安全運転闘争への不当処分を弾劾する!ここにあるのは、本末転倒したJR東日本の腐り果てた経営姿勢

4月12日、JR東日本は、安全運転闘争への不当処分発令を強行した。断じて許すことはできない。われわれは満腔の怒りを込めてこの不当処分を弾劾する。
処分内容は本部執行部が「戒告」、現場組合員は「厳重注意」であった。処分理由は下記のとおりである。

 平成17年3月及び5月以降から行なった安全運転行動と称す由る争議行為に関し、会社のもつ運行管理権を奪う違法な 争議行理為である旨を通知し、厳重に注意したにも係わらず、平成18年分3月10日から18日にかけて行な った安全運転闘争を組合本部役処員として再び 同行為を決定し、所属組合員へ指示したこと。

■二度と声をあげるな!

尼崎事故や羽越線事故を二度と繰り返してはならない、レール破断の多発等、JRの安全が危機に瀕しているというわれわれの訴えに対し、JR東日本は、再び処分をもって臨んできた。
この不当処分は、労働組合が安全の確立に向けて声をあげることなど二度と許さないということを目的した一片の正義性もないものだ。その意図は「自己の本 分をわきまえ、会社の命に復せ」という「警告書」にも明らかだ。現場の労働者の分際で、安全を確立しろと声をあげることなど許さないというのである。
安全について最も熟知しているのは、日々列車を動かし、検査し、線路を保守している現場の労働者だ。われわれはその声を力づくで圧殺するようなやり方を絶対に許さない。

■安全の危機を隠ぺい

また、ここにあるのは、本末転倒したJR東日本の腐り果てた経営姿勢に他ならない。事故や安全の危機を隠ぺいするために、それを告発 する者を処分して、二度と声をあげさせないようにしようというのだ。安全よりも組合憎し、安全ではなくその隠ぺい。これがJR東日本の意図に他ならない。
尼崎事故で107名の乗客の生命を奪い、羽越線事故で5名の生命を奪い、JR発足から19年余りの間に、保線作業などにあたっていた下請けや本工の労働 者300人以上の生命を奪っていてなをこれがJR東日本の姿勢である。このままでは、間違いなく再び尼崎事故が繰り返されることになる。

■ゆずることはできない!

不当処分そのものもエスカレートされている。昨年の安全運転闘争に対する処分は「厳重注意」であった。今回は「戒告」(一時金10%削減+昇給カット)だ。これは安全運転闘争を繰り返したら解雇するという脅しに他ならない。
だがわれわれは、鉄道に働く労働者として、労働組合として、運転保安確立に向けた闘いをここで止めることはできない。どんな困難に直面しようと、絶対に 譲ってはならないことがある。ここで旗を下ろしたら、われわれが鉄道に働く労働者であり、労働組合であることを止め、会社の奴隷になるということだ。そし てまた多くの乗客やともに働く仲間の生命を奪うことになるのだ。現に、東労組を始め、JR内の全ての労働組合が会社にからめとられ、安全の危機について声 すらあげない現状がわれわれの前にある。
今回の不当処分は、逆に、運転保安確立に向けた闘いをさらに強化しなければいけないという警告である。われわれは怒りも新たに、今回の不当処分をはね返し、団結を固め闘い続ける決意である。

■社会のありかたを問う!

最後にわれわれは、改めて、民営化-規制緩和という犯罪的政策によって競争原理が野放しにされた結果、JRにおける安全の崩壊がもた らされたばかりでなく、社会のあり方そのものが崩壊しようとしていることに怒りを新たにしなければならない。耐震偽装問題やライブドア事件、度重なる日航 機トラブルもしかり。無数の労働者が低賃金・無権利の非正規雇用に突き落とされて貧富の差が止め所なく拡大し、5世帯に1世帯が年収200万円以下で生活 し、生活保護世帯が100万世帯をこしている現実。東京や大阪では、4人にひとりの子供たちが、給食費の補助を受けなければ学校に行けない現実。年金や医 療制度が崩壊しようとしている根本的現実もここにある。
こうしたことの一切が、根本をたぐっていけば、JRにおける安全の崩壊をもたらしたものと同じ原因に突き当たる。
社会の在り方そのものを問わなければならない。われわれは、いかにる弾圧をうけようと、こうした現実に対し闘い続ける決意である。

尼崎事故1周年4・24集会にメッセージが届きました

はじめまして。
私は昨年4月25日の尼崎脱線事故を起こした電車の3両目に乗車していて重傷を負ったものです。
関西では、最近は毎日のように新聞やテレビでこの件について報道されていますが、関東では、ほとんど報道されていない伺っていましたので、事故のことを 考えてくださる方がいらっしゃるようで嬉しく思います。単に労働問題だけでなく、社会の矛盾やひずみを是正すべくがんばっていただければと思います。
当日は仕事で参加できませんが盛会をお祈り申し上げます