就業規則改悪絶対反対! 9・30 CTS本社抗議行動へ! ■9月30日(金)18時から CTS本社前集合

就業規則改悪絶対反対!
9・30 CTS本社抗議行動へ!

■9月30日(金)18時から  CTS本社前集合

千葉市中央区弁天1丁目5番1号 白樺ビル10階

 

10・1CTS幕張・京葉事業所門前抗議行動

■10月1日(土) 7時集合

 

被曝と被曝労働を拒否し闘おう!放射能汚染土の再利用を許すな!動労千葉国際連帯委員会

安倍首相は、「福島第1原発からの汚染水はコントロールされている」「健康への影響はこれまでもこれからも起こらない」などと恥ずかしげもなく大嘘をついて、オリンピックを誘致した。http://www.doro-chiba.org/english/dc_en13/Doro-Chiba_QR_059.pdf

だが今や、この嘘が白日のもとに暴かれている。汚染水タンクは原発敷地内を埋め尽くし、地下水の流入を阻止するためとされた凍土壁も完全に失敗し、「壁ではなくスダレだ」と揶揄されている。小児甲状腺がんに関しては、5年間で173人もの「がんまたはがんの疑い」のケースが見つかり、常態に比して約50倍にも達する発生率が明らかになっている。

この事実を無視・抹殺し、安倍政権は避難住民に対し帰還強制の動きを強めている。南相馬市の「避難指示解除準備地域」の場合、除染で20mSv/y以下(法定限度の何と20倍!)を達成したとして、7月12日に「指示解除」を強行しようとしている。そしてJRは安倍政権と歩調を合わせ、同日に、最寄りの常磐線・小高駅までの運転を再開すると発表した。

そして安倍政権・環境省は、8,000Bq/Kg以下の放射能汚染土ならば、オリンピック関連諸設備の建設など公共事業に利用していいと決定した。放射線管理区域の10倍にも汚染されている汚染土を公共事業に使うと言うのだ!加えて、「海の森水上競技場」の建設予定地である中央防波堤には、過去に100,000Bq/Kgもの高汚染度が埋め立てられている。

このオリンピック関連諸設備の建設の全過程で、除染労働者、放射能汚染土の運搬労働者、建設労働者、そして関連自治体労働者と地域住民が被曝と被曝労働が強制される。

安倍と手を組んでオリンピックを呼び込んだ前々東京都知事・猪瀬、安倍の全面支援で「椅子」を手にした前都知事・舛添はカネにまみれて打倒された。オリンピックとは、本質的に、「命よりカネ」で生き延びんとする一握りの大資本の利益とその政治委員会(政府)の為にする行為でしかない。

6月24日、安倍政権・四国電力は、自治体労働者や地域住民の反対の声を踏みにじって、伊方原発3号機にMOX燃料の充てんを開始した。4月14日以降鳴動し続けている熊本大地震は、西日本列島を縦断する中央構造帯が遂に動き出したことを示している。この大地震の最中にも、安倍政権・九州電力は唯一稼働中の川内原発を止めようとしない。その上、中央構造帯の真上にある伊方原発を7月にも再稼働すると言うのだ。

「今日さえよければ、明日はどうでもいい」、これが大恐慌下に喘ぐ日本帝国主義・安倍政権の実相だ。

JS565E

原発再稼働に突き進む安倍政権を打倒しよう!

動労水戸に続き、職場生産点から被曝労働を拒否する闘いをつくりだそう!

オリンピック関連諸設備の建設に放射能汚染土の利用を許すな!

 

2016年6月

 

韓国民主労総へのメッセージ「検察のハンサンギュン委員長に対する懲役8年求刑糾弾」

6月13日、検察はソウル中央地法での結審公判でハンサンギュン民主労総委員長に対して懲役8年の重刑を求刑をしたとの報に接しました。
この重刑攻撃は労働者階級を憎悪し、あくまでも「労働改革」を推し進めようとするパククネ政権の下で敢行された政治報復的暴挙であり断じて許すこはできません。
昨年11月の民衆総決起は結集した13万労働者民衆のやむにやまれない渾身の決起であり、「企画された暴力集会」などではありません。警察権力がパククネ政府の労働政策、歴史教科書国定化、セウォル号惨事真相究明、農民問題、貧困問題等に抗議して平和的デモを行おうとした労働者・民衆の行進を車壁で封鎖して水大砲を浴びせ、デモ参加者に再涙液を乱射する一方的な暴力を振るったのです。ちなみに私ども動労千葉の組合員らも訪韓して民衆総決起集会、デモに参加しました。
私たちは民主労総のゼネストを含む労働改悪阻止闘争を断固支持し共に闘う覚悟です。今、日本では安倍政権によって労働改悪の最終段階攻撃が加えられています。この攻撃に全力で立ち向かう労働者階級の闘いを構築して行くことが、パククネ政権による労働改悪攻撃に対して闘っている民主労総の同志と真の国際連帯を作り上げて行く道だと考えます。共に闘って行きましょう。

最終陳述でハンサンギュン委員長は、7月4日に予定される判決に対して「労働者の権利が明示されており、集会の自由が適示されいる我が憲法が装飾ではなく生きている我が国民の憲法であることを示してくれるだろうと固く信じています」と述べました。
労働者階級の力で必ずハンサンギュン委員長の無罪奪還を勝ち取りましょう。

2016年6月21日

 動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)委員長 田中康弘

[일본 도로치바 성명서] 한상균 위원장에 대한 중형구형을 규탄합니다

名称未設定-1조회:782016.06.22 09:43

한상균 위원장에 대한 중형구형을 규탄 합니다

 

6월 13일 검찰이 서울중앙지법에서 열린 결심공판에서 한상균 민주노총 위원장에 대해 징역 8년 중형 구형을 했다는 보도를 접했습니다.

 

이 같은 중형구형 공격은 노동자계급을 혐오하며 끝까지 ‘노동개혁’을 추진하겠다는 박근혜 정권 압력하에 자행된 정치보복성 폭거입니다. 도저히 용서할 수 없는 일입니다.

 

작년 11월 민중총궐기는 13만 노동자 민중이 모인 전력을 기울인 궐기였습니다. 절대로‘미리 기획된 폭력 집회’라고 할 수 없습니다.

박근혜 정권의 노동정책, 역사교과서 국정화, 세월호 진상구명 해태, 농민문제, 빈곤문제 등에 항의하며 평화적으로 행진하려던 노동자 민중들을 경찰 권력이 일방적으로 차벽으로 가로막고 물대포를 쏘며 시위참가자들에 무차별로 캡사이신을 난사한 것입니다.

덧붙여서 말하면 민중총궐기집회 시위행진 현장에는 우리 도로치바 노조원들도 방한해서 참가하고 있었습니다.

 

우리는 민주노총의 총파업을 포함한 노동개악 저지 투쟁을 단호히 지지 응원하며 함께 투쟁해 나갈 각오입니다. 지금 일본에서는 아베정권에 의한 노동개악 마무리 단계 공격이 가해지고 있습니다.

 

이 공격에 전력으로 맞서는 노동자계급 투쟁을 개척해 나가는 것이 박근혜 노동개악에 맞서 투쟁하시는 민주노총 동지들과 진정한 국제연대를 개척해 나갈 길이라고 생각합니다.

함께 투쟁해 나갑시다.

 

공판 최후진술에서 한상균 위원장은 7월 4일에 예정된 판결에 대해 “노동자의 권리가 명시되어 있고 집회의 자유가 적시되어 있는 우리 헌법이 장식이 아니라 살아 있는 우리 국민의 헌법인 것을 보여 주실 것을 굳게 믿습니다.”라고 말했습니다.

기필코 노동자계급의 힘으로 한상균 위원장 무죄 석방을 쟁취합시다.

 

2016년 6월 21일

도로치바(국철치바동력차노동조합)위원장 다나카 야수히로

Statement Opposing US President Barack Obama’ Visit to Hiroshima Action Committee for the 71st Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima on August 6th

Statement Opposing US President Barack Obama’ Visit to Hiroshima

Action Committee for the 71st Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima on August 6th

14-3-705 Noborimachi, Naka ward, Hiroshima City
Telephone/Fax: 082-221-7631 Email: hiro-100@cronos.ocn.ne.jp

 

We oppose the planned visit of the US President Barack Obama to Hiroshima on May 27th after Ise-Shima Summit.

 

The summit is a conference of warmongers and plunderers representing the interest of financial and military big powers of only seven countries called the G7 to discuss how to share and rule the markets and resources and their sphere of influence over the world. The main agenda will be a new Korean war (i.e. nuclear war) to overthrow the North Korean regime. Obama is to play the leading role of this war meeting as the possessor of the world’s largest nuclear military force. On his visit to the city of Hiroshima, Obama will be accompanied by Prime Minister Shinzo Abe, whose Cabinet passed a new law permitting Japan to engage in war and trampled on the peoples’ anti-war voices with the A-bomb victims at the forefront of the struggle.  Further, the Abe administration decided in a recent Cabinet meeting that “both the use and the possession of nuclear weapons is constitutional” (April 1, 2016), reversing the previous interpretation of the Constitution that Japan can never participate in war.  Abe insists that Obama’s visit will be a major force for the realization of a world free from nuclear weapons. But these words are utterly deceptive.

 

We must not allow Obama to set foot in the Peace Park with his “nuclear football.”

 

The United States is the world’s largest nuclear military power and one that is continuing to wage destruction and slaughter by air raids in the Middle East and continues to use Okinawa island to house its base and prepare for a new war: a nuclear war on the Korean peninsula. And Obama is the commander in chief of the United States Armies.  How can we call this warmonger “a figure of hope for the elimination of nuclear weapons” or a “messenger of peace”? Moreover, Obama intends to come to Hiroshima with his emergency “nuclear football.” We must never allow his visit to Hiroshima!

Obama and the US government have repeatedly refused to apologize for the atomic bombings on Hiroshima. This declaration means that Obama and his government do not allow any attempt to question the legitimacy of the nuclear bombing of Hiroshima and Nagasaki. By inviting Obama to Hiroshima, Abe himself has tried to deny the responsibility for Japan’s war of aggression just as Obama evades US responsibility for the A-bombs. By denying responsibility for the war, Abe aims to open a way toward a new imperialist war: nuclear war.

 

What Obama actually said in his Prague speech is the maintenance of the nuclear monopoly and ability to carry out nuclear war by US.

 

“As long as these weapons exist, the United States will maintain a safe, secure and effective arsenal to deter any adversary… But we go forward with no illusions. Some countries will break the rules. That’s why we need a structure in place that ensures when any nation does, they will face consequences.” This is the crux of Obama‘s Prague speech in April 2009.

In fact, the Obama administration has been maintaining and evolving its nuclear forces. Obama plans to spend $1 trillion (more than 100 trillion yen) to modernize nuclear weapons over 30 years. For this reason, 12 subcritical nuclear tests and new types of nuclear tests were carried out between November 2010 and 2014.  In addition, the USA has entirely opposed on many occasions any resolution for banning nuclear weapons. The very person who has strongly supported this outrageous USA policy is Abe, who insists on the need for a nuclear deterrent while advocating Japan as the “only bombed nation” in the world.  Abe’s aim is that Japan becomes “a potential nuclear power” by restarting nuclear power plants and developing rocket technology. With the recent Cabinet decision that both the possession and use of nuclear weapons are constitutional, the Abe administration has explicitly revealed its intention for nuclear armament.

“The USA must monopolize nuclear weapons.” “The nation which does not follow the USA’s rules should face consequences.” This logic to justify nuclear monopoly and nuclear war is totally incompatible with the anti-war will of the workers and people, most of all the survivors of the atom bombs, known as the hibakusha.

 

Obama is preparing a new nuclear war all while he is making deceitful propaganda by talking about “a world without nuclear weapons.”

 

This January, Obama dispatched the strategic nuclear bomber B52 over the Korean Peninsula to counter North Korea’s nuclear tests with the aim of demonstrating that the US was ready to actually carry out a nuclear war. Then from March through April, he enforced the largest US-ROK joint military exercises ever on the assumption of a nuclear war. On February 24th, USFK (the United States Forces Korea) commander testified at the US House of Representatives Armed Services Committee hearing: “If a collision occurs on the Korean Peninsula, the situation becomes the equal to that of the WWII. The scale of troops and weapons involved is comparable to that of the Korean War or the WWII. There will be a great number of dead and wounded due to its more complicated character.”

The USA military is now thoroughly calculating and intends to execute a plan of a Korean war (nuclear war), one which will exceed the destruction of Hiroshima and Nagasaki by the orders of Obama, commander in chief.

In short, by visiting Hiroshima, Obama seeks to deceive the survivors and working people of the world as if he is striving for nuclear disarmament all while he aims to get the approval for his nuclear strikes on North Korea.  There is no room for reconciliation or compromise between Obama and us Hiroshima people who have been fighting against nuclear weapons and war since August 6th, 1945.

 

The unity and international solidarity of the working class people has the power to abolish nuclear arms.

 

People say that when Obama comes to Hiroshima and visits the Peace Museum, he will be more serious in working for the abolition of nuclear arms. But this is a groundless illusion. What was the content of the review of US Secretary of State Kerry, who visited the Peace Memorial Museum and “sincerely” viewed the exhibition after the G7 Foreign Ministers’ Meeting in April?  He wrote: “War must not be the first means but the last resort.”

That was Kerry’s immediate impression of the Peace Museum. And still they Kerry and Obama alike are preaching the need to maintain the war (that is, a nuclear war) as a last resort! The rulers of the United States have enough knowledge about the reality of the nuclear explosion through the findings of the ABCC (Atomic Bomb Casualty Commission) research, including the cases of serious internal exposure, and have long concealed the facts and materials regarding nuclear disaster. That is why they will by no means renounce the nuke as a final weapon.

War and the nuke are indispensable for the capitalists and the dominant power of the 1% to rule and divide the working people of the 99%: they try to bring antagonism among working people of the world and force them to kill each other for the interests of imperialism. We are witnessing the politics of “killing workers” such as dismissal, irregularization, ultra-low wages and overwork, and the politics of suppressing struggles such as those against war, nuclear arms and power, and military bases. The aggressive war (nuclear war) is the continuation of these politics and it’s Obama and Abe who are enforcing these politics.

