動労千葉本線運転士がストに突入 春闘第一波  第二の分割・民営化攻撃に闘争宣言

動労千葉春闘第一波ストライキ
第二の分割・民営化攻撃に闘争宣言

本線運転士がストに突入
総決起集会に280名が結集

13日午後6時から千葉商工会議所の大ホールで「15春闘勝利! ダイ改・地方ローカル線切り捨て絶対反対! 外注化粉砕・組織拡大! スト貫徹! 3・13動労千葉総決会」が、動労千葉組合員、支援する会の仲間など280名が結集し戦闘的にかちとられた。
主催者あいさつとして田中委員長が冒頭「動労千葉は、15春闘勝利へ向けた第一弾の闘いとして13日より15日にかけて動労千葉の本線運転士がストライキに起ち上がった」と報告した。そして今回の第一波闘争は、3月ダイ改による特急列車の廃止・削減、地方切り捨てに対する闘いであるとともに、第二の分割・民営化攻撃に対する闘争宣言であると訴えた。
つづいて2・26銚子地域集会、3・7館山地域集会の大成功をかちとった銚子、佐倉、木更津、鴨川の4支部の支部長が、闘いの報告と決意を表明を行った。家族会から4支部に檄布が渡され会場を大いに沸かせた。

交渉報告につづいて千葉機関区支部、貨物協議会が貨物賃下げ攻撃粉砕へ春闘第二波行動を宣言。幕張支部、車両技術分科会が外注化粉砕、組織拡大へ春闘第三波の闘いを宣言した。

CTS春闘を宣言

そして初めてのCTS春闘として、関執行委員、CTS組合員3名が登壇し、「CTSの非正規、正規1000名の労働者の生活がかかった闘いが始まる」とCTS春闘を宣言した。
スト貫徹に向けて津田沼、千葉転、京葉の支部長が決意表明。つづいて北嶋青年部長による「組織破壊攻撃を絶対に許さない。必ず組織拡大をかちとる」と力強い決意表明に会場全体が奮い立った。
集会には三里塚空港反対同盟の伊藤信晴さんが駆けつけ、3・29全国集会の結集を訴えた。
長田書記長が当面する行動の提起、繁沢副委員長の閉会のあいさつ、青年組合員の音頭で組合歌を合唱。繁沢敬一副委員長の閉会あいさつ、団結ガンバローで意気高く集会を終えた。

出向命令無効確認訴訟第10回弁論

 3月18日(水)11時
東京地裁527法廷