支援する会2016年度定期総会 1047名解雇撤回! 怒りの10万署名をJRに叩きつけよう! 11月集会組織化の先頭に


動労千葉を支援する会2016年度定期総会

7月23日、動労千葉を支援する会2016年度定期全国総会が開催された。各地の支援する会の代表と、動労千葉組合員が結集した。
東京西部の仲間が開会挨拶にたったのち、特別報告として動労水戸の石井委員長が被曝労働拒否!7・12原ノ町~小高延伸反対ストライキの報告が行われた。 つぎに動労連帯高崎の木村書記長が高々と組織拡大を報告。ユニオン習志野が元気いっぱいに弾圧粉砕の勝利の報告を行った。

11月東京ーソウル共同行動へ

山本事務局長から運動方針が提起され、「今年の11月の東京の労働者集会とソウルの労働者大会を労働法制改悪阻止、戦争策動に反対する 『共同の闘いにしよう』という民主労総ソウル本部の呼びかけを契機に、これまでとは次元を画する飛躍を遂げ、1万人結集を実現するために組織戦に打って出 よう」と訴え、「各地で音の出る闘いを実践して、新署名と物販を武器に支援する会の組織拡大を」を提起した。

3本柱で11月集会を闘おう

動労千葉の田中委員長は、「国鉄闘争と国際連帯の発展は一体だ。11月集会の柱は、①国鉄分割・民営化絶対反対の原点を貫く、②戦争と労働法制改悪に対決する、③その基礎に国際連帯を据える―の3本だ」と提起した。
討論では各地の職場での闘い、物販オルグや署名運動での労働組合とのつながりの広がりなどが報告された。まとめを神奈川の運営委員が行い、各地区での拠点建設と11月集会への組織戦で1万人結集を実現しようと訴えた。

第2部の懇親会では、各地の仲間と交流を深めた。参加した動労千葉組合員一人ひとりから支援への感謝と闘いへの決意が表明され、関副委 員長から「署名や物販を通して職場に分け入ろう」と檄が飛ばされた。最後に川崎書記長から「国鉄闘争を闘い続けるなかに勝利の展望がある。階級的労働運動 の復権をかちとろう」と、11月に向かって闘いの火ぶたを切った。

ユニオン習志野」弾圧を粉砕!
2名を奪還!

ユニオン習志野の委員長と執行委員が7月12日の早朝に不当逮捕され、家宅捜査で組合旗や腕章などを押収される大弾圧を完全にはね返し、22日2人の釈放をかちとった。
弾圧に対して、ただちにユニオン習志野の組合員、ちば合同労組、動労千葉など多くの仲間が市役所前でのビラまきや習志警察署への抗議行動、拘留開示裁判などの反撃にたち、二人の仲間を取り戻し、すべての押収物を返還させる大勝利を勝ち取った。
容疑は「詐欺罪」。アパート契約で了承を得ているにもかかわらず、執行委員が組合事務所に泊まったのは「詐欺」だとでっち上げたのだ。
この間、障がい者採用の労働者への解雇を許さず全力で闘ってきたユニオン習志野の解雇撤回闘争に恐れをなした弾圧に他ならない。この闘いは、新聞や市議会 でも何度もとりあげられ、多くの注目を集めてきた。「解雇を撤回すべき」という声が高まるなか、追いつめられた習志野市当局と警察が、今回の異様な攻撃を しかけてきたのだ。
いよいよこれからが勝負。暖かいご支援に改めて御礼申し上げます。                (ユニオン習志野の特別報告)