本日 DL指名スト第3波!/ 大会報告・その2 真剣な討論で闘う方針を決定

本日 DL指名スト第3波!

要求実現へ貫徹しよう

第二の分割・民営化攻撃粉砕・組織拡大に向け職場から反撃を!
真剣な討論で闘う方針を決定
(大会報告・その2)

 前へ、未来へ!

「民営化・労組破壊攻撃に抗して30年―前へ、未来へ! 俺たちは鉄路に生きる! 組織拡大を総括軸に、第2の分割・民営化攻撃に職場から反撃を!」
「闘う労働組合を甦らせよう!国境を越えた労働者の団結で、憲法改悪―戦争、労働法制解体攻撃を阻止しよう!」を、メインスローガンに開催された第45回定期大会二日目は、はじめに三里塚反対同盟の伊藤信晴さんから来賓のあいさつを受けた。
伊藤さんは「地元千葉県下において素晴らしい闘いをしている動労千葉の皆さんが、私たち反対同盟を励ましてくれます。10月9日には現地で全国集会を開催します。労農連帯・国際連帯を旗印に、動労千葉の皆さんと共に安倍打倒へ闘います」と決意を述べた。
その後、大会方針等に対する代議員からの質問・意見と本部執行部からの答弁、委員長の総括答弁が行われ、2016年度運動方針案、予算案、スローガン案が全体の拍手で承認され、スト権投票は、100%で批准された。
委員・各種委員の選出、大会宣言の発表と採択をし、議長団解任あいさつ、大竹副委員長が閉会あいさつを行い、関副委員長の音頭で組合歌合唱、田中委員長の団結ガンバローで第45回定期大会は終了した。

*大会では、多くの代議員から怒りと闘う決意の表明と、活発な質疑・応答が行われました。詳しくは「大会報告・その3」にて。

闘う5つの課題

(1)戦争法強行採決から1年。国会では改憲に向けた審議が始まり、朝鮮半島―東アジアをめぐり戦争の危機が切迫している。二度と戦争を許してはならない。「戦争をする国」への国家改造は、もう一方での「働き方改革」という雇用・労働政策の歴史的転換攻撃でもある。
階級的労働運動の復権をめざし、組織拡大の一点にかけて全力で立ち上がる。

(2)1047名解雇撤回闘争を軸とした国鉄分割・民営化反対の闘いを断固として継続する。ストライキで分割・民営化攻撃に立ち向かい、17年間によぶ外注化攻撃との闘いが、今日の動労千葉の土台を形成している。この経験の中に、
日本の労働運動が力を取り戻す展望がある。

(3)大量退職問題がピークを迎える。65歳まで働き続けることのできる職場と労働条件をかちとるために組織の総力をあげて闘う。外注化拡大―検修職場別会社化攻撃阻止。動労千葉の原点である反合・運転保安闘争の再確立。CTSにおける雇用形態―就業規則改悪阻止。
総じて、第2の分割・民営化攻撃粉砕―組織拡大に向けて全力を尽くして立ち上がる。

(4)戦争と労働法制解体攻撃に立ち向かう労働者の国際連帯闘争をさらに強化する。民主労総ソウル地域本部からの呼びかけに応え、階級的労働運動の再生をめざし、今年こそ11月労働者集会への1万人結集の実現をめざす。

(5)われわれは今、大きな組織的転換点に直面している。65歳まで闘い続けることのできる組織体制を確立してきたが、いよいよ正念場。
時代は動労千葉を求めている。新たな時代の組織的展望を切り開くために、全組合員の知恵と力を結集して、JR本体―グループ企業を貫く組織拡大闘争に総決起しよう!

後藤さん お疲れ様でした!

1985年11月、国鉄分割・民営化反対のストライキで解雇された、後藤俊哉さんが9月末をもって本部職員を退職されます。大会初日の会食では、永い間の動労千葉の団結に対する功績を称え、「組合功労賞」の表彰が行われました。
後藤さんは「仙台から千葉に戻ってきて、最初はジェット燃料の輸送をしました。千葉運転区で電車運転士となり、第1波のストライキで解雇処分を受けましたが、動労千葉にいて幸せでした。これからもOB会としてみなさんと一緒です」と、あいさつしました。