中村書記長の急逝をのりこえて! 長田敏之書記長代行体制を確立

5月31日第6回支部代表者会議

中村書記長の急逝という「非常事態」をうけ、本部は長田敏之組織部長を「書記長代行」に選出することを決定し、5月31日に開催された第6回支部代表者会議において、新執行体制を確認した。
本部執行委員会は、悲しみをのりこえて自らの飛躍をかけて総決起する決意である。志なかばにして倒れた書記長の無念の想いを引き継いで、さらなる団結強 化と新たな前進を開始することこそが、彼の供養となるただひとつの道である。長田新書記長代行体制のもとに、改めて全組合員の総決起を心から訴える。

動労千葉の団結、ただその一点のために
支部代での長田新書記長代行の決意

書記長代行に選出をされました長田です。私もこういうことになりましたが、まだ頭のなかは真っ白な状態です。
まず経過から述べさせていただきますが、中村書記長が15日に急逝されて、16~17日と通夜・告別式と葬儀が行われる中で、私もその場にいましたが、 涙が出ませんでした。葬儀の際、木更津支部の佐野君が俺の体を抱きしめて、おいおい泣いていました。でも、私はそのとき泣けませんでした。それは、栄一が 亡くなったということはわかっていても、俺の心はまだそれを受け止めることができていなかったからです。
その後、私も物販のオルグのスケジュールが入っていまして群馬に飛びました。さきほど委員長からもありましたように、そのなかで19日の緊急執行委員会 で私の名前が挙がったわけですけれど、21日の物販の帰りに、急きょ委員長と会いました。その前に、物販オルグで行った先に委員長から連絡があって、21 日の帰りに会いたいとの連絡をもらったときに、私もこういう時期ですので、正直申しまして、何の話しかあらかた予想はつきました。何を言ってくるのか想像 もつきました。その間2日間、私もいろいろ考えました。
人間というのは非情なもので、そのときになって初めて、私は泣きました。
私は何回も自問自答しました。委員長が言ってきたらどう受け答えしようか、やっぱりいろいろ考えました。
実際、委員長から書記長代行を引き受けてくれと言われたときも、「それはとても簡単には受けられません」と言いました。動労千葉の書記長なんです。たい した闘いもしないようなその辺の組合とは違う、動労千葉の書記長を私が務まるのか、何回も自問自答しました。今でもそれをいえば、答えはNOです。俺が栄 一の代わりなんかできるわけがない、彼の男気に俺がかなうわけがない、結論はそうでした。
でも、最終的には、栄一がこれだけ築いてきた動労千葉の団結を崩したくない、ここでジタバタして組合のみんなに動揺を与えて、せっかくここまできた動労千葉の団結を崩したくない、これだけの思いで引き受けることを決断しました。
動労千葉結成25周年記念レセプションもやりましたが、今まで動労千葉は団結して闘ってきて、そのなかで解雇者も抱え、あらゆる面で差別を受けながら、 組合員は動労千葉の旗の下に団結してがんばってくれました。この2月の段階で初めて、ほんの小さな穴だけども、闘いのなかで初めて風穴があきました。
それは、栄一があらゆるところで、「この闘いに勝負をかけるんだ」と真剣に組合員に訴えて、そういうなかで初めて、小さな穴ですけれど、あきました。 やっと、そういう関係ができた矢先に亡くなってしまった。栄一にとっては、非常に無念で無念で仕方がないと思います。その想いをやっぱり残ったわれわれが 受け止めていきたい、というふうに決断しました。
私はもう泣きません。今日を最後にして、新たな闘いに飛躍していきたい。そのことをこの場で決意します。