We reject the idea to ask Obama and Abe to make efforts for peace or to take countermeasures by means of nuclear weapons like the rulers of North Korea and China. Instead, the working people of the 99% will unite and achieve international solidarity to fight back firmly against the rulers of the 1%. This is the only way to eliminate war and nuclear arms. The primary task we have to do is forming solidarity with the KCTU (Korean Confederation of Trade Unions), who is fighting with repeated decisive general strikes against the new Korean war being prepared by the “Korea-USA-Japan military alliance.”

We call upon all citizens to participate in the demonstrations on May 26th-27th against the visit of Obama to Hiroshima, shoulder to shoulder with atomic bomb sufferers who stand fast to their anti-war and anti-nuclear principle in solidarity with fighting labor unions and student councils.

May 19th, 2016

北九州市環境整備協会分会 「無期転換逃れ」にストで闘う CTS職場討議資料 NO.⑧

CTSの就業規則改悪で直面している問題は、全国のあらゆる業種で働く労働者の共通の課題になっています。

cts8半年失業」制度で無期転換逃れ

北九州市環境整備協会は昨年12 月、全従業員100名に対して6ヶ月の失業期間制度を導入すると提案しました。
労働契約法改定で、「5年以上働いた有期社員を、労働者本人が希望すれば無期雇用にしなければならない」ことになりました。しかし「5年」の計算は、半年以上の空白期間があるとリセットされます。 5年がたつ前に半年間の失業状態を作り、無期転換規定から逃れようとしています。 しかも、その期間は失業手当で生活しろというのです。
とんでもない違法・脱法行為です。

白紙撤回求め組合結成・スト決行

今年1月、北九州市環境整備協会の労働者たちは44名で労働組合を結成し、この不当な提案の白紙撤回を求めてきました。
そして、3月22日からのストライキを決行して闘っています。
北九州市環境整備協会の労働者は、3年間賃上げ無し、全員1年雇用という中で長年働かされてきました。残業手当を支払わないということも行われてきました。
CTSで働く私たちと同じ境遇の労働者たちが、「絶対に白紙撤回させなければならない」と闘いにたちあがっています。

怒りの声をあげ続けよう

「試験に受からなければ5年で雇止め」「試験に受かっても時給の限定社員」
CTSの就業規則改悪は労働者の権利と生活、誇りも奪うような制度です。白紙撤回させるしかありません。
就業規則改悪4月実施は、職場全体の怒りの声で会社を追い詰めて阻止しました。
今度は白紙撤回です。最後まであきらめず、怒りの声をあげ続けましょう。

(資料)中村栄一書記長  動労千葉04春闘の報告 

04年4月5日 中村栄一書記長
     動労千葉04春闘の報告 
           支援する会・春闘スト報告集会にて

日頃の動労千葉に対する物心両面にわたるご支援ありがとうございます。われわれ動労千葉も04春闘決戦段階の闘いを貫徹しました。皆さんの応援、ス労自主の皆さん、支援する会、駆けつけてくれた皆さんの応援で、闘争を貫徹して新たな地平をかちとることができました。本当にありがとうございました。

●研修会で春闘方針を決定

われわれ動労千葉は、去年の11月集会の成功をふまえ、去年12月に習志野電車区の廃止、幕張の縮小攻撃に対して闘いを始めました。その中で、当局との確認事項をとりました。
年が明けて、1月25~26日に全支部活動者研修会を開きました。以下の方針が確認されました。
①「反合・運転保安春闘」として、3月13日のダイヤ「改正」時を山場に設定してストライキを配置。②04春闘の最大の攻防の焦点を3・20イラク開戦1周年の闘いに定める、階級的力関係を変える。 動労千葉の春闘ストライキは、3・20と一体のものとして、現在の情勢に対する大きなインパクトを持つ闘いとなるし。労働運動全体の大きな位置を持った闘いとなるだろうと確信する。
「内なる階級戦争」――奥田ビジョン、賃下げ、年金、団結破壊等と、「外への侵略戦争」――イラク派兵、戦争をする国へと転落、これを完全に一つのものとしてとらえ、これと真正面から動労千葉は闘う立場を確立することを確認しました。

●無期限闘争に突入

そして、12月闘争の確認事項により、運転士登用の問題等を当局と話し合うということでしたが、その段階で、幕張電車区木更津支区に1月22日に欠員が生じて、1月28日、2月2日と、当局と要員の補充についての交渉をしていました。その中で、2月2日に、千葉運転区支部の運転士で58歳の畑木さんに対して、木更津支区への配転の事前通知を発令するという事態が起こりました。われわれは、予科生の士職登用による木更津支区の欠員補充を求めていました。
予科生というのは、運転士の試験に受かりながら、もう十何年も塩漬けになっている動労千葉の組合員です。組合差別にあって、運転士の免許があるのに発令されないで、駅、売店、検修職場に飛ばされている組合員です。木更津支区は、内燃機関、ディーゼル車です。電車の運転士でも内燃機関の免許を持っていないと行けないという特殊な事情がありまして、要員はうちの組合員がほとんどなんです。それで畑木さんを配転すると。予科生の士職登用による欠員補充、運転士資格保有者の構内ハンドルへの登用、士職登用は4等級に発令しろということと、検修職を希望する強制配転者を検修職場に復帰させろ――こういうことを交渉している最中に、あと1年半で退職する畑木さんに配転の事前通知出してくるという状況が起こったのです。
この事態の持つ意味は、検修職場全体で、この3年間で約80名が退職を迎えるという大量退職と新規採用者の補充がないという中で、これは、幕張支部の山田支部長を先頭にメンテナンス第3期の検修外注化の問題に対して闘ってきた成果でもあるんですけど、この矛盾が大きく噴き出す過程に入ったということです。こうした事態にもかかわらず、このような発令があるということは、われわれ動労千葉に対する会社の構えは何一つ変わっていないということです。むしろ動労千葉破壊の意図はより強まっている。そして、今回の配転は、千葉支社が懸案要求などを解決する気がまったくないと表明したに等しい。要員上会社が困った場合には、強制配転してでも要員補充はする、ということです。
そういう中で、われわれ動労千葉としては、緊急執行委員会を開いて、前倒し的に04春闘に向けた闘争態勢を直ちにとることにしました。しかも、予科生の士職登用を拒否して、定年まで1年余りの者を強制配転するというあまりにも非常識かつ異常なやり方です。われわれ動労千葉組合員はこの間、何度も強制配転させれています。その間、当局との団体交渉の中でも、われわれが「どういう経緯で、どういう基準で配転しているのか」と言った時に、当局は明確に「55歳以上の人は配転させない」という回答を行ってきた。それにもかかわらず、あと1年半で退職する畑木さんの配転を強行する。こういう要員の補充の仕方を続けていれば、畑木さんが飛ばされても、また1年後には欠員が生ずる。将来展望など何ひとつ考えていない。われわれの要求など何一つ受け入れる余地がないということです。
この状況の中で、検修職場の要員の状況は逼迫している。幕張電車区の検修・構内外注化に対して、われわれはシニア制度粉砕の闘いを貫いてきました。
シニア制度というのは、外注合理化と、シニア(60歳以上)の定年後の働く場を求めるのを一緒にした提案です。シニア制度は、60歳以降の退職後も会社が関連会社等の雇用を面倒見るという形なんですけど、それと検修・構内外注化が一本になった提案がされたわけです。
これに対してわれわれは「そんなものは受け入れられない」ということで闘ってきました。そして、検修・構内外注化阻止の闘いを幕張支部を先頭に、この3年間闘い抜いてきました。そういう中で、千葉支社だけは外注化がなされていない。その仕事を外注化して、退職者を安い賃金で使うという攻撃ができない中で、要員を新たに入れていないので、これから要員に欠員が発生するという矛盾を暴き出したということです。ここを突いて闘うということです。
もう会社の構えはほころびを見せている。そして、検修職場の要員状況を見て分かるとおり、会社は二進も三進も行かない状況に直面している。われわれは、そういう判断のもとに、本部は2月4日に関係支部長列席のもとに緊急執行委員会を開催しまして、以上の認識をふまえて、闘争方針を決定しました。
要求としては、2月2日付の畑木さんに対する不当配転の撤回、運転士資格保有者の士職発令、および強制配転者の原職復帰、木更津支区および検修職場の要員展望の明確化、この3点を当局に突き付けて、長期非協力闘争に入りました。
定年退職直前の配転という2・2事前通知の不当性および全体への波及性、懸案要求の解決の拒否、不当な労務政策を継続すること、そして木更津の欠員を焦点とした大量退職時代に要員問題の矛盾が爆発的に噴き出す過程が始まっている。この状況で、われわれは腹を据えて組織拡大を実現する。そして、長期非協力闘争に入りました。畑木さんの指名ストと非協力闘争という形で闘争に入りました。

●非協力闘争とは

非協力闘争というのは、本線運転士の場合は所定以外の業務をやらない、日勤職場の場合は超勤をやらないということです。運転職場の所定以外の業務を乗らないということは、運転士は行路が決まっていて、今日は例えば東京行き1Mで行き、帰りは2Mで帰ってきますという形になっていて、乗る列車が決まっているわけす。それ以外は一切乗らないということ。
東京に行って仮にダイヤが乱れた時に、違う電車に乗ってくれと言われれば、われわれはハンドルを置いちゃうわけです。そうすると、「山猫スト」的な形が発生するということです。今の当局の運用能力だと、ダイヤ混乱があった時に、代替を用意するような能力はないような状況です。この闘いは処分も伴う。当局は、千葉支社は動労千葉の闘争の仕方を理解していても、本社は理解していないわけです。われわれとしては、長期非協力闘争で、完全に和解しない闘いに突入しました。
まず畑木さん1名が指名ストに入りました。それと、ATS―P型の訓練も一切拒否するということを突き付けて闘争に入りました。ATS―Pというのは保安装置です。総武快速線の錦糸町から東京駅の間の地下ルートは、今まではATCという車内信号で、レールに信号が流れていて、それを拾って信号が出る形になっていたんです。東京の地下は今まで信号がないんです。それはトンネル内で特殊な地形だということで、一番安全な保安装置がATCという形で、車内のメーターのところに信号が出る。新幹線もそうですけど、やっぱりコストもかかるわけです。それが合理化されて、この3月1日から、ATS―P型に切り替えて、地上と同じように信号をつける。今まで信号のなかったところに信号をつけるわけですから、訓練をやらなければいけない。この訓練が2月から始まっていましたが、その訓練も一切拒否する。
われわれ動労千葉の組合員がこの訓練を拒否するということは、2月29日の切り替え時には、動労千葉の組合員は錦糸町から先には入れないわけです。これはストじゃないんですけど、実際に訓練を拒否しちゃうと、われわれは乗らないと言っているわけじゃないけど、訓練をやっていないから乗れないという形になるわけです。そういう問題も突き付けて闘争に入りました。
その中で、予備勤務者と言いまして、休みや欠員が出て乱れた時に乗るために、予備のA、B、C、Dと4種類あるんですけど、待機しているわけです。それで穴が開いた時にその人間が乗る。病欠とかで休んだ人が出たら、そのところに乗るような形で待機の業務があるんです。その業務をしている人に対して業務指示を出して、業務指示でこの訓練を行えと言ってきました。予備の勤務は乗務に穴が開いた時に乗るために待機している勤務であって、講習をその中で受けるというのは、所定以外の勤務だとして受け入れることはできないということで指名ストに入りました。
そして、千葉運転区で3名に年休の抑制、取り消しを行ってきました。当局は年休の抑制をした時には元の勤務に戻すんですけど、そうすれば、われわれは元の勤務に乗るわけです。それは所定の勤務だから。ところが、年休抑制をしたところに違う勤務をはめるようなことがありまして、それも指名ストに入れました。
結果的には、畑木さんの1名の長期の指名ストと、24名の指名ストに立ち上がりました。

● 「闘争収拾案」

千葉支社当局は、当初は頑なな態度だったんですけど、2月19日に「闘争収拾案」を出してきました。画期的という言い方をしましたが、何が一番違ったのかと言ったら、JRに移行する中で、ストライキ等闘争を構えた時に、動労千葉とは水面下の交渉すらやらない。最初の団体交渉1回きりで、「やるならやれ」とスト破りは動員する。一つの交渉の場を持たなかった。しかし今度は、向こうから交渉を求めてきて、その中で最終的に、動労千葉の要求した3点に対して、前進が見られた。そういう地平をかちとりました。
畑木さんの不当配転については、出した発令は即撤回とはならないが、要員の補充ができ次第、秋には千葉運転区に帰す。荒井君という士職登用で差別されている予科生の組合員に対しても、早急に運転適性検査を受けて士職に登用し木更津支区で運転させる。
そして運転士資格保有者で、士職というのは1等職、2等職、4等職、5等職と分かれているんですけど、動労千葉の組合員には4等職がまだ発令されない。1等職、2等職、今の平成採の人間でも何年か経てばすぐ4等職になるんですけど、動労千葉の仲間は、そのような不当な扱いを受けている。このことに対しては、じゃあ試験を受けさせろと言ったって、当局は、ここは譲らない部分でした。
しかし、強制配転者で検修職場を希望する者に対して7月の時点で、今年の新規採用者が駅で一人前になった時に、順次配転させるという確認をとりました。検修職場に対しては、希望する者をこれから随時配転していく。 動労千葉の要求が、満額回答ですべて通ったわけじゃないですが、その他懸案要求に対しては、これからも協議していくという一定の確認がとれたということで、第1波のストはいったん集約することにしたのです。
やはり、この闘争が勝利したのは、2月10日から非協力闘争に入り25日までの16日間の闘いを、動労千葉の組合員は一糸乱れずに貫徹したからです。徹底した非協力闘争、畑木さんの指名スト、24名の指名ストが切り開いた地平です。この地平を確固たるものにするために、続いて第2波の闘いに進んでいくことを確認しました。
いまだ一歩を踏み出したにすぎないとはいえ、今回の非協力闘争は、結託体制のもとで17年間一切の要求を拒否されてきた現実を、初めて揺るがしたということです。
今、労働者はどんな状況に置かれているのか。現在の労働運動やJRを取り巻く全体の情勢との関係で見た場合、まさに画期的な地平を切り開いたということでした。特に、この3年間、組織の総力を挙げて闘い抜いてきた第2の分割・民営化攻撃粉砕、検修・構内業務の外注化阻止闘争の緒戦に決着を着けたことは画期的な意味を持つ地平です。シニア制度に対する困難な闘い、3年間にわたるスト、職場からの抵抗闘争で外注化を阻止したということです。この外注化阻止の闘いなしに、今回の成果はあり得なかったと考えています。17年間、特に、この3年間にわたる闘いの成果が結実したと確認しました。しかも、この結果は、千葉だけになりますが、当面、当局は「外注化をあきらめた」ということも意味していると思います。

