本日、春闘第2波スト 貨物ベアゼロ阻止!外注化粉砕!定年延長と65歳まで働ける 労働条件確立!CTS雇用破壊粉砕!3月ダイ改阻止!

本日3月17日、16春闘勝利、貨物ベアゼロ回答打破―大幅賃上げ獲得、業務外注化粉砕、すべての業務と出向者のJR復帰、定年延長と65歳まで働ける労働条件の確立、CTSの雇用破壊粉砕に向けて、地上勤務者を中心としたストライキに立ち上がる。

一切は組織拡大にかかっている

16春闘で緒戦の大勝利を勝ちとった!CTS就業規則改悪の4月1日実施を粉砕した。職場の怒り、現場労働者の怒りが、会社に4月1日実施を断念させたのだ。
しかし、闘いはこれからだ。「動労千葉に結集すれば白紙撤回をかちとることが出来る」と、さらなる組織拡大戦に打って出よう。
今回の就業規則改悪は、労働契約法の趣旨に真っ向から反する違法・脱法行為であり、JRが、安倍政権の社会を大転換させる、戦争法と一体で進む労働法制の大改悪攻撃の先鞭をつけようとするものだ。全労働者の未来のかかった闘いだ。

貨物ベアゼロ回答を許さない!

JR貨物におけるベアゼロ回答を何としても打破しよう。定期昇給を実施するのは当たり前の話だ。この間、貨物会社は「鉄道事業部門の黒字化」のために、コスト削減=期末手当の超低額回答、諸手当の廃止と賃下げを続けてきた。ベアゼロでは、物価の上昇や消費税の増税で実質賃下げと同じだ。
さらにひどいのは、「55歳以上の社員の賃金改善措置」として、基本給3割カットの上に1500円しか上がらない。労働者を舐めるのもいい加減にしろ! ストライキを貫徹し、大幅賃上げ、労働条件の抜本的改善をかちとろう。
日貨労は「汗を流し、血を流す」というが、組合員を犠牲にしているだけだ。動労千葉は、自分のため、家族のため、仲間のため、全労働者の利益のために闘い抜く。
日貨労を打倒し、動労総連合の組織拡大で全貨物労働者の団結した闘いを創りだそう!

人と仕事を JRに戻せ!

IMG_2372  大量退職が始まる中、65歳まで働ける職場と労働条件を確立する闘いは、旅客・貨物ともに最重要の課題だ。東日本では来年度退職するエルダーの雇用先の約半数が本人希望と異なる場所だ。40年以上も鉄道で働いてきた労働者を使い捨てにするというのか! 絶対に許してはならない。
怒りに怒って、騒ぎに騒いで、会社に雇用の場を確保させよう。組織拡大で外注化を粉砕し、人と仕事をJRに戻そう。

「保育園おちた、日本死ね!」と、待機児童を持つ母親のブログが大変な共感を呼んでいる。非正規、介護、子供・女性・老人の貧困、社会に溢れる怒りの声をストライキで、全労働者の団結した闘いに組織しよう。闘う労働組合を甦らせよう。
3月ダイ改では運転士に対する労働強化が強制されようとしている。反合・運転保安確立へ闘い抜こう。
第2の分割・民営化攻撃を打ち砕く組織拡大春闘を闘い抜こう!

(写真は3.11春闘第一波スト 京葉車両センター前)

最高裁による強制収用許すな!
3・27三里塚全国総決起集
3月27日(日) 12時~集会 15時デモ
会場:成田市赤坂公園(成田ニュータウン内)