尼崎事故、安全運転行動に 無数の激励の声!

 

 メールなどで寄せられた、尼崎事故、安全運転行動へのメッセージの一部を掲載します。本当に多数の激励の声に感謝いたします。紙面の都合で多くが掲載できなかったこと、また一部かつあいさせて頂いたことをお詫びします。

心から拍手を送りたい

これは(レール交換)千葉動労の告発があったおかげで、こういった危険な事実があったことをマスコミ、一般民衆が知ることができた し、それが波紋を呼び、さらに千葉動労の組合員の方々が処分も辞さずに安全保安行動を行ったことで、JR東を動かしたのだと思います。組合員の皆様の願 い、安全への思いが実りを結んだことに、心から拍手を送りたいと思います。

微力ながら応援します

動労千葉の皆様こんばんわ。私は郵便局で非常勤職員をやっている者です。
動労千葉が現在行っている「安全運転行動」について、私も微力ながら応援いたします。
JR東日本当局が「処分するぞ」と恫喝するなどしていますが、それをはねのけて皆様が行動を無事貫徹されることを心からお祈りいたします。

全く同感、ぞっとする

動労千葉の機関紙を拝読しました。あの事故の原因については全く同感です。なぜ他の労働組合から声があがらないのか不思議に思っています(私が知らないだけかも知れませんが)。
毎日、JR東日本を利用していますが、たかだか2、3分の遅れに「電車が遅れてまして大変申し訳ありません」と謝罪するアナウンスが流れるたびに、 「ちょっとの遅れで何もそこまで丁寧に謝る必要はない。かえってうるさい」ぐらいに思っています。JR西日本に限らず、JR東日本も効率重視、安全無視の 体質が蔓延しているのではないか、と思うとぞっとします。
TBSのブロードキャスターでJR西日本の社員再教育について放送していましたが、些細なミスに虐めとしか言い難い教育(?)、意見を言うことすら反抗 と見なされる雰囲気は正に異常としか思えませんでした。どこのJRも同様の体質かと思うとぞっとしました。

もう人が死ぬのはいや!

がんばって~!! もう、人が死ぬのはいや!恫喝の中、監視の中、本当に大変と思いますが、後に私のような者が、いっぱいついていることで、何とか、安全運転運動、やりぬい て下さい。お願いします。こっちでも尼崎事故について集会をやります。中心になっている鉄道模型大好きっ子に、このメールを転送しておきました。集会に反 映するよう言っておきます。事故現場、尼崎からメールを送ります。

希有(けう)な正当な闘いだ

まさに、「民営化によるサービス向上」なるものの本質があらわになったものと断ぜざるを得ない事態だ。
例えば、ホームを見ても駅員の姿はない、だれがホームの危機管理をするのか。JR化後駅舎等きれいにしたことはあるが、本当に安心して利用できる鉄道とは思えなくなった。
利益を生まないものは切り捨てる経営姿勢、温かみはないし、みな疲れ切る労働強化はみなごめんだ。
動労千葉の戦いはまったく現在では希有な正当な闘いだ。健闘を祈ります。

100%正しい!

(監視添乗について)あきれてしまいますね。そんな暇な管理者がいるのですね。今回の「安全運転行動」に関して言えば100%動労千葉さんが正しいです。頑張って下さい。心の中で応援していますので。

「民営化」の歪み

今回の尼崎の事故は、安全(いのち)無視の利潤追求、まさに「民営化」の歪みにより引き起こされたもので、非常に残念に思います。
どの業種でも「組合離れ」が進む中、労組は、それぞれの職場を守るため、働きやすい職場をつくるため、経営側の「合理化」攻撃に屈することなく、利用者本位のサービスを目指して運動を広めることが、今まさに重要と思います。
国民のいのちとくらしを守るため、ともにがんばりましょう。