●なぜこんな成果を
 実現することができたのか

なぜこんな成果を実現することができたのか。やはり17年間、どんなに困難な状況にも立ち向かって、団結を打ち固め、闘い続けたことによる勝利です。強制配転者の頑張りと職場の力関係を守り抜いた全組合員の奮闘、畑木さんの決意、これがどれ一つ欠けても、この勝利は実現できなかったということだと思います。もう一つは、17年間挑み続けてきた結託体制、JR総連革マルとJR当局の結託体制が崩壊したということです。JR体制の三つの矛盾が噴出(①カクマル結託体制の崩壊、②そして安全問題、③そして要員問題)、この3点の矛盾を的確にとらえ、無期限の非協力闘争を決断し、ここから勝利が導き出されたということです。
無期限の長期非協力闘争という困難な闘いの方針のもとに、畑木さんを先頭に全組合員が固く団結した、それが大変な迫力をもって当局を圧倒したということです。しかし、この切り開いた地平が大きければ大きいほど、これに対する反動攻撃がしかけられることも間違いありません。残された課題も含めて、闘いはまだ始まったばかりだという認識で、全組合員が一致し、04春闘を焦点とした新たな闘いの闘争体制を確立して、続く第2波の闘争にわれわれは立ち上がっていきました。

●「 運転保安春闘」

第2波の闘争は、全活で確認したとおり、3月13日のダイヤ「改正」を焦点に、3月12日から14日にストライキを配置、要求の解決を求めました。本線運転士を含む3月12日の泊まり勤務者の出勤時から14日の明け勤務終了時まで、予備勤務者については12日出勤時から14日まで、そして木更津支区の場合は13日一日間、地上勤務者(検修、営業等)は、3月12日の正午から14日の明けの勤務終了時までとしました。
当初、3月12日も一日間(朝から)ストを入れ予定でしたが、幕張支部から申し入れがあり、「午前中半日仕事して、午後から闘争に入れば、スト破りの人間たちがそ職場に出てきてくるので、動労千葉の組合員が接触でき、労働者はどのように闘うべきかを訴えられる」と。そういうことも考えて、正午からストという戦術をとりました。そして、ストライキへの支配介入、妨害行為、長期非協力闘争の確認事項の不履行等があった場合は、戦術を拡大するということを通告しました。この3月13日の第2波のストは、貨物は対象外としました。そして、3月13日に千葉市民会館の小ホールで、04春闘勝利、反合・運転保安確立、スト貫徹、動労千葉総決起集会を開催しました。
そのストの過程で、総武支部の支部長の吉野幸成さんが、十何年にわたって西船橋駅の特別改札に強制配転されていましたが、幕張電車区に原職復帰するという勝利をかちとりました。
その第2波の闘争については、「運転保安春闘」として闘いました。今、安全が崩壊しているような状況で、度々『日刊』等でも宣伝しましたが、レールが割れるような状況がありまして、当局は「割れる」という言い方はしないんですけど、実際、割れていなければ、信号機があおるような状況にはならないんですね。「ヒビが入った」というような言い方をしていたんですけど、自分が初電で、その前に貨物列車が走っているんですけど、信号機が赤になったり青になったりしちゃうんですよね。レールがくっついていれば電流が通っているから、あおったりしないわけです。電気の接点も一緒で、少しでもくっついていれば電気が通っているわけですよ。離れていなければ、誰が見てもそうはならないわけす。それに対して、会社当局は事故隠蔽を図るような内部文書を出しました。この文書は国労の組合員から回ってきたんですけど、本来なら国労がもっと摘発しろということなんです。動労千葉の組合員は、運転職場、検修職場、営業職場にいるんですけど、保線の職場とか電力、信号・通信の職場にいない。圧倒的に国労組合員が多いわけです。そういう摘発とかも、われわれ動労千葉のところに来ればどんどんやりますし、情報は欲しいんですけど、やはり国労は、自分たちの組合員が多数を占める職場でそれをやらないというのは問題なんです。
こういう問題は、すべて規制緩和の中から、安全の切り捨て、要員の削減、その中から安全はもう崩壊の危機に入っている。そして、われわれ動労千葉の組合員は列車の一番先頭でハンドルを持ちますし、そして乗っているお客さんたちの命にもかかわる問題だとして、これを社会的に明らかにしていく、そういう春闘として第2波ストを構えました。
そんな中で当局は、交渉の過程で、線路破断の隠蔽問題については謝罪をしてきました。そして、安全の崩壊の危機の社会問題化は、『日刊』でも報告をしてありますが、記者会見を開きまして、毎日新聞は、このように「線路破損、今年もう4件」という形で出しました。今までは動労千葉がストをやっても、小さく「動労千葉、スト突入」とか書かれるだけだったんですけど、やはりこういうふうに安全問題を大きく取り上げさせた。安全問題に、世間でも大きな焦点を当てさせるような大きな意味を持つ闘争だったと確認しました。
その中で、われわれは04春闘の過程で、組織拡大も第一義として位置づけてやってきましたが、具体的に組織拡大を実現するには至りませんでしたが、組織の総力を挙げて取り組み、新たな一歩を踏み出したと確認しました。

●3・20国際反戦行動

第2波ストを受けて、04春闘回答段階に、第3波の闘争を構えました。3月29日に、ベアゼロ回答打破、貨物新賃金制度絶対阻止に焦点を当てた闘いを組みました。
その間に、3・20の国際反戦統一行動もありました。完全な統一行動として実現することはできませんでしたが、これまでの壁を乗り越えた大統一行動に発展する、その第一歩を切り開いた。そして全国的には約400カ所で集会が開催された。20労組、平和フォーラム、ワールドピースナウはそれぞれ日比谷公園で集会を行いましたが、全労連は芝公園で分裂集会でしたが、その後、一部デモが日比谷に結集せざるを得ない、そういうような状況を生みだした。そういう地平を切り開いた闘いだと考えています。
3・20をやはり04春闘最大の攻防の焦点、階級敵力関係を変革する突破口にしようと位置づけて、自らの闘いも、その起爆剤にする立場で、動労千葉は全力で取り組みを行ってまいりましたが、大きな意義を持つものだったと確認しています。世界でもニューヨーク10万を始め、300都市、60カ国で反戦闘争が闘われるような状況をかちとりました。

● 貨物支部を中心にスト

そういう中で、われわれは3月29日、貨物支部を中心にストに入りました。貨物は、年功序列制賃金の破壊の新賃金制度の導入が今年度中には出る予想だったんですが、今この段階では阻止しています。しかし、いつ出されてもおかしくないような状況です。貨物職場は5年連続ベアゼロで、「黒字になったら出す」と言っていたんです。今回は石原がディーゼル規制をやり、ある程度、業績が伸びて黒字だったんです。それにもかかわらずベアゼロです。
東日本の場合は、JR発足以来の史上空前の利益、黒字をこの3年連続ですが、それでもベアは一切出すことがない。それに対する抗議の意味を込めた闘争として、われわれは構えて闘いぬきました。
そんな中で、JR東労組は早々とベアゼロを裏切り妥結しました。そして何より許せないのは、その議事録確認の中で、東労組は会社と一体となって、「経費節減、効率化にこれからも労使一体となって取り組む」という条項まで盛り込む。これはとんでもない話だということで、ここに対して異議申し立てをするところがないということで、われわれ動労千葉は、この3・29ストも大変な意義を持つものだったと考えています。
職場の中でも、東労組の「平成採」、いまだ20代の組合員がいるんです。われわれ動労千葉組合員は平均40歳以上になっていますから、そこそこの基本給をもらっているんですけど、「こういう形でやってきたら、若い人間はあと10年、20年、食っていけないような状況になるんだぞ」と言うと、「本当にそうですよね」って話を聞きます。だから「闘わなければいけないんだ」「お前らの組合は、こういう裏切りをやっているんだ」ということで訴えかけています。
この04春闘段階では、われわれ動労千葉の組織拡大はなりませんでしたが、この04春闘の決戦段階のストライキの中で、何を一番総括しなければならなかったかと言うと、やはりJR結託体制が崩壊した中で、分割・民営化後初めてJR体制に風穴を開けた。そして大きな成果をかちとった。正しい方針のもとで闘い、団結することで、やはり勝利できるということを、動労千葉の闘いが今回示したということ。そして、この成果に対する反動が必至の状況の中で、やはりJRの抱える革マル問題、安全問題、そして要員問題、この三つの矛盾を突きまくっていけば、われわれは勝利することができることを示しました。そして、この闘いを今回やりきった。

● 情勢は、「9・11」で
    決定的に変わった

この成果は、3・20におけるイラク反戦闘争へとつながった。そして残る課題は組織拡大ですが、やはり動労千葉は、JRの中でかちとった地平、そして3・20が大きく広げたこの地平、この両方の地平を本物にする、確固たるものにするために、これからも団結して闘い続けなければいけないということを確認しています。
やはり、運動はその時々の国内外の情勢に大きく左右され、その中で進展していく。それ自体大きなうねりの一環を形成しているということで、われわれの闘い、現場での闘いも大きな流れと一体となった、本当に一つの同じ闘いであるということを確認しました。
よく中野顧問も動労千葉も言っているんですけど、「情勢は、9・11で決定的に変わった」ということ、それを本当に実感して闘わない限り、勝利は来ないということです。そして、われわれ動労千葉の闘いが、これはインターネット等の普及、山本さんの協力等もありまして、国内の関生、港合同、動労千葉、その3労組のつながりだけでじゃなくて、世界的にも韓国、サンフランシスコ、日本と、こういうふうに闘いが広がっていった。そして、われわれが求めているのは、こういう闘いの広がりです。国内で大きく労働組合が一緒に闘うということ。
労働者はみんな怒りを持っている。しかし、それに統制をかけているのは連合であり、全労連です。労働者の怒りを押しとどめている状況に風穴を開ける闘いにしなければなりません。
その中で、連合の中からも全労連の中からも、本当に決起が始まっているということを、動労千葉は実感しています。動労千葉の労働学校に、全労連系の組合員、共産党系の組合員等が結集してくる。動労千葉は「過激派だ」、「動労千葉と一緒にやったっていいことはない」とか言われますが、やはり原則を守り闘い抜いていけば、この困難な情勢で闘わなければ殺されることは、はっきりしていると思います。

●血を流すことを恐れるな

動労千葉はいち早く、「55年体制が崩壊した。そして新たな時代に入った」ととらえました。奥田ビジョン、小泉の登場、そしてイラク自衛隊派兵、今の状況は、敵のシフトが完全に変わったということです。55年体制が終わったということは、戦争する国になるということですし、労働強化をして、国が生き残るために、労働者を虫けらのように殺していくような状況であることをはっきりと見すえ、多少の妥協をすればおこぼれをもらえるんだというような状況ではないということです。それは皆さんも実感していることだと思います。
今回の国会に出されたあらゆる法案を通して見てもそうですし、動労千葉や現場の皆さんの周りでも、そういう攻撃が本当に襲いかかりつつある。労働者は虫けらのように殺される。ここに目を向け、労働者は連帯しなければいけないんだ、団結しなければいけないんだということです。ストライキをやること自体が大変かも知れませんが、決起することはできます。それは、様々なリスクをしょい込みますが、やはり敵がわれわれに奴隷として生き残るのか死ぬのかという決断を迫った時に、われわれは立ち上がらなければいけません。
動労千葉も、この十何年間闘い続けてきましたが、血を流すことを恐れて闘わなかったことはありません。一滴の血も流さずに勝ち取れる勝利もあるとは思っていません。動労千葉は、仲間の頑張り、仲間の流した血と汗の上で闘い抜いてきました。その中で04春闘の勝利の地平が勝ち取られたと思っています。これをなんとしても全体の流れと結合していかなければいけないと考えています。われわれ動労千葉は、700万と言われる連合、150万と言われる全労連傘下の労働者をいかに獲得するか、われわれの仲間として一緒に決起させるか、そういうことを第一に考えて突き進んでいかなければいけないと思っています。
国会をめぐる闘争も、この4月9、10、11日と連続闘争になって、13日に国鉄闘争支援の大集会が予定されています。いまだ全労連系というか共産党系の中では、「動労千葉排除」の動きもありますが、労働者がそういうことをしているような状況ではない。われわれを差別する者は差別すればいいけど、われわれ動労千葉は闘う者を逆に差別する気は全然ないし、一緒に闘わなければいけないことを確認しています。これなしに闘いが勝てることはないと考えています。国鉄闘争はまだ終わっていません。国労闘争団がいまだふがいないとはいえ、存在している。そして、全動労争議団、そして何よりも動労千葉が残って、国鉄の中、JRの中に残って、ストライキを元気に打ち抜いている。国鉄分割・民営化攻撃はやはり完成していません。分割・民営化攻撃というのは、国鉄労働運動を完膚無きまでに解体する攻撃でした。それなしに分割・民営化は貫徹しないということです。1047名闘争は残っています。そして動労千葉、国労、全動労の闘う仲間が3労組、3争議団の陣形として残っている。ここを敵はやはり突いてくると思いますが、われわれもこの3争議団の陣形で闘えるように、なんとか持って行きたい。
動労千葉は、国労の「解体的再生」と言っています。何があっても国労の旗を守り、仲間を守り闘い抜く、そういう労働者、仲間を結集して、国労が闘っていけるように腹を固める、そういう国労組合員をつくる。そういう中で、動労千葉は一体となって闘って、この分割・民営化攻撃を完成させない。もう完膚無きまでに逆にこちらが打ちのめす。そういう中から日本の全体の労働運動の展望も開けていくと考えています。
動労千葉は、職場の中の闘争が条件がよくなった、それだけで満足するような闘いだとは考えていません。JRの職場の中で、国労がふがいなく、闘わないでチャレンジと一緒に向こうに行くなら、動労千葉に結集しろ。鉄産労もJR連合もそうです。東労組だけじゃなく、少なくとも運転職場は動労千葉に結集しろ。ほかの職場は国労でいいから、闘う腹を固めて決起しろ。そういう闘いをJRの中に巻き起こし、そして勝利をかちとるために闘い抜いていきたいと思います。

