千葉支社 3月ダイ改の労働条件を提案

首都圏直通運転によるローカル線切り捨てと
久留里線ワンマン運転、15名の要員削減を絶対に許さない!

1月17日、JR千葉支社は、3月ダイ改に関する労働条件の提案を行ってきた。
提案の中で千葉支社は、首都圏80キロ圏直通運転の拡大を行うとして、総武・成田線におけるローカル線の切り捨てをさらに進めようとしている。さらに、久留里線へのワンマン運転導入や209系車両への統一等により▲15名(車両職▲2名、車掌▲13名)の要員削減を行おうとしている。安全を無視し、ローカル線切り捨てを絶対に許さず、職場から反撃しよう。

東京直通は増やし、ローカルは直通運転を廃止

提案の主な内容は以下のとおり。
◎「東京都心80キロ圏直通運転」について
◆昼間帯の千葉~成田間の普通列車を総武快速線直通運転に立て替え、成田~成田空港間3往復増発。
※これにより千葉~銚子間の直通運転がなくなり、成田乗換に。
◎「東京メガループ」について
◆武蔵野線 朝通勤時間帯、府中本町~東京間を1本増発。
◆武蔵野線 昼間帯、毎時5往復を6往復に増発。
◆武蔵野線 武蔵野線直通運転を、終日、各駅停車化。
◆京葉線 朝通勤時間帯、京葉快速、武蔵野快速の各駅停車化。
◎「成田エクスプレス」について
◆成田駅上り2番線における平面交差を解消するため、成田駅1番線通過を可能とするルートを設定。
◎「久留里線ワンマン運転」について
◆久留里線について、新型気動車キハ130系導入に伴い、34本中、24本をワンマン運転化。
◆昼間帯の5往復については、1両編成での運用。
◎「成田線の一部列車削減」について
◆成田~佐原間について、乗客数の減少に伴い1往復を削減。
◎「千葉以東ローカル列車統一」について
◆総武本線、成田線で運用している211系を209系に置きかえ。
◎「特急列車」について
◆NEX8号、47号を四街道に停車。
◆わかしお5号、15号、14号の運塾停車。
◆臨時わかしお5号の東京発を1時間繰り上げ、10時30分発。
◆臨時さざなみ3号 現行、青堀停車を佐貫停車に変更。
◆臨時さざなみ5号 現行、青堀、上総湊停車を通過し、佐貫停車に変更。
◆臨時さざなみ14号 岩井、浜金谷、佐貫を停車し、青堀通過に変更。
◆さざなみ4号、わかしお20号について、途中駅の交換時間見直しにより6分短縮。

3月ダイ改に、ストライキで起ち上がる体制の構築を!
◎要員関係について
【運転士】
◆武蔵野線での増発等により蘇我運輸区京葉派出で運転士3名増。
◆佐倉運輸区への2徹分の行路持ち替えにより千葉運転区で▲6名、佐倉運輸区で 6名増。
【車両職】
◆ローカル線の209系統一により幕張車両センターで車両職▲2名。
【車掌】
◆久留里線ワンマン運転導入により木更津運輸区で車掌▲7名、その他業務量見直し等により車掌▲6名、計▲13名。
ダイ改期日は、3月16日としている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.