仲間の命と鉄道の安全を守るには、外注化を粉砕するしかない。 4月16日の出向無効裁判傍聴に結集しよう!

外注化粉砕! 解雇撤回・JR復帰!
4・16出向無効裁判に集まろう

「解雇撤回・JR復帰」最高裁10万筆署名を集めきろう

 4月16日、外注化粉砕の出向命令無効確認訴訟第6回弁論が行われる。同日の午後に、「解雇撤回・JR復帰」10万筆署名の2度目の提出行動を行う。全力で署名を集め、大結集でJR・裁判所を追い詰めよう。

「所詮、派遣法違反」の開き直り許すな!

 前回裁判において、組合側から職場で横行する偽装請負の実態を暴露されたことに対し、JR側の反論が出された。そこで、なんと「所詮、派遣法違反にすぎない」と開き直ったのだ。違法行為だろうと関係ないというのか! 絶対に許せない!
 さらに、外注化による安全破壊もすべて労働者個人に責任を押しつけ、偽装請負もウソとペテンで押し隠そうとしてきた。
 今回の裁判では、そのウソとペテンを暴き、JRの違法行為を徹底的に追及する。

スト破りは違法な「先制的ロックアウト」だ!

 2012年10月に検修・構内業務の外注化が強行されてから、動労千葉がCTSに対して行ったストライキへのスト破りをJRが行ってきた。明らかに労働組合のスト権への介入だ。憲法にさえ違反している。
 しかもこのスト破りは、「そもそもCTSに発注しなかった」という形式でJRが業務を行うというものだ。しかし、争議行為を行う前に労働者を排除することは、違法な「先制的ロックアウト」だ。JR―CTSは結託して、この違法なロックアウトを行っているのだ。

ブラック企業CTSへの出向命令は無効だ!

 さらに、強制出向させられたCTSは、完全な「ブラック企業」だ。成田空港駅に勤務していた金子さんが職場で勤務中に亡くなった。それを職場の状況を一切省みずに、「業務と関係ない」と言い切った。さらに幕張事業所では、やってもいない全般清掃で、年間億単位の金を受け取っていた。それが暴かれると、不正隠しのために労働者に8日間の連続勤務を強制する違法行為まで行っている。こんな違法企業への出向命令は無効だ。
 JRは、「今回の外注化と関係ない」と開き直っている。だが、こんなブラック企業への外注化を強行し、仕事と労働者を放り出したJRにこそ責任がある。JRは外注化を今すぐ撤回しろ! CTSで働くすべての仲間を仕事と共にJR本体に戻せ!

川崎駅事故が示した安全崩壊今すぐ外注化を撤回しろ!

 外注化が安全を崩壊させることは2月京浜東北線川崎駅で起きた脱線・転覆事故が衝撃的に示した。しかもまったく同じ事態が日常的に起こっている。このままいけばいつ大事故に繋がってもおかしくない。
 仲間の命と鉄道の安全を守るには、外注化を粉砕するしかない。JR―CTS・裁判所を徹底的に追い詰め外注化を粉砕しよう! 4月16日の裁判傍聴に結集しよう!

◎出向命令無効確認訴訟 第6回     
4月 16 日(水) 10時30分~     
東京地裁527号法廷
*10時から安全運転闘争介入事件の傍聴

◎「解雇撤回・JR復帰」署名最高裁提出行動 第2回      
4月16日(水)  午後