●仲間を色眼鏡で見ない
組織拡大闘争についても、いまだに風穴が開かない状況ですが、動労千葉に結集するということは、やはり党派的選択の要素があります。労働者としていかに生きるか、こっちの方針が正しいから来るんではなくて、生き方として通じるものがあるか。人生をかけて、これは正しいと思って闘いぬく腹はあるのか。われわれも、そこまでの問題だから簡単にはいかないことだと思っていますが、やはり絶対に東労組だろうがなんだろうが、闘う仲間はいると思います。そういう仲間を色眼鏡で見ないで絶対に結集させる。そういう闘いはJRの中だけじゃないし、皆さんの周りでもそうだと思いますが、やはりこういう中から本当に勝利の展望が見えてくると考えています。
動労千葉を、そして動労千葉を支えてくれる多くの仲間、一緒に闘ってくれる多くの労働組合を増やしていく。そして、その裾野をどんどん広げていく。その力を強化する。そういう中から労働者は結集すると思います。やはり弱いところには結集しないと思います。数はなければいけませんが、数だけではダメ。やはり力強く、そして数を広げていく。そういう闘いなしに成功することはないと考えています。労働者は力のないところには来ない。しかし、労働者は絶対に意気に感ずるところはあると思います。労働者には路線、理論が重要ですけど、理屈だけではダメだということを、われわれは実感してきています。本当に腹をくくった闘いでなければ、イラクに派兵するという状況を覆し、ひっくり返す闘いにはならないと思います。
その中で、やはり3・20の切り開いた地平も、われわれ動労千葉の切り開いた地平も一体のものです。これからの連続闘争も控えて休む暇もないような状況ですけど、この地平を確固たるものに広げていく、そのことなしにわれわれの未来はないと動労千葉は考えています。動労千葉は04春闘だけで闘いが終わったとは考えていません。もう、死ぬまで闘い続けることになると腹をくくっています。その中で、今回、本当に勝利の地平が切り開かれた。こういうふうに闘えば本当に展望が見えるんだということを、やはり内外に示したと思います。何よりも、それを感じ取ったのは、われわれ動労千葉の組合員だと思います。これをかちとることができたことで、やはり明るく闘いを打ち抜けたということです。
2年前には、連続闘争になって、ストの4日間を全部、東京、千葉、三里塚というような形で闘争になって、「国際連帯になんかなったって忙しくなるだけじゃないか」なんて言っていましたが、やはり、この間、この3年間闘い抜いてきた中で、それが結実し大きな地平を切り開いた、組合員にもそれが見えてきたと思います。そういうことを、感じない人には「何だ」という感じだけど、「ああそうか」と感じた時に、その人は本物になると思います。
皆さんも、われわれ動労千葉は先頭で闘いますので、これからも一緒に、われわれみんなが切り開いた3・20の地平を一緒にみんなで広げていきたいと思いますから、これからもよろしくお願いします。

参考に

日刊動労千葉  2004年4月13日 5861号

04春闘50日間闘争 3派のストライキに起つ!

ついに風穴が開く

前史 反マル生闘争

 「滝口君守る会」運動

67年、国鉄5万人合理化反対闘争が激しく闘われた。運転職場では機関助士廃止が最大の焦点だった。こうした中で千葉地本は依然として右派執行部に握られていた。
しかし現場から戦闘的闘いが前進していた。その最大の拠点となったのが千葉気動車区と青年部であった。
当局は68年10月「勤務中飲酒事件」をでっち上げ当時新小岩支部青年部長の滝口誠さんを解雇した。また千葉気動車にはマル生攻撃が吹き荒れた。
しかし、敵の攻撃にひるむことなく、「滝口君守る会」運動を起こし組合員の過半数を超す組合員を組織した。

千葉気道車区支部と青年部  

     

 

バリスト 

 69年春闘、千葉気動車支部では区長以下の全職制を入れ替え、警察機動隊が包囲される異常な弾圧体制のなかで職場にバリケードを築いてストライキが貫徹された。
71年を頂点とするマル生攻撃が吹き荒れたが、青年部、千葉気動車区支部の奮闘がこの攻撃を跳ね返し、地本全体を古い体質から脱皮させていく原動力となった。

JRに法的責任あり! 国鉄1047名解雇撤回闘争 新たな闘いへ 新署名運動スタート

最高裁決定に基づき解雇撤回・採用を
不当労働行為を認めさせた
19201665tabureto_ページ_387年の国鉄分割・民営化から29年。国鉄1047名解雇撤回闘争は新たな闘いを始まます。
解雇撤回を求める動労千葉鉄建公団訴訟で昨年6月、最高裁判所は、国鉄分割・民営化にあたって職員の採用・不採用を振り分けた基準が不当労働行為意思によって策定されたことを認定しました。
国鉄分割・民営化が不当労働行為であったことを初めて裁判所に認めさせたのです。しかも、その不採用基準の策定を指示したのがJR設立委員長であったことも暴き出されました。
この最高裁決定により、闘いは再びJRに対して法的責任を追及し、「解雇撤回・JR採用」を求める闘いに到達しました。国鉄1047名解雇撤回闘争はこれから本番です。
動労千葉は直ちに最高裁決定に基づき「組合員9人の解雇を1987年に遡って採用せよ」と申し入れ、国鉄闘争全国運動は1047名の解雇撤回・JR採用を求める署名運動を開始しました。
民営化との闘い
「戦後政治の総決算」を掲げて登場した自民党・中曽根政権が強行した国鉄分割・民営化によって職員40万人のうち20万人が職場を追われました。前代未聞の解雇攻撃でした。それは〈国鉄とJRは別法人〉という理屈で分割・民営化に反対する労働組合員の採用を拒否する徹底的な労働組合への攻撃でした。
まさしく日本における新自由主義の始まりでした。これ以後、労働組合運動は大きく後退し、民営化や規制緩和によって多くの労働者が非正規雇用や無権利状態に突き落とされました。
国鉄分割・民営化に反対する闘いは、こうした状況に抗する防波堤の位置にありました。しかし2010年には国労本部など4者4団体が、解雇撤回も不当労働行為の謝罪もないまま政治和解し、闘争を終結しました。
動労千葉と国鉄闘争全国運動は闘いを継続し、ついに不当労働行為を裁判所に明確に認めさせたのです。
闘いはこれから
これまで本当に多くの人びとが国鉄闘争へのご支援をいただきました。心から感謝を申し上げます。
闘いはこれからです。新たな国鉄闘争は、国鉄分割・民営化以降の同じような解雇や非正規雇用化が吹きあれたことを全社会に暴き出す出発点です。この闘いを労働運動再生のきっかけにしたいと思っています。
解雇撤回・JR採用を求める署名運動へのご支援を訴えます。国鉄闘争全国運動6・5全国集会へ大結集を訴えます。

闘う労働組合の時代きた!外注化・非正規化・被曝労働との闘い

1665tabureto_ページ_2各地のJR職場で闘う労働組合の登場し、ストライキで闘っています。
動労水戸は、3・11原発事故から5年、安倍政権の進める帰還の強制と福島第1原発から2・5㌔の位置を走る常磐線の全線開通、原発の再稼働に反対して、被曝労働拒否を闘っています。動労水戸の闘いは、原発収束作業に従事する原発労働者との連帯も生み出しています。
さらに青年運転士を駅に強制配転するライフサイクル制度に反対して3波のストライキを闘いました(一番上の写真)。
動労総連合・新潟は3月17日、「非正規職撤廃」「安全輸送確立」「パワハラ弾劾」「大幅賃上げ」を掲げて地域一般労組と共に新潟駅とJR貨物東新潟機関区、郵便局など4職場でストライキを闘い抜きました(左写真2つ目)。さらにグループ会社の新潟鉄道サービスにおける非正規労働者の不当解雇に対する抗議行動を展開しました。
動労福島は3月24日、郡山総合車両センターの業務外注化に反対して橋本光一委員長の指名ストライキを決行しました(写真3枚目)。
動労連帯高崎は、3月15日のJR高崎線・籠原駅の送電設備出火・火災事故を引き起こした合理化を徹底追及し、清掃職場の大幅賃上げと労働条件改善を闘っています。
列車の清掃業務を請け負う東日本環境アクセスで働く青年労働者を中心につくられた動労神奈川は、青年労働者の解雇撤回闘争を闘っています。
さらにJR西日本で闘っている動労西日本は、広島印刷事業所、福知山駅、吹田総合車輌所奈良支所の3カ所で春闘ストを決行しました(右の写真)。
JR西日本広島支社は印刷事業所の7月廃止の一方的方針で収支黒字の職場をあえて廃止し、全員を出向・転籍と退職に追い込もうとしているのです。
動労総連合は、北海道や九州、北陸でも新たな労働組合や準備組織が生まれています。

JR体制崩壊と闘う労働組合を
JR体制は崩壊の淵にあります。全国で続発する事故、北海道・四国・九州・貨物会社の経営危機。際限のない外注化による雇用や安全の崩壊、ベテラン社員の大量退職、鉄道の海外展開の破産など、文字通り〝JR崩壊〟というべき現実が第二の国鉄分割・民営化ともいうべき攻撃を生み出しています。
重大事故の頻発は、大量退職の中での鉄道業務の丸ごと外注化が無責任体制をもたらし、技術者養成の放棄と技術継承の崩壊が最大の原因です。
JR東日本は、「分割・民営化を果たした国鉄改革のようなイノベーションをやる」と公言し、鉄道業務の外注化だけでなく、駅運営会社・車両検修会社・保線会社・電力会社に別会社化し、JR本体は形式的に鉄道施設や株式を保有する持株会社化しようとしています。
こうした中で人件費を劇的に減らす手段として、外注先への転籍の強制や5年雇い止め制度を狙っています。
動労千葉―動労総連合は、鉄道業務の外注化に反対して16年間闘い抜いてき、JRの外注化や非正規雇用化を10年単位で遅らせてきました。
全国のJR職場に闘う労働組合をつくるときがきました。労働組合が団結して闘えば、新自由主義のもとで労働者が苦しめられてきた流れを変える反撃のチャンスは必ず生まれます。
JRとJR関連会社で働くすべての労働者は動労総連合に加入し共に闘おう。

世界で燃え広がるゼネスト
労働改悪に反対しフランス全土で120万人

安倍政権の成長戦略の柱である「雇用改革」は、労働コストを削減して国際競争力を強めることです。派遣労働を全面解禁し、限定社員制度を導入し、労働時間規制を撤廃し、正社員ゼロ化を目指すものです。
世界的な恐慌―長期不況の深刻化と国際競争の激化の中で労働法制改悪―雇用破壊・賃金破壊が世界中で拡大しています。しかし同時にゼネストなど労働者の闘いもまた世界中で燃え広がっています。

韓国パク政権与党が惨敗
韓国では1月、パククネ政権が、業績評価を口実に思いのままに労働者を解雇できる「低成果者解雇制」の導入と、労働者の同意なしでも就業規則の変更による労働条件の切り下げを可能にする二つの指針(政府ガイドライン)を一方的に施行しました。
韓国の労働組合ナショナルセンターである民主労総(約80万人)は、1月25日から一斉に無期限ストに突入し、パク政権与党は4月13日の総選挙で第1党から転落する大敗北を喫しました。
フランスでは3月31日、労働法制改悪に反対するストライキやデモが120万人の規模で力強く闘われました。整理解雇や労働時間規制の緩和、非正規雇用の拡大などに対して非常事態宣言を打ち破って「このままでは私たちの未来は大変なことになる」とフランス全土の若者が立ち上がっています。
世界中で労働法制改悪に怒りのゼネストが燃え上がっています。日本でも昨年、安保・戦争法案の制定に対して国会前に連日十数万人が集まりました。安倍政権の労働法制改悪に対し日本でも闘いを!

