動労千葉青年部ニュース ライフサイクルは必要?

seinennbu92

 「運輸のプロ」を育成するといわれて始まったライフサイクル制度。しかし、駅での業務は各駅ごとに異なります。輸送業務とまったく関係ない仕事ばかりやらされることもあります。その経験を運転士に戻ってから活かせている人が何人いるでしょうか。

 3年たっても復帰できない

動労千葉との団体交渉で会社は、「2~4割は駅に配置する」「駅に残るよう、業務命令を出すことがある」と回答しています。実際に、東京支社では既に本人の希望に反して駅に残される人がでています。「3年で運転士に戻れる」保証などないのです。

駅の要員削減に利用

会社は「駅の要員補充ではない」といいます。しかしライフサイクルを前提に駅の要員を減らしたため、次の人が来なければ運転士に戻れないのが実態です。
その上、ライフサイクルで来た人が仕事を覚えた頃に帰ってしまい、駅業務を教えられる人が常に不足しています。逆に、ベテランの人が輸送職のない駅に異動になってもいます。若手が若手を教育するという構造の中、駅から移ることもできない人もいるのです。

安全な列車運行こそ運転士の使命

列車の運転は人の命を預かる仕事です。列車を安全に運転することこそ、運転士の使命です。
しかし3年ものブランクがあれば、一から訓練し直さなくてはならないのです。3年の間に仕事も、職場の仲間も変わっていきます。運転技術を維持・向上させて安全を守る上でも、ライフサイクル制度はマイナスにしかなりません。

みんなでライフサイクル撤廃を

ライフサイクルは、運転士の希望に反して駅に行かせ、職場の仲間をバラバラにします。要員削減のために安全を犠牲にする制度です。
制度を撤廃させるには、職場のみんなが反対して声を上げることが必要です。共に声をあげ、ライフサイクルを撤廃させよう。

東労組と決別しともに闘おう! 幕張車両センター 内山祐樹君(19歳) が動労千葉加入!

幕張車両センターの内山祐樹君が動労千葉に結集した

「仲間を大事にする。俺、そういうのが好きだから……」─7月1日付で、幕張車両センターの内山祐樹君が動労千葉に結集した。
昇進をはじめ、組合所属による歴然たる差別が横行する職場の現実のなかで、簡単な決断ではなかったはずだ。
新しい仲間の加入を心から歓迎し、全組合員の力で支え、守りぬこう。若い仲間に、今のような卑劣な差別や組合潰しがまかり通る職場をわたすわけにはいかない。会社と東労組による職場支配をくつがえすために、決意も新たに闘おう。「動労千葉に結集し、ともに闘おう」と、全職場で訴えよう。

東労組と決別しともに闘おう

東労組の組合員に訴える。会社の手先-東労組と決別しよう。動労千葉に結集し、ともに闘おう。
尼崎での大惨事のこと、千葉運転区での若い仲間の突然の懲戒解雇のことを真剣に考えてほしい。労働組合が会社のドレイとなったとき、多数の乗客や運転士の生命が奪われるのだということを。自らの組合員が、見せしめで首を切られたというのに、会社と一緒になって「仕方 がない」の一言でそれを済ますような連中を「労働組合」と呼ぶことなど絶対にできないことを。こんなことを許していたら、職場では監獄のような支配が横行することになり、労働者は虫けら同然となることを。

東労組は腐りきっている!

もう、これまでのような会社と東労組の関係は完全に変わろうとしている。東労組・革マルは会社によって使い捨てられようとしている。それを象徴的に示したのが千葉運転区での懲戒解雇事件だ。            組合員を犠牲にし、会社の威光をバックにふんぞり返り、カネは使い放題、さんざんいい思いをしてきた東労組の役員は腐り切っている。会社の力だけで成り立ってきた東労組は、これまで以上に会社に媚びへつらうしか打つ手はない。こういう連中を利用して差別を見せつけることで労働者を支配してきたJR東日本も腐り切っている。こんなことをもうこれ以上許してはならない。

団結すれば変えられる!

東労組の組合員に訴える。自分の所属する組合の役員に対する不満や恨みつらみを言っているだけでいいのか。
現場には、不当な差別によって退職するまで昇進せず、運転士の資格をもちながら20年も発令されず、不当配転されたまま塩漬けにされている動労千葉の組合員がいることを真正面から見すえてほしい。東労組と会社が手を結んで卑劣な不当労働行為を続けてきたことに目を向けてほしい。
それでも動労千葉の組合員は、労働者としての誇りを失わず、胸を張り、人間らしく、明るく、何よりも仲間を大切にして闘い続けていること、それがなぜなのか考えてほしい。そして何よりも、こんな状況は変えることができるのだということを。会社の手先になった組合があるから差別が通用してきただけのことだ。労働者が団結すれば必ず変えることができる。

職場に団結を取り戻そう

これは一人の労働者としての生き方の問題だ。
わずかの昇進や、会社の攻撃にさらされないために自己保身だけを考えて仲間どおしで足をひっぱり合い、会社のロボットになっていくような生き方をしていいのか。労働者にとって何よりも大切な財産は仲間だ。仲間を信頼して団結することだ。職場に団結をとり戻そう。
「闘いなくして安全なし」。また再び尼崎事故を起こさせていいのか。東労組と決別しよう。動労千葉に結集し、ともに闘おう。