両国駅東口改札と、東船橋、西千葉など8駅を全面外注化を提案 膨大なグリーンスタッフが雇い止め、低賃金でCTSで再雇用

鉄道の安全と労働者の雇用を守れ!
駅業務丸投げ外注化を粉砕しよう

10月以降9駅の外注化を提案
駅業務外注化の全面的拡大を許すな!

 際限ない外注化の始まり

9月10日、JR千葉支社は駅業務の外注化に関する提案を行ってきた。提案内容は、10月以降に両国駅東口改札と、東船橋など8駅を全面外注化するものだ。
さらに、東京駅では心臓部とも言うべき新幹線改札口で70名分の外注化が強行されている。駅業務の外注化が際限なく拡大しているのだ。
この背景にあるのは大量退職問題だ。「高齢者の雇用の場の確保」の名の下に、JR自身でさえ制御不能の形で進もうとしているのだ。

外注化を粉砕しよう

駅業務の外注化は、ライフサイクル制度、駅への契約社員の導入と一体の攻撃だ。
駅輸送職は簡単には外注化できない。だから、その穴埋めのためにライフサイクルで運転士を駅に行かせる。さらに、運転士と駅員を同列に置くことで、乗務手当の廃止・削減が狙われている。
一方で、膨大なグリーンスタッフの仲間が毎年使い捨てにされている。JRは採用から5年で首を切っておきながら、あたかも「救済」するかのようにCTSに雇用する。それによってさらに駅業務を外注化できる。しかも、5年間駅で働いたベテランの労働者を、手取り12~13万円の低賃金で使えるのだ。
こうやって、ただひたすらコスト削減のために、労働者の権利も生活も破壊されていく。外注化を認めることは絶対にできない。駅業務の全面外注化粉砕! JRはすべての外注化を今すぐ撤回し、すべての仕事と仲間をJRに戻せ!