8月15日、「労働者・市民のつどい」が開かれ、520人が参加した。 福島の佐藤幸子さんは、

憲法改悪と戦争に絶対反対!

-8・15労働者・市民のつどい


子供たちから贈られたというTシャツで訴える佐藤幸子さん

安倍政権による改憲攻撃が強まるなか、8月15日、東京・中野ゼロホールにおいて、「労働者・市民のつどい」が開かれ、520人が参加した。
葉山弁護士の主催者あいさつの後、連帯のあいさつに立った福島の佐藤幸子さん(いのちのせんたくひろば代表)は、「2年前、ここに立って訴えさせていただいた。2年後の福島の今は、復興イベント、祭りなどが盛んに行われている。避難したくてもできない人がどういう生活をしたら安全を保てるのか、真実を明らかにしてほしい。広島・長崎も68年経った今も原爆症で苦しむ人たちが大勢いるのに福島県は子供たちの健康診断をあと30年診ればいいなどといっている。命を犠牲にして経済を発展させる国を許せない」と怒りを込めて発言した。

 国際連帯こそ改憲攻撃と対決できる
 集会の基調報告を実行委を代表して森川文人弁護士が行った。
森川さんは、参院選での山本太郎さんの当選について、「4割近くの労働者が非正規となり、1%対99%の対立、反乱が首都・東京において始まった」、そして、本音がつい漏れた麻生のナチス発言、また集団自衛権を擁護する人間を内閣法制局長にすえるなど、改憲攻撃が激しくかけられているのは、一方でアメリカが対中国などアジアでの独自の軍事戦略を強めていることに対する危機意識の表れだ。民衆の国際連帯こそこれに対決できると訴えた。
平和遺族会全国連絡代表の西川重則さんは自民党の改憲草案は、アジア蔑視の内容であると弾劾した。改憲問題に鋭く突っ込み笑わせてくれた松元ヒロさんのコントをはさんで、動労水戸・石井委員長の被爆労働拒否の闘いの訴えに続いて、民主労総ソウル地域本部からキムミンホ中部地区協議会議長とキムギホン本部事務処員が登壇。


キムミンホ民主労総ソウル本部中部地区協議会議長

公共部門の民営化攻撃と闘う
―民主労総ソウル本部
キムミンホさんは、今韓国ではパククネ政権に対する大きな抗議行動が燃え上がっており、また鉄道やガスなど公共部門の民営化攻撃がかけられようとしている現状に触れ、日本の国鉄民営化反対闘争、反原発闘争、改憲阻止闘争に民主労総として支持と深い共感を持っていることを表明し「国際連帯の労働者闘争前線を拡大していこう! トゥジェン!」と訴えた。
動労千葉から田中委員長が民主労総の仲間の発言を受け、「国際連帯で労働者どうしが一つの敵に立ち向かう時が来た。かつての侵略戦争に動員されていった歴史を乗り越えることができる」、そして「1047名闘争は真実をついに暴き出した」と、9・25鉄建公団訴訟判決に向けて、9・15総決起集会、そして11・3全国労働者総決起集会への結集を訴えた。

国鉄1047名解雇撤回! 鉄建公団訴訟勝利!
新たな外注化・強制出向を許すな! 非正規職撤廃!
9・15総決起集会へ!
■9月15日(日)13時 東京・代々木公園ケヤキ並木
(JR原宿・渋谷駅下車 徒歩10分)