尼崎事故8周年弾劾!外注化攻撃粉砕ー反合・運転保安確立 4・20尼崎現地闘争を闘う

全国から400人名が結集 

4月20日、13時から、兵庫県JR尼崎駅北口広場において、動労千葉と国鉄闘争全国運動・関西準備会呼びかけによる「尼崎事故8周年弾劾! 4・20全国総決起集会」が開催された。
集会には、動労総連合、国労の闘う仲間、そして4.26ストライキを宣言している自治労の仲間を先頭に全国から400名が結集した。

5・1メーデーから6・9国鉄全国集会へ

主催者あいさつとして、動労千葉の川崎執行委員が「107人を殺した尼崎事故に対して、闘う労働運動が時代の最前線に登場しなければならない。13春闘を外注化粉砕の第2ラウンドの闘いとしてストライキで闘った。それが4・26自治労ストライキにつながっている。労働組合が団結して闘えば時代を切り開ける。5・1メーデーから6・9国鉄全国集会に大結集しよう」と提起した。
全国運動関西準備会を代表して、全国金属機械・港合同の中村副委員長が「大阪市長・橋下の攻撃は全労働者への攻撃だ。団結権で闘えば恐れることはない。1047名闘争に全力を挙げ、ともに闘おう」とあいさつした。集会基調報告を、今回初めて動労西日本の山田書記長がを担った。

福島と動労水戸から熱い報告 

被災地から国労郡山工場支部の仲間と福島市の椎名千恵子さんが登壇し、3・11反原発福島行動の成功とそれ以降の闘いの前進を報告した。
動労水戸の辻川副委員長は、「放射能汚染車両の車内の空間放射線量は0・2マイクロシーベルトで、福島現地と比べたら低い。しかし、動労水戸がこれを認めたら、福島の現実はすべて容認されてしまう。だから被曝労働を拒否して闘った。この闘いに青年が応えて立ち上がった。必ず勝てる」と熱く語った。

動労西日本
4・25レールテックで第2波ストライキ

1047名闘争当該から、動労千葉争議団の中村君、国労秋田闘争団の小玉さんが決意表明。つづいて動労西日本の赤松副委員長が、「3・25ストに続いて尼崎事故当日の4月25日に出向先のレールテックでストライキに立つ。外注化を粉砕し、安全と労働者の誇りを取り戻すために闘う」と宣言した。
共に闘う国労の会、ス労自主、全日建関西生コン支部、港合同の発言につづいて各団体が決意表明を行った。
集会後、尼崎事故の現場に向けデモ行進に出発した。そして、デモ行進終了後、事故現場に献花し、反合・運転保安確立に向けて闘いぬくことをあらためて誓った。


事故現場をデモ