「安倍は帰れ!」 式典出席弾劾!被爆70周年ヒロシマ大行動

安保・戦争法阻止!安倍打倒!
8・6ヒロシマ行動たたかいぬく

「安倍は帰れ!」 式典出席弾劾

被爆70周年、安倍政権が戦争法案を強行採決し戦争に突き進む中、ヒロシマ大行動が闘われた。8月5日の産別集会(国鉄産別に参加)、青年労働者集会をやりぬき8月6日は安倍の式典出席を弾劾する早朝デモにたった。「戦争反対! 安倍は帰れ!」のコールに多くの人が拍手で迎えた。

被爆70周年ヒロシマ大行動

 午後の8・6ヒロシマ大行動大集会では、まず動労西日本の大江委員長が開会あいさつを行った。基調報告にたった広島連帯ユニオン書記長の壹貫田さんは、安倍の式典参加を「広島に乗り込み改憲と核武装を進めている」と弾劾し、「国際連帯とゼネストで核も戦争もなくそう」と訴えた。
被爆者の訴えとして広島から吉原美玲子さん、長崎から城臺美彌子さんが発言に立った。吉原さんは、「被爆者の一人として、安倍政権の戦争法案は許せない」と、城臺さんは、「被爆者は放射能と闘いながら命をかけて核廃絶を訴えてきた。これを踏みにじる安倍を許さない」と怒りをこめて訴えた。福島・沖縄からも怒りの発言が続いた。
韓国・大邱(テグ)の城西工団労働組合から3人の労働者が登壇した。「団結だけが労働者の生きる道」と訴え、新自由主義、戦争と対決して労働者が主人公となる社会をつくろうとアピールした。
被爆労働拒否・改憲阻止を闘う労働組合からアピールでは、元全日本運輸一般労組原子力発電所分会長の斉藤征二さん、愛媛県職労、動労水戸、郡山総合車両センター、動労千葉から川崎執行委員が発言に立った。
川崎執行委員は、最高裁の上告棄却決定で不当労働行為を確定させた勝利を報告し、「不当労働行為なら原状復帰があたりまえ。われわれは絶対に闘い旗を降ろさない」とアピールし、8・23集会への結集を訴えた。
8・6ヒロシマ大行動呼びかけ人の松浦武生さん、星野暁子さんがアピールを行い、広島の仲間から決意が語られた。まとめと方針提起は共同代表の大江厚子さんが行った。
集会後のデモでは、街頭から子連れのお母さんなどが次々とデモ隊に合流した。戦争に突き進む安倍政権への怒りのデモで行動は締めくくられた。
◎8・5青年集会での
渡辺剛史青年部書記長の発言
 昨年、ライフサイクルを跳ね返し、北嶋青年部長を取り戻しました。原職復帰して1年、不安もありますが元気にやっています。
幕張では青年部3人が強制出向に出されていましたが、内山君がJRに戻され余剰人員化されています。怒りでいっぱいです。10月で外注化・出向から3年です。何らかの攻撃が来ると思いますが、跳ね返していきたい。
水戸や西日本、神奈川などで青年の結集が始まっています。JRの青年に小さな火はくすぶっていると思います。それを大きな力にしていきたいです。
動労千葉鉄建公団訴訟―最高裁棄却弾劾!
1047名解雇撤回! 外注化・非正規職化阻止!
8・23報告・決起集会
◎日時 8月23日(日)午後1時30分
◎場所 星陵会館ホール