動労千葉 3・13―15ダイ改スト!3・13スト総決起集会へ!

3・13―15ダイ改スト貫徹!3・13スト総決起集会へ!

15春闘勝利!ダイ改・地方ローカル線切り捨て絶対反対!
外注化粉砕・組織拡大!スト貫徹!
3・13動労千葉総決起集会
日時:3月13日 18時
場所:千葉商工会議所 第1ホール(ツインビル2号館14階)

「第二の分割・民営化」攻撃粉砕しよう!
動労千葉は15春闘をストライキで闘う方針を決定した。15春闘の課題は、①大幅賃上げ獲得、貨物賃下げ攻撃粉砕、②外注化粉砕、定年延長と65歳まで働ける労働条件の確立、、③ダイ改阻止―地方ローカル線切り捨て反対、反合・運転保安確立、④第二の分割・民営化=組織破壊攻撃粉砕だ。そして、何よりもこの過程を通して、全組合員の総力をあげて組織拡大を実現することだ。

JRの地方切り捨て許すな

第一波闘争は、3月ダイ改に対してストライキで闘う。JR千葉支社は、3月ダイ改で特急列車の廃止・削減を行おうとしている。地域で生きることそのものの切り捨てであり、絶対に許すことはできない。
しかも、これは特急列車だけでは終わらない。次は在来線・各駅停車の削減、廃線・第3セクター化へとつながる攻撃だ。
JRは、「東京から70~80㎞圏内に経営資源を集中する」という方針を公然と打ち出している。それ以外のところは、運行自体も完全に切り離そうとしている。地方ローカル線の全面的な切り捨てにのりだしたのだ。
問題は鉄道だけに留まらない。鉄道が切り捨てられれば、学校や病院の統廃合はますます進められる。生活していく基盤そのものが奪われてしまうのだ。

3・13―15ストを貫徹しよう

これは同時に、職場を奪う団結破壊・組織破壊攻撃だ。3月ダイ改では、北陸本線、信越本線の第3セクター化、上野―東京ライン開通による大規模な配転、労働強化も画策されている。グループ会社を含めたJR体制の抜本的な再編も狙われている。文字通りの「第二の分割・民営化」攻撃が始まっているのだ。
われわれは、鉄道で働く者として、JRの地方切り捨てを絶対に許すわけにはいかない。そして、運転士への労働強化を認めることなど絶対にできない!
地元では怒りがわき上がっている。2・26銚子、3・7館山集会に結集した仲間とともに、特急列車廃止・削減、地方ローカル線切り捨て絶対反対で闘おう。第二の分割・民営化=組織破壊攻撃を粉砕し、全力で組織拡大を実現しよう。3・13総決起集会に全力で結集し3・13―15ストを貫徹しよう。

◎労働学校 3月21日(土)13時~
   「階級的労働運動とは何か」(後編)
講師:動労千葉・田中康宏委員長

◎三里塚全国総決起集会
   3月29日(日)正午より
成田市栗山公園にて