「出向者を戻したら仕事が回らない」//業務外注化の失敗を認めたJR /924団体交渉

「出向者を戻したら仕事が回らない」
業務外注化の失敗を認めたJR
10・1ストライキへ!


50名以上が結集し、JR千葉支社に対する怒りのシュプレヒコールをあげる動労千葉組合員。(9/24JR千葉支社前)

JR千葉支社が、現在、千葉鉄道サービスに出向している組合員に対する出向延長の通知を強行し、さらに、青年部組合員1名への「出向解除」の通知を行ってきたことに関する団体交渉が9月24日に行われた。
動労千葉は、出向延長と労働者から仕事を奪う「出向解除」に抗議してJR千葉支社に対する抗議行動を、50名を超える組合員が各支部から結集する中で行い、「出向延長粉砕!」「仕事と出向者をJRに戻せ!」という怒りのシュプレヒコールをたたきつけた。

出向は「技術指導」ではなく、単なる「労務提供」だ!

シュプレヒコールが響く中でJR千葉支社との団体交渉が開始され、組合側からは出向延長と青年部組合員への「出向解除」の理由について徹底的な追及が行われた。
出向延長についてJR千葉支社は、「出向者全員を帰したらCTSの業務が回らなくなってしまう」「CTSが独立して業務ができるようにしてもらいたい」などと回答してきた。これ自体、この3年間でCTS自らが独自で業務を行う体制が全くできていないことをJR自身が認めたということだ。「技術指導」と説明してきたが、結局は単なる「労務提供」に過ぎなかったということであり、これ自体偽装請負の典型だ。
さらに、青年部組合員への「出向解除」の理由について千葉支社は、「任用の基準」「プロパーでハンドル業務ができるようになった」と回答したものの、なぜ青年部員になったのか、なぜ1名だけなのか等々、具体的な内容については一切回答しないという不当な対応だ。「出向解除」でJRに戻ったとしても今まで行ってきた仕業・構内業務は外注化されJRにはない。自分で希望し、実際に行ってきた仕事であるにもかかわらず、仕事に就けないという状況が10月1日以降強制されるのだ。これにたいしてもJRは、全く説明ができない状況だ。

「実践管理者研修」への参加者を戻せばすむことだ!

しかし一方では、平成採出向者1名に対しては、CTSに出向していながら、JRの「実践管理者研修」に9月から11月まで参加させている。出向者はCTSの業務を行うために出向しているのであり、JRの研修に参加すること自体大問題だ。
そして、将来、JRに戻って管理者になるのであれば、管理者研修に行っている者をJRに戻せばすむ話だ。
結局、仕業・構内業務から動労千葉の影響力を排除するために、青年部組合員を狙い撃ちで「出向解除」したということだ。
仕事を奪ったJRとCTSを絶対に許すことはできない。
10・1ストライキを断固闘おう!

スト破りを拒否して動労千葉とともに闘おう!