全支部活動者研修会を開催 ① 「組織拡大を焦点とした2016年の課題」  第1日 田中委員長の提起

  1月24~25日、静岡県伊東市で全支部活動者研修会が開催された。1日目に田中委員長が「組織拡大を焦点とした2016年の課題」を提起、2日目には労働学校講師である藤村一行氏が「土台から崩壊する現代世界 ~世界大恐慌の深化と戦争の危機~」と題する講演を行った。まず、1日目の田中委員長の提起 (要旨)を報告する。

●昨年の闘いが開いた大きな地平

昨年、動労千葉は二つの大きな節目を迎えた。ひとつは、1047名闘争をめぐって6・30最高裁判決が出され、JRに解雇撤回・JR 復帰を求める新たな挑戦を開始したことだ。二つ目は、まだ小さな一歩だが、外注化と全力で闘う中からCTSで働く十数名の仲間が結集してくれたことだ。こ の地平に立って、今年は「組織拡大の一点にかけて闘おう」と決断し、旗開きで呼びかけることができた。

●改憲に突き進む安倍政権

安保戦争法を強行した安倍政権は、7月参院選にすべてをかけて改憲に突き進んでいる。
世界に目を向ければ、戦争、テロ、あふれ出す膨大な難民、極右勢力の台頭、バブル崩壊と株価の大暴落、資源をめぐるつぶしあいなど、世界がめちゃくちゃになっている。将来に確信を持っている政府などひとつもない。

●分割・民営化以来の大攻撃

貧困がまんえんし、非正規職労働者は4割、2千万人を超えた。社会がもっとも深いところから崩壊しようとしている。新自由主義の30年に進んできたことは「大いなる欺瞞」だった。問題は、労働運動が、こうした攻撃に対抗できず後退し続けたことにある。
そして今、国鉄分割・民営化以来の社会の大転換攻撃が始まっている。労働法制の大改悪であり、これと一体で連合を含めた労働運動の大再編が狙われている。 文字通り社会丸ごと民営化、総非正規職化・正社員ゼロ化する攻撃だ。それはまた、戦争法強行、改憲への突進と一体だ。

●労働運動再生をかけた正念場

JRをめぐっては、分割・民営化体制が最後的に崩壊し始めた。事態は深刻だ。この中で、外注化の全面的な拡大、グループ会社の大再 編、労働条件の解体など、職場のあり方が抜本的に変えられようとしている。JR本体とグループ会社の労働者が団結して闘わなければ、労働条件は守れない し、労働運動そのものが成立しない新たな情勢だ。
この攻撃と闘いぬく力は、どこにあるのか。
①それは、16年に及ぶ外注化攻撃との闘いの中にこそある。
②さらに、1047名闘争を断固として継続し、そのもとに全国の怒りの声を結集すること、
③大量退職問題を逆手にとった組織破壊攻撃との対決、
④重大事故の続発に対して新たな時代の反合理化・運転保安闘争をつくりあげること、
⑤CTSと貨物での賃金・労働条件の抜本的改善を求める闘いの中にある。
⑥そして、なによりも組織拡大の一点にかけてこの1年、全支部・全組合員が総決起することだ。 情勢は、JRにおける労働運動の再生をかけた正念場だ。

●当面する具体的な課題

第1に、1047名解雇撤回、全国運動の本格的発展へ、2・14国鉄集会を期して新たな挑戦を開始する。全支部からの全力動員を。
第2に、外注化の全面的拡大に対して、具体的な闘いを開始する。
第3に、組織拡大春闘と位置づけ、労働運動復権に向けてストライキを含めた闘いを配置する。CTSと貨物を焦点とした16春    闘の勝利を目指して全力で闘おう。
また、各支部でのダイヤ検討に基づく要求を集約し、ダイ改に向けた闘争方針を決定していきたい。