今こそストライキと労働組合の復権させよう! 闘いこそが労働者の状況を転換させる!➀6.5集会へ

千葉鉄道サービス 5年雇止め制度粉砕へ

2201665tabureto_ページ_2
就業規則改定4・1実施を阻む
動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)は、今年の春闘で「大幅賃上げ獲得、外注化阻止、非正規職撤廃」「JR千葉鉄道サービス株式会社(CTS)就業規則改悪粉砕」などをスローガンに2波のストライキを闘いました(写真上は3月11日・京葉車両センター/写真下は3月17日のストライキ総決起集会)。
JR千葉支社内の駅・車両の清掃や車両メンテナンスなどを請け負うグループ会社のCTSでは、労働契約法の5年ルール(無期転換申込権)を悪用し、有期雇用契約で働く労働者全員に「雇用契約の上限は5年」と通告し、選別試験を課し、あわせて月給制賃金を時給制に変更する就業規則の改悪が狙われています。
動労千葉は、CTSで働く組合員を先頭に全面的な事実暴露と職場オルグ、団体交渉での徹底追求を行いました。さらに3月11日に第一波スト、3月17日に第二波ストを実施し、JR本体の組合員が「CTS就業規則改悪阻止、非正規職撤廃!」を掲げてストライキを闘い抜きました。
会社の提案内容が明らかになると各事業所で怒りが噴出し、職場で説明会を開催しても、現場からの批判や疑問に答えることもできなくなり、CTSはついに4月1日実施を断念しました。
この闘いは、JRで働く組合員と下請け会社で働く組合員が、正規と非正規労働者が共に団結してグループ企業の労働条件改悪に対してストで闘い抜きました。これは労働運動の現状を変革する大きな意義をもっています。
勝負はこれからです。CTSは、契約社員やパート労働者に対して4月から9月30日までの6カ月契約(通常は1年契約)を強制し、「夏ぐらいまでに(就業規則改悪を)決めてしまいたい」と言っています。
労働契約法や派遣法を背景とした雇い止め・非正規雇用化の攻撃があらゆる産業・企業で始まっています。この闘いは、すべての労働者の権利や雇用を根底から覆す攻撃との闘いです。
日本の労働者約6千万人のうち非正規労働者は2千万人。安倍政権の「雇用改革」は正社員ゼロを狙う攻撃です。この闘いは、労働者全体の権利と雇用を守る重要な闘いです。


〝12万円では生活できない〟
CTSの進める就業規則の改悪は完全な違法・脱法行為です。
「事業所の皆さんが心血を注いで仕事をして会社は成り立っております」と社長が言っている。だったら賃金も上げろ。5年で雇い止めなんてやるんじゃない。
自分たちはJRからの天下りで3階級特進で専務や部長になっている。そんなのが10人も20人もいるから経営を圧迫しているわけですよ。そういう金があるんだったら、CTSで働く人たちに還元しなくちゃいけないと思います。
CTSの社内報に「人権とは人間が人間らしく幸せに生きていくための権利」と書いてある。手取り12万円の給料で生活ができるか。重役たちは1千万円以上もらってるんでしょうけど、会社を支えている人たちは生きていくので精一杯なんですよ。
それを5年で雇止めとか手当て削減など許されていいわけがありません。絶対に就業規則改悪を粉砕しましょう。(CTS本社への抗議行動の発言より)201665tabureto_ページ_1

 

〈資料〉分割・民営化に異議あり 中 野 洋  公労委季報1986年69号掲載

昨日、衆議院国鉄改革特別委員会で、 いわゆる国鉄関連法案が強行採決された。
国鉄労働者をはじめ、多くの国民が少なからず感じている不安、疑問、問題点 など何1つ解明されないままである。そしてマスコミは、「国鉄分刮・民営化、来年4月1日確定的」などと無責任に報道している。
こうした尋常ならざる状況のなかで、私はこの拙文を綴っているが、胸中、こみあげてくる怒り、いきどおりを抑えることができない。
ましてや、「昔の国鉄は良かった」とか、千葉鉄道管理局はこうして発展してきた」等々、ノスタルジーにふける気分にはとてもなれない。

私は、国鉄労働者として、国鉄労働運動のひとりの指導者として、この暴挙に対して現場から告発しつづけることが任務であると思う。
私たら動労千葉は、1979年3月、動労中央本部を牛耳る革マル系分子の組合私物化に抗して分離独立し結成された1地方労組である。
全国鉄労働者の300分のI、千名の少数組合にすぎない動労千葉が、何故に、国鉄分割・民営化絶対反対を掲げて2波にわたるストライキを決行したのか。
或る人は、「蟷螂之斧をふるうとも」 ( 蟷螂の斧とは、力のない者が、自分の実力もかえりみずに強い者に立ち向かうことのたとえ。 ) と言い、国鉄当局は、「飛んで火に入る夏の虫」と言った。現に、解雇28名を含む約400名にのぼる国鉄労働運動史類例のない、不法、不当きわまりない報復処分が強行された。
それは、国鉄分割―民営化なるものが、第1に、膨大な長期債務を背負う国鉄財政の再建などでは全くなく、大資本とそれと結託する自民党による国鉄資産の横奪であること。
第2に、10万人に及ぶ戦後最大の首切りと国鉄労働運動解体攻撃であり、何よりも、国鉄赤字の張本人共が、知らぬ顔の半兵衛をきめこみ、自らの責任を頬かひりし、やれ「ブラ勤だ」「親方日の丸だ」などと1切の責任を国鉄労働者に転嫁するやり方に我慢ならなかったからだ。
このことは、ここ1年間の全経過からも、国会審議をみても、ますます明白になっている。いくら力づくで押し通そうとしても事実は消えないのだ。その証拠に、昨年7月26日、分割、民営化案を答申したのが、国鉄「再建」監理委員会であったにもかかわらず、いつ頃からか、最近では、政府自民党、国鉄当局とも、「 国鉄再建」とは言わず、「国鉄改革」としか言わないことを指摘するだけで充分であろう。
私は、この分割・民営化によって確実に予測される恐るぺき事態について、特に、鉄道輸送にとって最も重要な安全性の問題について直言したい。
私は、1958年、勝浦機関区(現勝浦運転区)で国鉄労働者としての第1歩を踏み出し、1960年以降、組合専従になった1973年まで13年間、SLの機関助士、気動車運転士として、輸送 業務の第1線に従事してきた。
この間、「安全は輸送業務の最大の使命である」という国鉄安全綱領のトップに掲げられている1節を、当局側からはきわめて観念的に、現場の諸先輩達からはきわめて具体的に耳にタコが出来る程叩き込まれてきた。
私が機関助士になりたての頃、1962年、あの悲惨な三河島事故〈写真〉が、そして翌年に鶴見事故が発生した。この2年連続の重大事故の発生をめぐって私がたまたま所属していた動労は、その構成員がすべて運転職場に従事しているという特殊性からも、大揺れに揺れ、運転保安闘争の強化が決定された。これは、簡単に言うと、輸送の安全を守るためには個々の労働者の努力や決意だけでは限界があり、労働組合が団結して闘う以外にない、つまり「闘いなくして安全なし」という考え方である。この運転保安闘争が、後の「闘う動労」への「変身」の発端となり、私自身組合運動への参加の契機ともなった。その後、この闘いは、反合。運転保安闘争として路線化され、いわゆる5万人反合闘争をはじめ熾烈に展開された。この戦闘的伝統は、これを敞履(へいり)のごとく棄て去った動労中央とは対照的に、私たち、動労千葉にはいまでも脈々として受けつがれ、すべての闘いのバックボーンとなっている。
そもそも資本制社会において、直接的利益を生まない保安部門への設備投資や保安要貝などを軽視もしくは無視するのは当然のことであって、労働者の抵抗や労働組合の闘いがあってはじめて、資本にそれを強制することができるのである。公共企業体たる日本国有鉄道にあっても、この資本主義の論理とは無縁ではない。
国鉄における安全とは、適性な労働条件、保安設備の充実、車両・保安部門の検査・修繕・点検体制、関係労働者の教育・訓練が四位1体となって確立されなければならない。
1960年以降、ここ20年間は国鉄当局のこの部門での手抜き、切り捨て、外注化などを中心とする合理化攻撃との闘いの歴史であり、労働組合の抵抗が、公共企業体だる経営形態をも活用しつつ、辛うじて列車の安全が維持されてきたといっても過言ではない。
しかし、いわゆる臨調・行革攻撃が開始されてから、ここ3年余、労働組合の屈服、とりわけ動労の転向のなかで、きわめて由々しき事態が進行している。
特に要員面においては、83年度首、350、800人が、86年度首では239、000人、実に11万人にも及ぶ削減が強行されている。さらに87年度首には、いわゆる余剰人員32、000人を含めた2I万5000人体制にするため、「61・11ダイ改」に伴う合理化を強行しようとしている。この数字を見ただけでも背筋が寒くなる思いがするのは私ばかりではあるまい。
すでに、「60・3ダイ改」から、動力車乗務員-運転士・機関士の勤務は超勤を前提とした勤務形態に改悪され、運転士・機関士-は、大変な労働強化が強いられている(列車乗務員-車掌-は「61・11ダイ改」から)。電車・機関車や線路の検査・点検・回帰は延長され、モーター部門の故障やレールのボルト折損などが全国いたる所で発生している。
それだけではない。「61・11ダイ改」を目前に千葉局管内では、断じて容認し難い事態が起っている。9月2四日、当局は、総武快速線専門の運転士に対し「隣の線路だから」といって、緩行線の運転を強制し、これに当然のことながら「緩行線は未経験なので線路見習を」と要求した運転士に対し、「いやなら乗務しなくてもよい」と暴言をはくという事態がおこった。さらに10月27日を期して外房線・茂原駅を中心に切り替えられる新線(総延長7キロ)に対しても、「上(高架)の線路だから」という理由で該当乗務員の線路見習を実施せずに、机上訓練のみで運転を強制するという、つい1年前いや半年前には考えられなかったような事態が起った。
線路見習とは、別に労資で協定化したものでもなく規則化されているものでもない。いわぱ国鉄100年余の歴史と先人達の智恵が生みだした安全確保のための制度として存在していたものである。

運転士・機関士は、信呼の建植位置、勾配の有無、曲線、駅ホームの状態などを体で熟知していないと、定められた時刻表通りに正確かつ安全に列車を運転することはできない。だから、新線はもとより、既存の線区でも病気など何らかの理由で3ヵ月以上、同1線区を乗務していない運転士・機関士は、必ず、本務でハンドルを握るまえに線路見習を行うことが、当局も含めて常識のことであった。おそらく国鉄当局は、こうした国鉄の安全輸送を保障してきた制度を「悪慣行」として、「民間会社になったらこんな悠長な ことはやっていられない」とばかりになし崩し的に改悪するつもりであることに間違いない。
国鉄だろうと民鉄であろうと列車の安全に区別はない。動労干葉は、かかる暴挙に対して当然にも厳しく抗議し、線路見習の実施を要求したが、千葉鉄局は団体交渉事項」ではないと団交それ自体を拒否してきたのだ。
いまひとつ、国鉄の現場では異常な雰囲気がまんえんしていることを指摘せざるを得ない。いま、国鉄の現場では無法がまかり通っている。「お上の威光に逆う者は」式の恐怖政冶が、虎の威を借りた弧、国鉄版ゲシュタボ、動労内革マル分子を先兵に巾をきかせている。国鉄「改革」の名分のもと、分割・民営化攻撃に抵抗する労働者、労働組合はもとより、正論を吐く労働者も、すべて差別・選別の対象とされ、人活センター送りだ。
こうした雰囲気が跋扈するなかで何よりも恐しいことは、各々の職責を全うするための意見がすべて「国鉄改革に仇なすもの」としてしりぞけられ、口をつぐんでしまう異常な状態になっていることである。東海道新幹線の雨量測定をめぐり担当者が処分されたと聞くが、これなどその典型的事例ではないであろうか。
ともあれ、動労千葉は、10月27日未明から再び3度順法闘争に突入する。
国鉄の安全を守るために、国鉄労働者の首切りを許さないために、その元凶である国鉄分割・民営化を粉砕するために闘い続ける。それが国鉄に働く者の、従って国鉄の労働組合の責務であると考えるからだ。
1986年9月   国鉄千葉動力車労働組合執行委員長

国鉄分割・民営化と新自由主義の現段階 鎌倉 孝夫(埼玉大学名誉教授)

2011年2月16日、「国鉄分割・民営化で不当解雇から24年、1047名解雇撤回2・16集会」での講演

はじめに
「国鉄闘争の火を消してはならない」というこの集会に、私も呼びかけ人の一人として参加し、皆さんの前で話すことができることを大変うれしく思っています。
何よりも、国鉄分割・民営化反対、この旗を絶対に降ろしてはならないと思いますし、特に国鉄分割・民営化の過程において、それを仕上げるために、国家の不当労働行為――国家の暴力です――それが行われました。これも絶対に許してはならないと思います。
そして、この国鉄分割・民営化は、新自由主義をこれを契機に全面的に展開していく、そういう狙いがあったということであります。
今、新自由主義は、国際的な潮流の中で、その矛盾が噴出しております。全世界の労働者・民衆が人間として生きられなくなっている。そういう状況をもたらした原因は、新自由主義の展開にある。ここに新自由主義の本質が明確に現れていると思います。この新自由主義の本質を今日は明確にしたいと思います。
そして、これに対していかに対抗するかということでありますが、私は、この運動が、この新自由主義に対抗する運動の基礎をつくりうるのではないかという期待を持っています。
資本と国家に対する労働者の連帯した闘い、これ以外に絶対に展望は開かれないと確信しております。
労働者こそ職場・社会の主人公だという、そういう認識を基盤にして、新自由主義を粉砕していかなければならないと思っています。
【1】国鉄分割・民営化強行の歴史的意味
まず第一に、国鉄分割・民営化強行の歴史的な意味ということを明らかにしていきたいと思います。
(1)財界の労働組合対策
第一点として、財界の労働組合対策、民間の大単産の巻き込みによる減量合理化、そして競争力強化――これは資本の競争力強化ですが――それに労働組合を吸収させるという狙いです。それを官公労全体に及ぼすものとして、国労(国鉄労働組合)、国鉄内の労働組合に対する弾圧が行われたということであります。
1974~75年、日本は、全世界的な規模の、いわゆるスタグフレーションに陥ったわけでありますが、戦後体制を支配してきた財政支出拡大によって、労働者・民衆の要求を国家が受け入れるような形(これはケインズ主義的な改良政策と言っていますが)をとって、戦後体制が展開されてきたのでありますが、これが財政危機をもたらすとともに、世界的な資本間の大競争戦が展開される中で、中で、いわゆるスタグフレーション、物価が急上昇しながら不況が深刻化するという、そういう事態が引き起こされました。
◎大競争戦に勝つための減量合理化
1975年、日経連が「労働問題研究委員会報告」を出して、いわば財界のほうが連帯を始めるんですね。そして、労働組合対策を本格的に打ち出します。そのもとで、いわゆる減量合理化を推進していくわけですが、不況ですから生産を縮小せざるを得ない。しかし、大競争戦に勝つためには、減量――供給量を落としながらも、なおかつコストの切り下げを行う。コストの切り下げの中心は言うまでもなく雇用の削減、そして賃金の切り下げでした。これを強行していく基盤になったのが当時の輸出産業の中心であった自動車、造船、鉄鋼、電機等における労働組合を、この大競争戦に吸収・協力させていくということであったわけです。
その際、同盟系の労働組合が、この方向に吸収されるとともに、総評系の労働者を企業からたたき出した。このことをわれわれは忘れてはならないと思っています。その本体が、現在の連合のいわば幹部、指導部となっているのです。こういう状況をつくり出すことによって、日本が、このスタグフレーションを資本主義各国の中で一番早く資本家的に解決した。労働者を犠牲にしながら、徹底的にコストを落とす、競争力を強める、という方向です。
◎労働組合の団結破壊から新自由主義が始まる
1980年代に入って、実は日本の減量合理化に対して、サッチャーのイギリス、レーガンのアメリカ、それが対抗処置を打ち出してきます。本格的に思想的にも政策的にも、新自由主義を展開していくわけであります。忘れてはならないのは、新自由主義というのは、このサッチャーにおいても、レーガンにおいても、労働組合つぶしから始まるということです。労働組合の団結を破壊する。その上で新自由主義が展開されていきます。
日本は、民間の大単産をいわば抱き込んだ。それを官公労に押し及ぼしていく。国鉄がターゲットになるわけですね。そして、その国鉄の労働組合組織をいかに解体するか。これが新自由主義を全面展開していくいわば契機となると思います。
(2)新自由主義の拠点として
第二に、新自由主義の拠点ということですが、国鉄分割・民営化、それを基盤にしながら中曽根は、「戦後政治の総決算」を図っていく。曲がりなりにも国家の改良政策が一定程度とられてきたんですけれども、それを全面転換していく。労資関係、特に闘う労働組合を一掃していく。これが「戦後政治の総決算」ということで中曽根が始めたことであります。
その戦後政治を総決算していく際に、暴力によって公的事業の解体、公共交通を始めとする公的な事業を民営化する。そして、独占資本による利潤追求の場にするというのが、この「戦後政治の総決算」であったと言っていいと思います。
国鉄改革法23条で明確にされているように、国鉄を倒産させ、全員解雇、そして選別採用、そこに不当労働行為がいわば法的につくられたわけであります。この不当性は絶対に忘れてはならないことであると明確にしておきたいと思います。
(3)新自由主義と国家暴力
その中で、第三に、新自由主義と国家暴力ということですが、この新自由主義は必ず暴力を伴っているということを忘れてはならないと思います。
実は、資本主義が歴史的に社会を支配する契機となった、いわゆる本源的蓄積過程、この本源的蓄積過程は、資本が社会を全面的に支配していく歴史的な過程でありましたけれども、資本の搾取の自由、これを実現していくためには、暴力が伴っていた。それは、農民を土地から追い出す。農民は領主の支配の下ではあったけれども、土地と結びつき、農業やあるいは手工業を行っていたわけでありますが、資本の自由の確立のために、その農民を土地から暴力的に追い出した。そして、労働者をいわば無産者にしたわけであります。そのもとで、資本がその自由を確立し、一社会を形成した。
だから、資本主義の自由の確立のためには、必ず暴力を伴う。これは今日においても明確に言えることです。新自由主義というのは、暴力なしにはあり得ない。資本が新しく利潤追求の場を確保するためには、従来のやり方を暴力的に解体していくということです。公的事業の解体、そして労働組合の解体、その点がこの国鉄分割・民営化の過程で明確に示されたことをはっきりとらえておきたいと思います。

