戦争法阻止! 安倍政権倒せ! 9・13国会包囲大闘争へ!

国会正門前に押し寄せる人々(8月30日)

8月30日、国会前は12万人の人々の怒りで埋め尽くされた。その後も連日、全国各地で戦争法案反対の集会、デモが広がり、日増しに反対の声は広く強固になっている。
追い詰められた安倍政権は、来週16日にも参議院特別委員会と本会議を開き、安保関連法案を強行採決しようとしている。絶対に許してはならない。

9月13日国会包囲大闘争に結集しよう!

戦争に突進する安倍政権
アベノミクスの崩壊が始まっている。中国バブルが崩壊し、世界的な株価急落が起きている。日経平均株価は1週間で3千円も下落し、乱高下している。安倍政 権が郵便貯金や年金基金など公的マネーをつぎ込んで意図的につり上げていた株価だ。世界大恐慌の本格的始まりは、戦争への危機をいっそう強めている。安倍 は、この危機感で戦争法案の成立へと突進しているのだ。


ともに声を上げる動労千葉の隊列

激しく進む戦争態勢
さらに朝鮮半島では8月17日から米韓合同軍事演習が大規模に展開され、北朝鮮との一触即発の緊張が強まっている。こうしたなか8月25日、米軍相模補給 廠(神奈川県)で倉庫の爆発火災事故が起きた。ここは日米軍の指揮機能が集約されている場所だ。さらに8月12日には沖縄辺野古沖で米陸軍特殊部隊ヘリが 墜落し、その中に自衛隊の特殊部隊が同乗し、日米の特殊部隊共同訓練であったことが露わになった。日米の戦争態勢がすでに激しく進行しているのだ。

戦争法阻止! 労働組合が先頭に起とう!

韓国では民主労総が「韓米日軍事同盟反対!」「日本の集団的自衛権行使反対!」の声をあげ、たちあがっている。
戦争は徹頭徹尾、財界や資本家どもの利益のためのものだ。アメリカの経済・軍事力没落のなかで、JRや三菱、日立など、鉄道や原発、インフラなど海外展 開企業が権益を武力で守れと叫び立てているのだ。「国民を守る」「自国防衛」とか「自国のことだけ考えていていいのか」など全て嘘っぱちだ。
今こそ労働者の団結した力が必要だ。時代が大きく動こうとしている今、労働組合が闘いの先頭に立たなければならない。動労千葉の闘いは小なりといえども 改憲・戦争攻撃を阻む力となってきた。職場で闘う労働運動を甦らせよう! ストライキで戦争をとめよう!9・13国会包囲大闘争に起ちあがろう!

●出向命令無効確認訴訟第12回
9月11日(金) 11時 東京地裁527号法廷
【指定列車】 千葉駅⑥番線 9時31分 始発快速 最後部乗車

戦争法案の強行採決阻止! ストライキで戦争止めよう!
●9・13国会包囲大闘争
9月13日(日) 14時 国会正門前
よびかけ 全国労組交流センター・全日本学生自治会総連合
【指定列車】 千葉駅⑥番線 12時29分 始発快速 最後部乗