開催されたが、その中では、作業に必要な内規の説明も全くといっていいほど行われていない状況だ。「どうやって仕事をやるんだ」「CTSの作業方法を教えてくれ」「制服や工具はどうするんだ」との質問が次々に叩きつけられた。しかし、CTSの担当者は「従前のとおり」を繰り返すだけ。組合員からは「『従前』とはどういうことだ。JRのことを指しているのか」「CTSと俺たちの関係は今日始まったばかりだ。『従前』などないぞ」と怒りの追及が行われた。
そして、12時を期して各拠点支部でストライキに突入した。
15時からは、DC会館において、スト貫徹!動労千葉総決起集会が開催された。
集会では、ストライキに突入した各支部からの報告が行われ、この中で山田支部長からは、「今日、職場に乗り込んで、外注化と強制出向は絶対に廃止できると確信した。闘いはこれからだが、青年部の若い仲間たちには、本当に申し訳ない」との心温まる発言と決意が語られた。
これを受けて動労千葉青年部からは、「外注化との闘いは青年部の一番の課題だ。俺たちは全く後悔していない」との感動的な発言が飛び出すなど、外注化攻撃が動労千葉の団結を一層打ち固めるものとなった。

JRですら見たことがない作業内規が配られる?
第1波ストは2日、13時まで闘いぬかれ、組合員が再び職場に続々と復帰した。そして、この日に初出勤となる組合員に対しては前日と同様に説明会が行われる一方、初日に説明を受けた組合員が、今度は初めてCTSの業務に就く場面だ。しかし、前日の説明会では作業内規の説明は全く行われていない。しかも、作業服のサイズが合わないため作業を行おうにもできない状況だ。幕張車両センターでは、作業に就く組合員がCTS管理者に対して作業服や作業内規の内容について次々に説明を求めて詰め寄る。ところが、CTSで配られた検修関係の作業内規についてJR側の管理者に内容を確認したところ、「見たことがない」というのだ。これで作業などできるわけがない。職場では怒りが噴き出し、結局CTSは、1時間の説明を行わざるを得ない状況となった。
京葉車両センターや木更津派出等々、各拠点でも創意工夫に満ちた闘いが展開されている。
そして本日、12時を期して、第2波ストに突入する。
検修・構内業務の全面外注化・強制出向撤廃へ、職場から闘いぬこう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.