新生木更津支部発足!

木更津支部第30回臨時大会
新生木更津支部発足!

新生木更津支部発足!木更津支部第30回臨時大会

3・17~19ストライキの渦中の18日、午前中の館山支部臨時大会につづき、第30回木更津支部臨時大会が、木更津市の「観月」で 行われた。臨時大会は、館山運転区廃止、木更津支区廃止-木更津運輸区新設攻撃との、9ヶ月間の闘いの全成果を確認し、新たな闘いの拠点をつくっていく橋 頭堡を築くものとなた。

全組合員の団結の勝利

臨時大会は、冒頭、木更津支部・佐野支部長より、「8ヶ月間の全組合員の闘い、地域への取り組み、職場での抗議行動により、強固な団 結を築きあげJR当局を完全に追いつめてきた。館山支部の解散大会と、ときを同じくしてスト貫徹の抗議集会を門前で行ってきた。本日、この臨時大会は、新 生木更津支部の闘っていく基盤をつくる大会としたい」。
堀江支部長より、「伝統ある館山支部の解散は誠に残念であった。新たな組織を立て上げていくために、関係支部との協議を重ねつつ、今日に至った。基地廃 止攻撃との闘いは継続させている。職場での問題点を出し合って、闘いの拠点をつくっていきたい」と、決意を含めたあいさつが行われた。
つづいて、館山支部OBである中村さんが来賓として登壇し、「私は34年間館山でお世話になった。当時、館山機関区と言い、動労千葉の組合員としてなが い闘いを経験した。いろんな思いがある。私の方もOB会として、皆さんとともに闘っていく」と、あついメッセージを受けた。
次に、本部・田中委員長があいさつにたち、①9ヶ月間の闘いを展開してきたが、館山運転区が廃止となり支部が解散となった。笹生さん、塩崎さんはじめ幾 多の諸先輩方に申しあけなく思うと伝えなければならない。②大正9年、安房北条機関区として開業してから88年働いてきた職場であり、歴史を感じる。儲か らない先駆は切り捨てるということ、これは昭和・大正以前に戻すということだ。これが民営化だ。③館山、木更津廃止反対闘争の成果をあらためて確認した い。組織破壊攻撃を跳ね返して、ほぼ100%希望を貫徹した。鴨川支部も倍になる。木更津支部も倍になる。最強の支部をたちあげるということだ。④基地廃 止反対闘争は継続される。職場の支配権を取り戻す。⑤我々はJRの大転換期に立っている。駅ではこの4月1000名が外注化-契約社員に置き換えられる。 ライフサイクルで表れている本質を見てほしい・基地統廃合とライフサイクルは一体だ。⑥常磐線で130㎞運転が強行された。京成では、上野~空港間間を 160㎞、30分で結ぼうとしている。NEXが130㎞運転ですむのか?⑦闘いを開始してはじめてわかた。JRは孤立している。街宣でもそうだが、今回の ストではびっくりするほど反応が良い。原則は守ることが大事だ。団結すれば勝てる、などの表明を受けた。
経過から当面する取り組みの提起を受けた後、質疑に入った。

質疑で出されたおもな意見など

※DCでは、内勤廃止に伴って入れ換え作業が行路の中に入ってくる。気5番交検線、南経は乗務していない。指導員の添乗を求めることになるが、これからも構内事故につながる視点から、問題を取り組んでいかなければならない。
※年休の申し込みなどについて、これからどのように扱っていくのか?
※駐車場について、木更津運輸区新設時での不都合などがあったと聞いている。今後、やむを得ず車で来た場合など、駐車場の確保は出来るのか?
※内燃免許を持っていた場合、異動後、DLの乗務などかかってこないか、相当期間ハンドルを握っていないなど、実質的に、無理なものがある。

等々、意見・質問があり、また職場での生活上の諸問題などが出され、意思統一が図られた。

新執行体制の下、新たな闘いに起つ!

臨時大会は、その後、新たな木更津支部を担っていく、新執行部を選出し、大成功裏に終了した。
館山運転区廃止、木更津支区廃止という、多くの先輩方が築いてきた闘いの砦を奪われた怒り、自らの職場を廃止された怒り、そのことを胸に、基地廃止反対 の闘いは、3・18ダイ改強行で終わったわけではないこと。運転保安上の問題、地方ローカル線切り捨ての問題は、そっくりそのまま継続された。業務を武器 に職場から反撃の闘いを築きあげることを確認する、力強い団結ガンバローを三唱した。