ゼネスト闘う韓国・民主労総 戦火の中東・トルコ 、独・機関士労組 11・1集会へ世界の闘う仲間が結集

労働者の国際連帯で戦争とめよう

11月労働者集会には、世界各国から闘う労働者が参加します。

パククネ打倒のゼネストにたつ韓国・民主労総

韓国・民主労総の仲間たちは、4月、7月に2波のゼネストを闘いました。そして、韓国労組が「容易な解雇・一生非正規職」を進めるパククネの労働改革に合意するという裏切りに対し、9月緊急ゼネストをうちぬきました。闘いは、韓国労組の裏切りや、公務員労組の事務所閉鎖攻撃を乗り越えて進んでいます。
10月15日には民主労総・公共運輸労組がストライキ大会を開催しました。さらに様々な産別での闘いが計画されています。また、農民や学生の決起も始まっています。
民主労総は11・14パククネ打倒の民衆総決起闘争へ向け、あらゆる人々を組織し闘っています。激しい闘いの中で11月集会に結集します。

トルコ政府の空爆へ怒り戦火のトルコから参加

トルコ政府は「ISISとの闘い」を口実にクルド人民や、トルコの労働組合への爆撃、テロなどを行っています。戦火のトルコから、トルコ国際労働者連帯協会(UID―DER)の国際関係委員会代表が参加します。
「中東は血の海です。」
「私たちの同志たちは、アンカラの爆発現場から40~50mのデモ隊列の中にいました。亡くなった多くの人々は私たちの友人であり親類でした。その多くは闘いの渦中にある労働組合活動家です。」
「全国的な大抗議行動の闘いの一翼を全力で担っています。より決意を固めて闘い抜く所存です。」
アンカラの爆発は、トルコ政府によるものとも言われています。激しい弾圧との闘いの中から、「労働者の国際的団結と共同闘争がかつてないほど重要」と参加を決意してくれました。

労働者の国境を超えた団結こそが戦争とめる

さらに、ドイツ機関士労組の仲間など、世界から闘う仲間が続々と11月集会に参加します。
現実の戦争に駆り出されるのは、すべて労働者です。労働者が国境を越えて団結するなら、戦争は絶対にとめられます。世界の仲間とともに11月集会の大結集を実現しよう。