動労千葉申30号—業務と出向者をJRに戻せ!

JR-CTS貫く組織拡大で、外注化-強制出向を粉砕しよう!

動労千葉申30号で申し入れ!
業務と出向者をJRに戻せ!

動労千葉は、今年10月1日で仕業・構内業務外注化ー強制出向から3年目を迎えることに踏まえ、外注化ー強制出向粉砕に向けた申し入れ(動労千葉申30号)をJR千葉支社に対して提出した。
業務外注化は雇用を破壊する最悪の攻撃だ。この間出向を解除されてJRに戻った者は「余剰人員」としてほとんど仕事もない状況に置かれている。さらに「高齢者の雇用の場の確保」どころか身体を壊した運転士が降りる場所までなくなっているのが実情だ。
しかもJRは、グループ会社の再編と称してCTSの駅業務を東日本ステーションサービスに移管して転籍を強制した。次に狙っているのは検修・構内業務の全面的な委託・別会社化だ。
こうした中で3年目の「10月1日」を迎える。あらためて業務外注化ー強制出向粉砕に向けて強硬な闘う体制を確立しよう!
JRーCTSを貫く闘いを強化し、組織拡大を実現しよう!

ストライキで外注化を粉砕しよう!

業務外注化-強制出向粉砕に向けた申し入れ
(動労千葉申30号)

1.仕業・構内業務の外注化施策を直ちに撤廃すること。

2.10月1日で仕業・構内業務の外注化から3年目を迎えることになるが、2012年10月1日の外注化実施時の団体交渉において会社側は、「出向は原則3年である」旨を回答していることに踏まえ、本人の希望に踏まえ、出向者についてはJRに戻すこ と。

3.千葉鉄道サービスで採用したプロパーについては、JRにおいて採用すること。

4.3年目の10月1日に向けて、出向の解消に関する具体的な取り扱いについて明らかにすること。

5.JRにおける検修業務の将来展望等について、具体的に明らかにすること。

6.グループ会社における休日数については、出向元会社であるJRの責任において、JRと同様の休日数となるよう改善を求めること。◎戦争法案成立阻止!安倍70年談話 粉砕!8・15労働者市民の集い
日 時 8月15日(土)13時から
場 所 錦糸町・すみだ産業会館 8階
内 容 特別報告 民主労総ソウル本部
動労千葉
国会報告、福島、沖縄等の発言等
※戦争法案粉砕に向けて結集しよう!

◎鉄建公団訴訟棄却決定弾劾!
8・23報告・総決起集会
日 時 8月23日(日)13時30分から
場 所 東京・星陵会館ホール
主 催 国鉄千葉動力車労働組合/国鉄闘争全国運動
※分割・民営化反対!新たな闘いへの総決起の場として、総結集しよう!