幕張支部第39回定期大会/第22回千葉機関区支部大会 

組織破壊攻撃粉砕し、
団結の力で組織拡大しよう!

11・22 幕張支部第39回定期大会

幕張支部は、11月22日DC会館において第39回定期大会を開催した。議長には青年部の渡辺君を選出し、議事が進められた。
挨拶に立った山田支部長は、「この一年間の闘い、ご苦労さまでした。11月6日の労働者総決起集会、『東京―ソウル国際共同行動』に参加、カンパ等ありがとうございました。来年度は大量退職がピークを迎える。日勤者が少なくなり、構内・派出が闘いの中心になってくる。会社はそれを逆手にとって革マル分子を幕張に送り込んでくる。この組織破壊攻撃を断固粉砕して支部の団結を守っていきたい。エルダー出向になっても5年間闘える。一人でも多くの仲間を獲得し、若い世代にバトンタッチしていきましょう」と訴えた。続いて執行部からの提起のあと、質疑応答が行われた。

●質疑で出された主な意見

・派出に小動物と衝突したからホームから確認してほしいと指令から連絡があり、確認したが、ホームからではよくわからないのが現状である。
・構内で誘導が二人いるのは危険ではないか。
・組織破壊攻撃を粉砕しよう。
・外注化を粉砕し、組織拡大しよう。
・強制出向無効確認訴訟の現状は。
・CTSでも組織拡大して、17春闘を闘いたい。

など、活発な意見が出された。
答弁は、本部も含め行われ、方針案が拍手で承認され、外注化を粉砕し、JR―CTSで組織拡大に総決起することが確認された。

17春闘、次期ダイ改に総決起を
第22回千葉機関区支部大会 

11月25日、千葉機関区支部は第22回定期大会を開催しました。議長に小高正実君を選出し、石川支部長は、「みんなの協力で支部を盛り上げていこう。65歳まで安心して働けるように、17春闘、次期ダイ改に総決起していこう」と挨拶を行いました。
本部から田中委員長、大竹副委員長から韓国のデモ・大統領問題の本質を始めとした世界やJRをめぐる動きと闘いの方向性について、地域共闘の仲間から来賓の挨拶を受けました。中村本部執行委員から、物販・サークル・組織拡大・解雇撤回についての報告がありました。
その後、執行部からの議案提起を受け、質疑応答ののち、運動方針を採択し、石川支部長を先頭とした28年度新役員体制を確立しました。大会後の親睦会も大いに盛り上がりました。

*出された主な意見
①乗務員会から、列車遅延に関する書類の提出について、遅れた時の持ち替えについて、支部乗務員会総会に向けて。
②並木君から韓国訪問報告、「大勢参加の集会・デモ、大変盛り上がった」。
③賃金70%で、ボーナス1・5ヶ月はいかがなものか。60歳以降の賃金についての会社の考えは。
④トイレ(ウォシュレット)の問題について。
⑤SAS機器(C‐PAP)のレンタル料について。