「安全」は最大の価値

公共交通機関にとって「安全」は最大の価値。その価値実現のための労働組合の「争議行為」は崇高でさえある。

安全のための闘争なら支持する

毎日のお仕事、お疲れ様です。
国鉄が民営化されてから、ホームの安全要員が居なくなったり、山手線あたりは信号機も無くなっていますよね。コンピューターで安全管理はされているのでしょうが、このような事故が起きるとJRの安全管理を疑ってしまいます……。
JRの本来の仕事は鉄道業です。その本来の仕事を合理化して、派遣会社や売店などの子会社を沢山作っています。また、列車に遅れが生じると運転士さんが 減給などの処分を受けると聞いたこともあります。このようなことが事実であれば、今回の西日本の事故は列車を遅らせないと云う運転士さんのプレッシャーか らくるものではなかったでしょうか?
これは東日本・東海などの全てのJRに起こりえる事故だと思います。このような大惨事が二度と起こらないように、安全運転を宜しくお願いします。安全の為の闘争(ストライキ)なら支持したいと思います。

何が恐いのか?

107名の尊い生命が奪われたことに対し、営利優先、厳格な労働者管理が根底にあることが多数の要因のひとつであることが判明、日本中の関係機関が早急に検討すべきなのに。東日本は何が恐いのか、協議改善を避けている。

耳を疑う!

千葉動労って未だにストとかやっていて時代錯誤だって思っていたし、迷惑な存在だって思ってた。しかし、線路破断が何回も起こっていたり、今回の尼崎事故を受けて「無理な回復運転はしない」とか「通告は停車中に受ける」を実践しようというのはもっともな話。
あの「稼ぐ」のJR西でさえ回復運転の指示が無くなったと聞くし。ところが、JR東は組合を処分すると言ってきたというのは、耳を疑う。自分は靖国神社に参拝する人間ですが、今回の件に関しては千葉動労の行動を応援したい。

理解できない責任逃れ

このところ、信号通信関係のトラブルが発生し、列車の復旧まで大幅に要しています。保線トラブル同様、人員も含め業務の実態をあきら かにし、利用者にその対応策を示す必要があります。ところが昨日のJR千葉支社長の記者会見の発言(「回復運転するのは当然、現状でも運行の安全性に問題 はない」という発言をさしている)は貴組合の闘争に対する発言と思いますが、問題があっても問題はないと責任逃れのコメントです。これには理解できませ ん。真意を正す必要があります。

非常に共感しています

突然のメール大変失礼いたします。私はJR東日本の某支社に勤務する社員です。
貴労組の「安全運転行動」への取り組みは個人的に非常に共感しております。今後も会社側の圧力に屈することなく、頑張って下さい。

「組合も駄目やなー」

JR史上最悪の大惨事であった尼崎での脱線転覆事故の後、マスメディアが、事故原因をもっぱら、亡くなった運転士の、「無謀な」運転 に責任を転嫁していね中で、インターネットで日刊動労千葉の主張を読み、改めて、「闘いなくして安全なし」という、動労千葉の闘いの死活性を思い知らされ ました。
今朝の京都新聞朝刊に掲載された記事を読むと、JRの労働者が組合に守られていない状況がよくわかり、胸が詰まる思いがします。かって炭坑で働き、今は 塵肺で闘病生活を続けている老齢の患者さんが、「当局もひどいが組合も駄目やなー」と嘆息していました。悲劇を二度と起こしてはなりません。自分の命と乗 客の命を守る、JR労働運動の再生を祈ります。

一人一人が生きる社会に

広く世論に訴えてほしい。現場の一人一人の力が生きる社会にしていきましよう。

毎日この闘いをやってほしい

金・金・金!!JRは金儲けしか考えていなかったんです。企業はどこも、金儲けしか考えていません。昨日のニュースで、振り替え輸送で通勤している人の声で、「1分や2分遅れたってかまいません。安全に運んでくれたらそれでいい」。
しかし、今日の国会での質問は、全部運転士に責任をなすりつける内容ばかりでした。運転士の教育が悪い、とか、運転士のモラルが低い、とかいって、今後締め付けを強化しろ、というものばかりです。そんなことで事故はなくならない!
安全運転をする、という当たり前の闘い、これこそが事故をなくすと思います。全国の運転士の方々に、毎日毎日この闘いをやってほしいです。今の世の中