「 規制緩和」 「 スピードアップ」 「 外注化」—レール破断」事故に関する再申し入れ

千葉支社申25号(「レール破断」事故に関する再申し入れ)交渉報告

千葉支社管内で236箇所もの類似箇所があった!

【写真1】総武快速線下り、津田沼~幕張間でのレール折損箇所。2センチもの隙間ができている。

「日刊動労千葉5877号」及び「59  号」で報告した「レール破断」事故の調査結果等に関する再申し入れ(申25号)及び、千葉 運転区を中心にして行われている不当な長期乗務停止処分に対する申し入れ(申26号)に関して、5月21日、10時から、千葉支社との団体交渉が行われ た。本号においては申25号を、申26号については別号において、交渉内容等について報告する。

春闘以降何らの回答もせず

今年の年明け早々に発生した総武快速線・津田沼~幕張間における「レール破断」や、同じく総武快速線・荒川橋梁での枕木のズレによる 軌道の縮小など、これまでに全く経験したことのない事故等が頻発する中で、動労千葉はこの04春闘過程において原因究明及び今後の対策等について解明を求 めるととともに、運転保安闘争の強化を図ってきた。
しかし千葉支社は、2月及び3月に行われた団交の中では「原因等については調査中である」等の回答を行うだけで、何ら具体的な内容は明らかにしなかっ た。しかも、その後の調査の進捗状況等についてもこれまでの間全く回答もないことから、改めて申し入れを行ったものだ。

総武快速線では76箇所が類似箇所として特定

5月21日、10時から行われた「申25号」の団体交渉において千葉支社は、「原因は鉄道総合技術研究所で調査中である」とした上 で、「究明には6ヶ月程度かかると思われる」「具体的な結果が出た場合には、その内容は組合に対して明らかにする」との回答を行い、現時点において具体的 な原因を明らかにできないとの回答を行ってきた。
また、レールの耐用年数に関しては、「レールの耐用年数は通過トン数で決まるが、総武快速線では8億トンが限度となっている。現在年間3200万トンな ので、25年が交換時期となる。今のレールは分割・民営化直後に敷設されているので、17年が経過しているが、耐用年数まで8年程度残っている」との説明 を行ってきた。
そして、「今のところシェリング(金属疲労)が破断を引き起こした可能性があるということで、現在、点検・対策を講じている。根本的には調査結果を待つ しかない」として、これまで千葉支社管内で類似箇所について監視マーク、継ぎ目板による補強を行なった箇所は、左記の通りであることを明らかにしてきた。

【写真2】習志野電車区検査4番線のレール折損箇所。2本のレールが同じ箇所で折れている。

●管内類似箇所について

目視により、「レール破断」に進行しそうな箇所について巡回を行ったところ、進行は認められなかった。
類似箇所…………236カ所
つなぎ板補強箇所…22カ所
監視マーク…………34カ所
●各線区毎の類似箇所数
総武快速線…………76カ所
総武緩行線……………8カ所
総武本線……………28カ所
我孫子線……………66カ所
空港線…………………4カ所
内房線…………………2カ所
京葉線………………34カ所
武蔵野線………………2カ所
同 二俣支線………16カ所
 これ以外の外房線、東金線、成田線、鹿島線、久留里線については、類似箇所はなかったとしている。

60箇所でボルトの緩みが発見される

また、荒川橋梁での枕木がずれて軌道が縮小した原因も全く特定できず、千葉支社の設備担当者も「全く分からない」「電車からの何らかの衝撃によって変位したと思われる」としか回答できない状況であった。
さらに東金線でのレールつなぎ板のボルト切断に関しては、「93年にレールが敷設されているが、ボルトの締め付けトルクが強すぎたため、列車の衝撃を受け、破損したと考えられる。このため管内の調査を行った結果、60カ所でボルトの緩みが発見されたため、適切なトルクでの締め付けを行った」との回答を行ってきた。

「 規制緩和」 「 スピードアップ」 「 外注化」

今回の交渉において千葉支社は何ら具体的な原因等は明らかにしなかった。しかし、一方では、上記のとおり「レール破断」に結びつく可 能性がある類似箇所が236カ所もあり、つなぎ板で補強しなければならなかったところがその1割を占めていたという、極めて深刻な事態に陥っているという ことが明らかになった。これらが示すことは、今後も「レール破断」がどこで発生してもおかしくないということを示している。
 「規制緩和」による検査周期の延伸、「スピードアップ」によるレールへの衝撃の拡大、そして「外注化」による徹底したコスト削減と要員削減による技術力の低下が進行する中で、ある意味では必然的に発生した事象であることは明らかだ。そうである以上、会社とJR総連の結託体制をが結託して進める合理化と徹底的に闘いぬかなければならない。
反合・運転保安闘争を強化するために職場からの反撃に起ち上がろう。事故、故障、線路の悪化等は直ぐに報告しよう!