【2】新自由主義とは

(1)自由競争の条件欠如の下での自由主義復活
そこで、新自由主義とはという第二の柱に入っていきたいと思うんですが、まず、自由競争の条件欠如の下での自由主義復活ということです。
自由主義というのは、皆さんご承知のように、19世紀半ば、イギリスを基盤にして、自由主義段階――資本主義の自由主義段階ですが――が展開されました。そこでは、資本間の大きな格差はなかった。お互いに自由競争を展開しながら、経済を一定程度発展させることができたんですね。
その後、帝国主義段階から、国家によって資本主義を維持しなければならない、そういう現代資本主義の状況になるわけでありますが、それがケインズ主義というふうに一口で大づかみにとらえていいと思いますけれども、その新自由主義というのは、ケインズ主義がもう機能ができなくなるというか、限界にぶち当たった状況の中で、資本主義をいかに活性化させるかということで導入されてくるわけです。
しかし、自由主義の復活と言っても、資本の中には、もう最初から自由競争の条件なんかないんです。巨大な金融資本、独占資本は株式を発行して、社会的な資金を自分の資本として集中・動員して、生産力設備を拡大していく。ところが中小零細企業は、自己資金も足りない。お金を借りなければいけないけれども、高い利子を払って、経営をなんとか維持するしかない。最初から格差がある中で、自由主義の復活をやるということになればどういうことになるのか。それこそ、巨大な資本、競争力の抜群に高い巨大な資本によって、すべてが飲み込まれてしまうということになる。最初から格差がある中で、弱肉強食の競争を展開していくわけでありますから、格差はさらに開く。そして、労働者の中にも大きな格差が当然生じることになります。

(2)資本・金融独占体の自由を保障―規制撤廃・ 公的事業の民営化

では、新自由主義の中身は、どういう内容なのかということでありますが、資本・金融独占体の自由を保障することです。新自由主義展開は、二つの大きな柱があります。その一つは規制の撤廃です。そしてもう一つは、公的な事業の民営化です。これはアメリカでも、イギリスでも、西欧の資本主義でも、同じことが展開されております。
日本でも、この二つの柱で新自由主義が展開されてきました。規制緩和、その規制とはどういうことか。戦後の現代資本主義の下で労働者を統合するためには、先ほども言いました一定の改良政策が必要不可欠だった。
背後には、ソビエト、東欧社会主義、それのインパクトがあったと言っていいと思います。それに対応しながら、資本主義が労働者を統合してきたわけですね。そういう状況の中で、公的な事業、教育、医療・保健等々の公的な事業は、公的な資金によって事業体が形成されてきましたし、あるいは保険が中心だけれども、社会的な社会保障というのもそれなりに進展してきました。
◎資本の自由に対する制限を取り払う
と同時に、競争力の弱体な中小零細企業や小農業、これを巨大資本の勝手な進出によって崩壊させることをなんとか避け、一定の経営を維持するために、大資本の得手勝手な自由に対して、一定の規制をとってきた。そして、先ほどからお話ししていますように、労働組合の権利を憲法によっても保障してきたわけであります。憲法第25条、さらには27条、労働基準法第1条。「労働条件は人たるに値する生活を保障するものでなければならない」というところまで来ていたわけであります。
これは資本の自由に対する大きな制限です。巨大資本はそういう制限があるから、スタグフレーションになったんだ、規制を撤廃して経済を活性化しなければならない、こういう理屈を立てるわけですね。それで次々に規制を撤廃、取り払っていきます。1990年代、規制改革が一気に前進します。
そして特に重要なのは、労働者派遣法ですね。無権利の、権利を奪われた日雇い労働者、それを認める。製造業においても2004年以降、日雇い派遣労働者を解禁する。そういう状況をつくり出した。そして規制撤廃を図ろうとする財界は、労働基準法なんかいらない、労働組合で労働者が団結することはほとんど独禁法違反と同じだと、いわば既成の権力が組織で既得権を奪おうとしている、だから自由主義が制限され、資本主義が活性化しないんだという、ふざけた理屈をつくりながら規制改革を進め、組合の組織をさらに解体させ、資本の景気変動に対応して、少しでも景気が悪くなって生産調整が必要であれば、即労働者を解雇できる。そういう状況をつくり出していったわけですね。
まさに資本の搾取の自由、それを保障するのが新自由主義であった。そして、公的な事業の民営化、これはアメリカがどんどん進めていますし、イギリスでも進展していますけれども、戦後なんとか維持されてきた公的な事業――交通、通信、そして社会保障、教育、医療――それを公的な事業から民間に開放する。民間に開放するとはどういうことか。言うまでもありませんが、私的資本の利潤追求の場にするということです。
◎新自由主義を徹底する菅の新成長戦略
それをさらに徹底しようとして、小泉が郵政民営化を仕上げる。そして2010年6月に出した菅政権の新成長戦略、これはまさに新自由主義をさらに徹底しようという戦略です。その中に置かれているのは、医療の混合医療制度――アメリカで全面展開されておりますが――それを導入する。さらには子ども園ということで、保育所と幼稚園を統合しながら民間企業に開放する。そういうやり方を推進していこうということで、私たちの社会的な生活条件そのものを、いわば所得のあるなし、金があるかどうかによって選別・差別しながら、民間資本による投資の保障をやっていこう。それが新自由主義ということであります。
◎儲けを獲得するためには何でもする
そこで、この新自由主義の一番頂点になるものは何かということですが、儲もうけを獲得するためには何でもやる。儲からなければ即放棄。やめちゃう。儲け、利潤追求が原理、基準ですから、必ずこういうことになりますね。
そして、最後の姿は、株価至上主義・利潤至上主義です。従来の本当に万人に保障していた社会保障、福祉、医療、それを民営化していく。公共交通を排除するということも、そこから始まったわけでありますけれども、そのことによって、どういう状況になっていくか。民営で儲けが基準になりますから、儲かるためには徹底的に雇用を削減する、縮小する。できるだけ安上がりの労働者の雇用を拡大するということになりますし、医療にしても福祉にしてもきちっとした要員を配置しなければできない事業ですけれども、それも十分配置しない。介護事業で老人たちが本当にモルモットにされる。そういう状況が全国至る所につくられてきました。
今、ワタミの渡邉美樹が都知事選に出ようなんて言っていますけれども、ワタミの介護事業の中で、大変な問題が起きているということが明るみに出ています。
そして、それだけではないということですね。儲けが得られないとすれば、即放棄します。儲けが基準ですから。儲からない事業は人間生活に本当に不可欠な事業であってもやめちゃう。ところがそれを政府が保障するのか。保障しようとしない。これが新自由主義の本質です。その最高の姿というのは、新自由主義の中で一番のさばった資本は、金融です。金融機関を支配する資本です。彼らは何を仕事としているか。株とか証券とかを売買するだけで、莫ばくだい大な利潤を拡大する。ホリエモン、村上というのがいましたけれども、その典型です。アメリカの資本は、資本の中心が金融ファンドです。銀行も証券もみな株を買い、株を意識的につり上げ、十分上がったと思ったら、それを売り放つ。郵政民営化というのは、それを日本の中で狙おうとしたわけですね。
こういう状況で金融資本がのさばってきました。その下で起きているのは何か。株を高くするためにありとあらゆることをやります。嘘の宣伝でも何でもいいんです。“この会社の株は上がりそう。高く上がるからみんな買ったらいい”と言って、値をつり上げていく。十分上がったら一気に売却しちゃうわけですね。それは日本の中でも起きました。世界的規模でこの下で起きたのがバブル。繰り返し繰り返しバブルが起き、当然そのバブルの崩壊が起きます。
◎バブルの崩壊でどういう事態が生じているか
バブルの崩壊の下でどういう事態が生じているか。チュニジアでもエジプトでも、中東各国、その前にギリシャがありアイルランドがあった。バブルの崩壊によって、その国の金融機関がめちゃくちゃになる。それを財政が救おうとする。今度は財政の危機になる。民間金融大資本のツケを国家に被せたわけですね。当然のことながら財政危機に陥り、その財政危機の下で何が起きているか。
◎労働者のロボット化――日雇い派遣は、労働者の 奴隷制
さらに徹底した労働者大衆に対する収奪です。それが新自由主義のいわば行き着く姿を明確に表している。株価至上主義というのは、本当に儲かりさえすれば、なんでもやる。そのもとに置かれた企業は、利潤至上主義。金儲けのためにはありとあらゆることをやる。労働者を本当にモルモットみたいに使ってもいい。ロボット化、部品化ですね。
私は、日雇い派遣労働者というのは、資本主義の中でも完全に逸脱していると思います。最低限、資本主義の中で、労働者に保障されているのは、自分の労働力を商品として売る。自分の労働力を商品として売るということは、自分の行う労働に対して、雇用主と法律では対等・平等の契約をしながら、労働条件、賃金を決める。これは商品主体ということです。
ところが日雇い派遣労働者は、自分の働く場の雇用主と契約を結べない。派遣事業者のいわば部品供給と同じような状況に置かれているわけです。これは本当に資本主義の下での労働者の奴隷制ですよ。絶対にこれはやめさせなければならないですね。鳩山民主党政権は、これを見直すと言って、政権を取った。菅首相はもう何も言わない。財界の要求で、これを継続するという方向ですね。

(3)人間の社会関係をすべて物的交換関係に解消
 ここに新自由主義の本質が明確にされていると思います。それは、人間のあらゆる社会関係をモノとモノの交換関係にしてしまう。そういう考え方の下に、その交換関係を資本が自由勝手に支配しようという、これが新自由主義なんです。人間関係、労働者と労働者の関わり、地域の労働者・勤労者の関連、これはモノとモノの交換原理で結びついているのではありません。生活の中の人間と人間の共同・連帯、労働現場における労働者間の共同・連帯、それは交換原理じゃないんです。働く者の共同・連帯関係です。それをバラバラにして、モノとモノの交換と同じようにしてしまう。
そして、労働者の中に自己責任と弱肉強食の原理を浸透させる。これが労働者の団結破壊を狙った新自由主義、その本質です。

