千葉機関区支部先頭に5.1行動貫徹! 5月賃下げ実施は阻止!

賃金削減絶対反対!
千葉機関区支部先頭に5.1行動貫徹

5月1日、動労千葉・動労総連合の呼びかけでJR貨物本社抗議行動と新宿メーデーが闘いぬかれた。正午、動労千葉や動労水戸の組合員、支援の労働者410人が、新宿駅新南口にあるJR貨物本社前に結集し、抗議行動を行った。そして14時新宿中央公園でメーデー集会を行い、JR東日本本社と貨物本社に500名を超えるデモを行った。
一方的な大幅賃下げをたくらむJR貨物は、5月からもその実施に着手する構えでいた。しかし、今回の5・1貨物本社行動を初めとする動労千葉の賃下げ絶対反対の闘いで、JR貨物の労働者全体の怒りに火をつけ、裏切り妥結を狙っていたJR総連・日貨労の策動は粉砕され、5月実施は阻止した。だが、JR貨物があくまで大幅賃下げをたくらんでいることは変わらない。賃下げ絶対反対の闘いをさらに強化しよう!

賃下げ、絶対に許さない
千葉機関区支部
斎藤隆男・支部長

JR貨物会社は、経営自立計画で2018年度には百億円以上の経常利益を出して上場企業になる、と言っています。しかしながら、貨物会社と三島会社は分割民営化されて25年経つのに、上場などほど遠い経営状況です。まさに分割民営化の失敗であり破綻です。
貨物会社は、発足当時一万二千人でスタートしました。現在は六千人で半減しています。人件費が半減しているにもかかわらず、鉄道部門で赤字がつづき、関連部門で埋め合わせしてきました。しかし今後は関連企業は激減し、車両や設備の老朽化がいっそう進むなかで、経営は破綻をきたしています。
国鉄分割・民営化の破綻を労働者に責任転嫁し、賃金を抑制するなど断じて許せません。今まで数十年ベアゼロ、ボーナスは何年も超低額と賃金を抑制し、今度は賃金カットを強行しようとしています。
この攻撃は貨物会社にとどまりません。徹底的に低賃金で労働者から搾り取り、使い捨てにして恥じない資本家や政治家、そのお先棒をかつぐJR総連・日貨労を絶対に許せません。この流れを止め、賃下げ攻撃を粉砕しましょう。千葉機関区支部はその最先頭で闘います。

メーデーの原点に立ち返って
貨物協議会議長・佐藤正和

こんな理不尽な話はありません。借りてもいない高利貸しから突然証文を持ってきて「払え」と言っているみたいなものです。夜も寝ないで働いているのに、本年度の貨物部門の赤字が80億円とは、どうなっているのでしょうか。
国鉄分割民営化が完全に破綻している、このことを言うことがものすごく重要です。国労は「構造矛盾だ」とか、日貨労は「経営体質が悪い」と言っているが、そんな問題ではない。もっと根っこは深いわけです。
国鉄分割・民営化の破綻ということは新自由主義が破綻していることです。「資本主義は完全に破綻している」ことを明らかにする闘いを大きくしなくてはならない。それが今日のメーデーだと思います。
JR貨物は、全国一社制です。軍事輸送の裏ダイヤの問題もありますが、大資本にとっては鉄道貨物は重要なのです。例えばトヨタのロングパスエクスプレス=愛知の部品工場から東北の組立工場まで専用列車が走る。東北の安い賃金で労働者を働かせコストを削減する。さらには輸送費を徹底的にダンピングさせる。だから黒字になるわけないのです。大資本の食い物にするためにJR貨物があるのです。

俺たちの強みは物流を握っていることです。サプライチェーンをぶっとめれば工場も止まる。俺たち労働者が生産と物流を社会を握っている。社会を動かしているのです。
今日はメーデーです。労働者階級の先輩たちが、血と汗を流して8時間労働制を要求し、ゼネストを闘った日です。このメーデーの原点に立ち返って今日の行動を貫徹しましょう。


千葉機関区支部がデモの最先頭に