安全無視のJR追求し連日の沿線ビラまき! 連日、沿線で安全確立を訴え街宣

駅頭でのビラまきはすでに30回。支援する会とともに、JRの安全無視の経営姿勢、民営化の恐ろしさを訴えている。ビラはたちまちはけ、ものすごい反響!

大反響!駅頭ビラまき

当局は「警告書」(左下)を職場に貼りだし、一人の運転士に対して二人の監視・現認要員を張りつけて、闘いを潰そうとおどしをかけている(右下)。こんなことをする余裕があるなら、安全のために人とカネを使え!

違法闘争に対する警告

 社員は、会社事業の社会的意義を自覚し、会社の発展に寄与するとともに、会社の命に服し、法令、規定等を遵守し、全力を あげてその職務の遂行に専念しなければならない。しかし、国鉄千葉動力車労働組合は、平成18年3月10日以降、安全運転闘争と称する争議行為を行おうと している。
会社の持つ運行管理権を奪うかかる違法な争議行為を行った国鉄千葉動力車労働組合の組合員に対しては、厳重に対処せざるを得ないことを警告する。

平成18年3月9日
千葉支社長


安全運転闘争を闘う動労千葉組合員(右)と運転台に乗り込んで処分恫喝を行うJR東当局(左の2人)

支援する会の仲間たちは、東京駅や千葉駅で激励行動を展開してくれている。

ガンバレ!

 

新幹線「のぞみ」にもゆとりダイヤ・JR西日本 (3月12日付/「日経」)

JR西日本は、18日のダイヤ改正で山陽新幹線に「ゆとり」を持たせたダイヤを導入する。昨年4月の兵庫県尼崎市の福知 山線脱線事故を受けた安全対策の一環で、国鉄時代も含めて安全性向上を目的に所用時間を延ばすのは、1964年の新幹線開業以来初めて。「のぞみ」の場 合、新大阪-博多間で2分の余裕時間を追加する。
JR西によると、1日に92本運行する「のぞみ」のうち、ゆとりダイヤの対象は、世界最速の時速300キロで走る500系車両の16本。2分のゆとりを持たせるため、博多-新大阪間の所用時間は2時間23分となる。

この3月11日に、JR西ですらこう発 表した。それと比べるとJR東の対応はあまりに異常だ。NEX53分運転を止めろ!安全のために余裕ある運転時分を!