【3】新自由主義の矛盾噴出―開き直った新自由主義

(1)失業・生活破壊、組織・人間関係の破壊
この新自由主義はすでに、日本においてもアメリカにおいても全世界的規模で、矛盾が噴出しています。
その矛盾、特に重要なのは、失業・生活破壊、そして組織、この労働組合の組織あるいは生活の中の働く人々の組織、さらに人間関係そのもの、人と人の支え合う関係、それを破壊する。そのもとで何が起きているか。自殺、殺人、消えた高齢者。
◎若者の高失業率
今、アメリカでもヨーロッパでも、そして日本でも、特に重要なのは、若者の就職難、就職ができないことです。ヨーロッパでも若者たちの失業率は30%にも達している。
高校卒業生、大学卒業生に仕事がない。中東で起きた民衆のデモンストレーションのきっかけになったのは、若者の自殺です。それが火を点けたわけですけれども、基盤になっているのは、新自由主義の矛盾の集中的現れに対する民衆の反発、労働者の反発だと言っていいと思います。
こういう状況は、若者だけではありません。新聞にも時々出てきますけれども、社会的に高齢者をきちっと介護する施設が圧倒的に少ない中で、家庭の中で介護しろと、老老介護が押しつけられている中で、老人の自殺、殺人が急増しています。
こういう状況、つまり新自由主義が推進されていくと、人間生活、人間関係そのものが本当に破壊されてしまうということです。
◎民主党政権の欺瞞
その見直しを私たちは求めた。そして民主党の鳩山政権は、言葉では何か民衆の期待に応えて、何かやるんじゃないかという雰囲気をつくった。その欺ぎまん
瞞に乗せられたと言っていいと思いますけれど、一つは新自由主義を見直して資本に対して一定の規制をかけようという考えです。アメリカでもオバマ政権は金融投機を規制して、一応金融規制をやろう、そして公的な保険制度。アメリカは民間の保険会社が圧倒的に支配していますから、それに対して保険会社に保険料を払えない者にも公的保険制度を導入しようということをやり出した。鳩山政権も、コンクリートから人へ、さらにアメリカとの関係においても、普天間基地を県外へと言い出した。それが財界の反発、反撃、そしてアメリカの反対を招いたわけであります。
鳩山は、この間、普天間基地見直し、辺野古基地についてなんで必要なのかという点で、ひどい話をしましたね。「抑止力というのは方便であった」と言った。一生懸命勉強した結果、抑止力が必要だと彼は言った。それを「方便」だと言ったもんだから、みんな怒り出していますけれども、かなり素直な人ですね。本当に方便以外の何物でもない。抑止力じゃなく、アメリカの軍隊は侵略の軍隊なんだから。ともかく対米関係の見直しをしようとした。小沢もそういう考え方を持っていた。
◎「見直し」に対するアメリカと財界の反発
 ――要求の受け入れ
それに対してアメリカが反撃に転じたという状況です。朝鮮半島で意識的に戦争の危機をつくり出しているのは、アメリカ政府と李イミョンバク明博政権です。実は普天間基地は絶対に必要だと、その口実をつくるために、朝鮮半島の戦争の危機を意図的につくり出したんです。
それに菅は自分で何も分析をする頭がないので頭から認めてしまった。菅に取り巻いていたブレーンたちがみんなあきれ果てている。寺島実郎さんなんかは民主党のブレーンとしてやろうとしていたけれども、ほとんどあきらめていますね。北大の山口二郎もそうですね。もうこの頃は、菅に対する罵
ば とう
倒ですね。そんな状況になっています。
財界の要求に対して頭からこれを受け入れて、大競争戦に勝つためには法人税の減税が必要だ、それをやったら財政危機は一層深刻化するから、消費税引き上げが必要だ。そう言い出す。日米同盟が重要だ、抑止力を確保しなければいけないから、普天間基地はそのまま、沖縄県内に移設するだけ。そして、朝鮮半島の危機、それに日米韓一体となって対処する。そういう方向に菅は暴走し始めた。

(2)TPPは究極の新自由主義

そして、日米同盟は軍事同盟だけではない。経済同盟を確立しなければいけないと言って、あたふたとTPP(環太平洋経済連携協定)に参加しなければ日本は沈没すると言い出した。マスコミは、こぞってTPPは「平成の開国」だと。ふざけたネーミングですよね。農産物の自給率はどんどん落ちて今、40%(カロリーベース)。関税だって、ちょっと調査してみれば、農産物関税だけとっても、アメリカやEUのほうがはるかに高いんですよ。十分すぎるほど開国をやってきた。それなのにまた、「平成の大開国だ」と言って、関税をゼロにする。韓国はアメリカと提携を結んで、工業製品のアメリカへの輸出関税をゼロにする。5年以降ですが。そうなると、日本はTPPに参加しなければ負ける、競争に負けるということで、TPP参加の方向で今、協議に入っている。
TPPに関するアメリカの魂胆は明確です。アメリカは、この経済危機、金融危機が続く中で、各国に犠牲を転嫁しながら、負担を転嫁しながら、自国の利益――自国の利益と言ったってアメリカを支配している巨大な金融資本の利益であり、あるいは軍産複合体の利益です――それを各国の犠牲の上で追求していこうということです。TPPは、アメリカのアグリビジネス、農産物輸出資本の輸出拡大を図ることによて、アメリカ資本の利益を確保しようということです。こういう世界大競争戦、それに勝つ手段としてのアメリカの戦略、そこに菅は、日本企業の競争戦対処が重要だと入り込もうというのです。その下で起きるのは何なのか。私は究極の新自由主義とこれをとらえています。
新自由主義がこれだけ、人間・人間関係を破壊してきた。さらにそれを徹底的に推進していくのが、今、菅が指向しているTPPであり、新自由主義の完成、そういう方向だと言っていいと思います。

(3)資本・金融独占体の利潤原理は、人間・人間関係を破壊する

新自由主義の結論は、資本・金融独占体の利潤原理というのは、人間、人間関係を破壊する――資本の支配の下では、人間は生きられない。労働者は人間として生きられないという、そういう状況が現実に明確になっているということです。私は、臨界点――本当にぎりぎりの状況になっていると思います。そして、それが世界的規模で今、それに対する反発が噴きだし始めているということであります。
日本の状況を見ますと、残念ながら世界的に立ち後れている。資本の競争力強化が国益? 国を利用し、労働者に犠牲を転嫁しながら、一握りの巨大資本が自らの利益を追求する。それが大資本の競争力強化だ。その下で起きていることは何か。本当に人間・人間関係そのものの、生きることの破壊だということです。それに対して、全面的に私たちは対抗していかなければならない。

【4】「国鉄闘争全国運動」への期待

◎国家の暴力的不当労働行為反対の旗を降ろしてはならない
第一に、資本、国家の横暴、人間破壊を許さない労働者の団結・連帯の形成を目指さなければならない。その重要な基盤づくりとして、この運動に私は全面的に期待したいと思います。人間・人間関係を破壊させている根本原因である新自由主義を転換させることを明確に目指さなければならない。だからこの新自由主義展開の契機になった国鉄分割・民営化反対、国家の暴力的不当労働行為反対の旗を絶対に降ろしてはならない、ということです。
◎労働者の実力を見せつけるストライキが不可欠
第二に、職場・社会の主人公としての労働者という認識と実力行使です。労働者の実力を見せつける基本はストライキです。労働者が労働をやめたらどういうことになるかを見せつけることです。それで資本を本当に追いつめていくということが不可欠だと思います。
◎社会主義を展望した運動の構築を
資本は社会の主体じゃない――経済・社会の主体には絶対になれない本質を持っている資本が、社会・経済の現実の主体になっているからこそ、様々な矛盾が起きる。人間破壊が起きるという認識を確立しなければなりません。だから人間が人間らしく生きるには、資本の支配を代えなければいけない。そして、代えられる。資本の支配は代えられるんです。その基盤は、労働者の組織的団結・連帯です。
最後に、働く者を主人公とした社会を目指していくこと、言うまでもなく社会主義を目指す、社会主義を展望した運動を構築していかなければならないと思います。
そういう意味で、全国運動に期待をし、私自身やれることを通して協力していきたい、と考えています。

4b780b15cbc5841baee01101965d2b2e

(案内)国鉄分割・民営化で不当解雇から29年 2・14国鉄集会

国鉄分割・民営化で不当解雇から29年 2・14国鉄集会


2月14日(日)午後6時(5時30分開場)
すみだ産業会館8階サンライズホール 東京都墨田区江東橋3―9―10(JR錦糸町駅前の丸井錦糸町店8階)
主催 国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動

 

中四国国鉄集会

2月14日(日)午後0時30分
広島工大広島校舎5階
主催 主催 2・14中四国国鉄闘争集会実行委員会

東海国鉄集会

2月14日(日)午後1時15分
名古屋市教育館第8研修室
主催 東海合同労働組合/池田裁判をともに闘う会

北海道国鉄集会

2月14日(日) 午後1時30分
札幌市教育文化会館研修室402
主催 国鉄闘争全国運動・北海道

東北国鉄集会

2月14日(日)午後1時30分
郡山市ビッグアイ大会議室
主催 東北春闘集会実行委員会

新潟国鉄集会

2月14日(日)午後1時30分
新潟市関屋地区公民館ホール
主催 動労総連合・新潟/新潟地域一般労組  /国鉄闘争全国運動・新潟

九州国鉄集会

2月14日(日) 午後1時30分
福岡市ふくふくプラザ201会議室
主催 国鉄闘争全国運動・九州

沖縄国鉄集会

2月14日(日) 午後2時
沖縄県青年会館1階会議室「珊瑚の間」
主催 国鉄闘争全国運動・沖縄

関西国鉄集会

2月15日(月)午後6時30分
大阪市立港区民センター
主催 国鉄闘争全国運動・関西

国鉄分割民営化1周年 総反撃を開始する 動労千葉中野委員長

分割民営化1周年
総反撃を開始する!

動労千葉第14回臨時大会(1988年4月29日) 中野委員長挨拶 

 今日は、かくも多数の代議員、傍聴者のみなさん、そして来賓、支援団体のみなさまがお集まりいただきましてどうもありがとうございます。
今第十四回臨時大会は、動労千葉がこの一年間の蓄積にふまえて、いよいよJR当局の組織破壊攻撃に対決し、総反撃を開始する宣言を発する大会でございます。

エスカレートする労働組合敵視政策

国鉄の「分割・民営化」が強行されてから一年が経ちました。この一年目の四月一日を前後して様々な注目すべきこと、きちっと見すえなければならないことがらが、いくつか発生しております。それらについて一つひとつ、まず私のほうから申し上げたいと思います。
まず三月段階では、木原線の廃止を中心とする「六三・三ダイ改」が強行され、またもや、要員削減の合理化が強行されました。問題は、これが一般的な合理 化攻撃であったというだけではなくて、このダイ改をめぐる過程で、それがいかに正当で、かつ当たり前のことであっても、労働組合の要求、あるいは職場の要 求を一顧だにしない、一旦提案したことは絶対に変更しようとしない、当局側はがんとして首を縦にふらない、という状況が明らかになってきたことでありま す。
国鉄の最後の一、二年の間におこってきた全くの組合無視、現場無視の姿勢は、今もなお続いております。はっきり言って、国鉄時代よりもっとひどくなって きている。このようなやり方が今現実に職場の中で進行しているということについて私達はしっかり見つめなければならないと考えます。

貨物会社に格差を強行

さらに、今時春闘では、ご存知のとおり、旅客会社と貨物会社にO・1%の格差を強行するということがおきています。発足してたった一 年しか経たず、まだ、会社の業績がどうのこうの言うような状況ではないにもかかわらず、早くも貨物と旅客の格差を強行してくるなど、極めて許すまじきこと です。これが五年も十年も経ってなおかつ赤字で赤字で、というんだったら資本の論理としては、わからないわけではない。しかし、たった一年しかたたないで すでに0・1%の格差を強行する。これは、どう考えても、極めて意図的であり政策的なことであり、われわれは絶対に許すことはできません。全国鉄労働者の 団結を創り上げ、なんとしてもこういう状況を粉砕していかなければならないと思います。

弧制配転者への兼務外しを強行

 

さらに、これに加えて「兼務外し」という攻撃がまたも強行されてきました。今までは、○○運転士兼○○駅営業係というような発令のや り方で、配転が強行されているということになっておりました。それが、四月一日を前後しまして、兼務を外してしまう。だから、強制配転された仲間たちは、 ある日突然、運転士の職名がなくなって、そして営業係、あるいは営業指導係等々の職名を強制されるということがおきています。

鉄道労連・革マルと結託し、不当処分を乱発

そういう状況に加えて、不当処分がまた乱発されてきております。丁度一年前・幕張電車区で発生した旧動労=鉄道労連土屋粋と動労千葉の組合員のいわばト ラブル、トラブルと言っても口でやりあっただけの話でありますが、それだけで彼らは一年後に、三名の仲間たちに出勤停止を含む処分を強行してきたわけであ ります。この件については、当時彼らが「暴力事件」などとデッチ上げて、警察当局に告訴したわけでありますが、そもそもなにもなかった訳でありますから、 警察当局もあきらめざるをえなかったものです。にもかかわらず一年後の今になって当局が処分を強行したのです。
われわれは動労千葉であります。鉄道労連とは、天地ほど開きがあります。考え方も違うし、われわれは、あの連中を労働組合とは認めない。労働組合ならざ る労働組合であります。奴隷の集団であります。従いまして、現場でさまざまな対立が起こるのはあたりまえです。
これに対し、当局側が介入して、片方に処分を強行し、鉄道労連を全面的にバックアップする。今回の不当処分の本質は、こういうことであります。
今回発令された不当処分のもうひとつの理由は、現場長に対し、強制配転について釈明を求めたということであります。
この間の強制配転などについて、組合員が現場で当局.側に釈明を求める、これはあたりまえの話です。ある日突然、「お前は駅に行け」とか言う話になるわ けですから「なんで行かなつきゃいけないんだ」「どんな基準で出すんだ」ということについて釈明を求めるのはあたりまえのことですし、現場長たるものそれ に答えるのがあたりまえです。にもかかわらず、それを理由に賃金カットを強制し、そして処分を強制する。このようなデタラメな理由で、動労千葉が二四名、 国労の四名を含めて二八名の仲間がこの四月に不当処分を強行されるということがおこっております。

横行しはじめた不当労働行為、脱退強要工作

さらに、これもまた四月一日を前後してでありますが、動労千葉の組合員、千葉転支部のK君でありますが、出向から帰ってきた組合員に 対して、元職場である「千葉運転区に戻りたければ所属組合を変えろ」ということを出向先の会社にいる段階で運行部に呼びつけて強制するということがおこっ たわけであります。これはK君だけではなくて、その他にもやはり同じように運行部、いまは支社ですが、支社の非現業の課長、係長クラスの連中が陰湿な脱退 工作をやっている事実が明らかになっています。
例えば五十七年採用の最後に運転士になる予科生の諸君対して、「運転士になりたければ所属組合を変えろ」あるいは、すでに強制配転されている仲間たちに は「元職場に帰りたかったら所属組合を変えろ」とこういう形ですね。動労千葉対する組織破壊攻撃、不当労働行為が横行しはじめたということです。それが公 然と始まりました。

 

役員.活動家を狙いうちし、強制配転を強行

 さらに、4月4日、5日、40名もの強制配転の事前通知がまたもや強行されました。40名中32名が動労 千葉であります。」しかも、実にそのうちの20名を超す人たちが各支部の役員・.活動家であります。僕は、資料をいろいろ見ていたんですけれど、今日は代 議員が51名います。この人達の半分が何らかのかたちで職場を離れています。解雇者もいます。清算事業団もいます。強制配転された仲間もいます。うちの代 議員の半数がそうであります.こういうことが現実の問題として会おきているわけです。

開始された動労千葉根絶攻撃をはね返せ

このような事態のなかで本部は、分割・民営化一周年を期していよいよ彼らが本格的に動労千葉や国労を潰す、根絶するという攻撃にしゃ にむに出てきたんだということについてきちっと認識しなければならなりません。もちろん国鉄当局そうであったし、あるいは分割・民営化強行後今日に至る間 も全国的にこのような攻撃が展開されていました。しかし、この一周年を期してやってきていることは、いままでよりもはるかに数段上回る質をもっているとい うことについて私は、皆さんに猛然たる注意を喚起したい。

 分割.民営化攻撃の破産、至上命令としての動労千葉潰し

それはなぜなのか。われわれは、そもそも分割・民営化攻撃というのは大きく破綻をしている、分割.民営化は失敗をしたんだという認識 にたっております。つまり、それは分割・民営化をやろうとした敵の意図がなにひとつ解決していないからであります。「赤字」の問題しかり。さらに、労働組 合を潰すという最大の目的、これもやはり失敗をしました。
とりわけ、労働組合潰しに失敗したわけでありますから、裏がえしの言い方をしますと、国労の存在、動労千葉の存在、これがいわば分割・民営化攻撃の破産 のいわば象徴的、具体的な実体として厳然と全国に存在しているわけですね。やはりこの存在が潰せない限り、かれらの意図していることが貫徹をできない。
現場には鉄道労連の組合員もいる、鉄産労もいる、国労もいる、動労千葉もいる、こういう状況のなかで常にせめぎあっているわけでありますから、これはも う絶対にどうにもならない。無報酬の時間外労働にしても、あるいは小集団活動にしても、ありとあらゆる問題がすべて常にそこに回帰せざるを得ない。そうい う状況が、この一年間を通しても何一つ決着がつかなかった。決着がつかないどころか以前にもまして拡大をしてしまったわけです。

政治面題・社会問題化せざるを得ない清算事業団問題

この問題は例えば、清算事業団の問題でもそうでありますけど全国で五千名の仲間たちが清算事業団という収用所に強制的に配属させられております。収用されております。この問題はあと二年後には否応なしに極めて大きな政治問題、社会問題にならざるを得ません。
しかし、そうなるのはわれわれが存在し、国労が存在しているからで、そうでなかったならばこれは政治問題にならないのですね。で、彼らはこの問題をどう 解決するのか。動労千葉・国労を潰す以外に解決できないですよね。だから、やはりしゃにむに力ずくで屈服させるというやり方をとらざるを得ない。どうし たって動労千葉や国労の存在を根絶させなければいけない、ということであります。

革マル・鉄道労連の常軌を逸した総転向

国鉄時代、分割・民営化攻撃が開始されて以来、当局と、自民党と、動労革マル、鉄労、これらの集団が結託して目に余るような蛮行をお こない、そしてJRになってからもその形態は鉄道労連というかたちで続いていますけれど、最近のこの状況は、まさに常軌を逸していると言わざるを得ない、 なりふりかまわぬものになってきております。
例えば「内ゲバ」の一方の当事者である佐藤政雄に対して、JR各社の社長、取締役が全部名前を連ねて快気祝いをやるとか、あるいは、この一月、労使懇談 会なるものの席上で松崎が「大東亜共栄圏は必要だった」というような、自民党ですら言えないような、そんなことを言ったら近隣諸国から断固とした抗議がさ れるようなことを労働組合の幹部が発言したり、あるいは、そもそも労働運動の思想とは、ただ働きなどしない、働いたぶんだけはいただく、これが労働運動、 労働組合の原則ですけれども、松崎は「これは、西洋の思想なんだ、ヨーロッパの思想なんだ」「日本はそうじやないんだ」「タダ働きをするということは東洋 思想でこれはいいことなんだ」「タダ働きをすることによって会社がよくなれば数年後には返ってくるからこれでいいんだ」というようなことを公然と言う、さ らには、「賃上げも三年間はがまんしよう」と、春闘でもなかなか賃上げ要求も出さない。これは最後にはしょうがなくて要求したという感じになりましたけれ ど、このようなことをやってコビへつらい、自分の勢力圏を拡大しようというやり方が猛烈な勢いでエスカレートしてきています。

『一企業一縮合』攻撃に失敗した革マル・鉄道労連

しかし、このようなことをいくらやっても、必ず矛盾にブチあたらざるを得ない。その矛盾の最大の問題が動労千葉であり国労なわけですね。それで彼らは、この一年間、全国で三万ぐらいの組織をもつ鉄産総連を全部吸収合併するということに、ある意味では組織対策の
ポイントをおいていました。一方では組織破壊をしながら、他方ではかかえこむというやり方です。
確かに鉄産総連は広島や長野や工場など、崩れたところもあります。しかし、基本的には鉄産総連も足でむこうズネをけっとばして、手で握手しようだって、 これは無理だと、いかに攻撃されても鉄道労連とは一緒にはなれないんだ、というこきはっき決定をせざるを得なかったわけです。
これも何が問題なのかと、言いますと、結局、鉄道労連を革マルが完全に牛耳ってしまったと、そういうところと完全に一緒になるわけにはいかないというの が最大の原因なわけであります。いわば松崎の75%構想、」R当局の75%構想というものは基本的なところでは破産してしまっている。そうなればもう、無 理に無理を重ねた攻撃かける以外にないわけです。

噴出する矛盾、決着を迫る攻撃を開始したJR東日本当局

今年一年間でこの問題の決着つけないと、これ大変な矛盾がいたるところで噴出せざるを得ない。これは、「分割・民営化体制」そのものを崩壊させかねない矛盾であります。
一年間は無理矢理上から強制されているか一応収まってきました。しかし、これは否応なしに、二年、三年と経つうちに大きな矛盾があらゆるところから噴出せざるを得ないという状況になります。
それをおさえこんでしまうためには、勝てば官軍ではありませんけれど、もう無理をとおして、道理を引っ込めるやり方をとらざるを得ない.。頭から全部力 で押さえつけて、どんなに無理をしてでもこの一年間で決着つけなければいけないというのが向こうの考え方、向こうの狙いになってきているということを、 はっきりと見すえなければなりません。彼らは基本的に分割・民営化攻撃の破産に、この一年間で決着をつけるという構えでいるということだろうと思います。
しかし、この攻撃も万全の体制をもってのぞんできているのかといえ、そうではない。非常に大きな矛盾を内部にかかえながらやらなければならないというのが現実です。
例えば、われわれの組織に対する破壊攻撃でも、現場の助役なんかがやればいいんじゃないですか。それがなかなかできないんです。だから、支社の課長だと か、そういうクラスが前面に出てきて個別の労働者に「おまえ動労千葉やめろ」「国労やめろ」ということをやらざるを得ない。

 労務政策最優先に組みかえられた当局体制

  しかし、軽視してならないのは、一年間の間に彼らは、そういう体制に組かえたんですね。この一年間の間で当局の体制は、仕事をどうやるとか、安全がどうの とか、そんなことを言っている助役はだめなんだと、ただ一点動労千葉をブッ欠く、このことを一番やった奴が一番出世するんだというようなことに変わりまし た。
実は昨日、全逓の幹部といろいろ話したんですが、全逓もそうだって言うんですね。マル生当時、小便に行く時にもストップ・ウォッチをもって後から職制が ついてくる。一分遅刻すればマイナス一分とつけられる。全面的な監視で職場が陰湿な感じになってしまった。仕事を知らなくてもそういうことだけやってたや つらだけが出世するわけですね、局長だとかなんとかに。
しかし今、そういうことを急先峰でやっていたような連中が、実際にそれだけでは業務がうまく回らないから、どんどん辞めさせられいるっていうんですね。
現在の千葉支社の状況を見ていると全く同じです。だいたい仕事のできるやつがほとんどいない。むかしみたいに、ちゃんとした技術をもったやつらがほとんどいなくなっています。だから、いろいろな問題がおきてきています。
労務管理などというのは要するにトラの威を借りたキツネではないですが、権力をかさにきて威張りちらすやつ、そういうことが平然できるやつ、そういうこ とが好きな奴だけがやるわけですね。ちょっとでも、人間らしい良心を持っているやつはちゅうちょしちゃうわけですね。

『邪魔者を追いだせ!』

だから、今回の強制配転も、順番とか年齢構成などを考えるのは間違いなんだと、つまり、運転職場で邪魔なやつを出せばいいんだ。そう いうことをやらない区長は、だめなんだというんです。だから、幕張電車区なども、七名中全部動労千葉の組合員ですよ。しかも、それが全部滝口支部長以下、 今度不当処分を受けた人たちです。
しかしこれはまた、矛盾なわけです。レール部門だけでは採算が取れない。だから、本来であれば、民間会社になったわけですから、事業開発をどんどんすす めなければいけない。これが彼らの言っていることですよ。その重要な事業開発に、「問題児」を全部送り込むわ
けですから、うまくいくはずがありません。本来ならそこにこそ最も適した人材を送りこまなかったらうまくいくわけがないんです。受けとった営業では「運転 の『問題児』ばっかり持ってこられても困る、冗談じゃねえ」という話がおこってくるのは当たり前の話しです。

活動家を隔離できれば、赤字でもかまわない

だから今、民間だ、民間だ、営業収入がどうのこうのと口では言いながら、例えばミルクスタンドで一日三千円とか、五千円ぐらいしか売り上げがないような所にちゃんと二人付けているわけでしょう。つまり、隔離するためには赤字でも何でもいいわけですね。
不当介入の問題にしても全部そうです。矛盾がいたるところででてこざるを得ません。だからわれわれは、矛盾をついて、総反撃態勢をつくりあげることがで きれば、この理不尽な攻撃をはね返すチャンスは、いくらでもあるのだということを認識しなければいけないと思います。

沈黙は屈服への道

ある意味では、この一年間われわれはじっと我慢の子でやっておりました。しかし、今後もこのままじっと我慢の子をやっていたら、動労 千葉はそぎ落とされざるを得ません。強制配転された諸君たちは、やはりみんな原隊に復帰したいわけですから、「いい子にしていなかったならおまえ運転士に 返さないぞ」と原隊に復帰するためにゆさぶられる、残った人たちは、また戻ってきたとき「おれが出されるんじゃないか」と、ガラガラゆさぶられる。

 労働運動の原点を見直して

このような状況を突破することが今われわれに求められているんではないか。結局、もう一回原点に立って、自分だけいい子になろうと思 うな、仲間同士団結しよう! 仲間を裏切っちゃいけない。こういう労働運動の、労働組合の、労働者の最低の原点・モラルをもう一回われわれは見直していか なければならないんではないかと考えています。
「そうっとしていよう」「じいっとしていよう」では、敵は堪忍しませんよ。行くところまでいったら「動労千葉をやめない限りおまえらだめだよ。」「国労 でいる限りだめだよ。」というようになります。とことんまでいったらそうなる。それをやらない限り彼らの攻撃は止どまらないですね。 なぜならば、動労千 葉や国労が存在している限り分割・民営化攻撃は絶対に貫徹をしないからです。

 動労千葉・国労が存在する限り、労戦『統一』もうまくいかない。

それだけではありません。動労千葉・国労が存在している限り、右翼労戦「統一」もうまくいかない。「労働戦線の全的統一」というよう なことで、総評も解散という話になってきていまずけれど、動労千葉や国労が存在している限りこれ自身だってうまくいきません。だからもっと高いレベルから 考えても、やはり今の国鉄戦線というのは重要な焦点となってきているというように思います。逆にいうと、われわれがここで断固としたたたかいにたちあがる ことに成功するならば、大変巨大な展望を切り拓くことができます。

はや、ストライキ以外ない!

 われわれは、職場でまあ楽しくとはいいませんが、普通に働きたいんですよ。われわれの要求していることはそれだけなんです。だけど、 彼らは、それを絶対に許さないわけですから、そこまでやられるんだったら、そして、われわれの話す言葉をひとつも耳にいれないとするならば、われわれのや る方法はなにか。ストライキしかないんです。
労働者のあたりまえの権利としてのストライキ権、今現場で起きていることをつぶさに検討しますと非常におもしろい問題があります。国鉄当時はストライキ 権がありませんでした。ストライキ、順法闘争をやると処分された。ですから組合は、ストライキ、順法闘争というのはすぐにやるわけにはいかなかった。まっ たなしに処分がきますから。しょうがないので、現場長との集団交渉をやれとか、いろいろなことを職場に指令したわけです。
だけど今は、現場長との交渉、交渉とまでもいわなくとも、釈明を求めにいく、説明を求めにいくだけで、それが賃金カット、処分の対象になるんですね。つ まり、極端にいうと国鉄当時、処分にならなかったことが今は、処分になる。国鉄当時処分になったことが処分にならない。これは何か? ストライキです。
スト権を得た現在は法律上、ストライキをやっている最中は絶対に業務命令を出すことはできないし、敵は一切介入することができない。むしろ、われわれは ストライキ権をとおして、合法的にいろいろなことができるということを、知る必要があります。今日の大会で、ちゃんとに頭の中を切り換える必要がありま す。われわれは、一年前までは国鉄にいましたからそのストライキのイメージをみんなもっているんですね。だから、今は、ストライキもへっちゃらで、処分も なにもされないにもかかわらず、国鉄当時の意識からきて、「ストライキ、また処分」「ストライキをやったらまたなんか来るんじゃないか。」などと思ってし まうわけです。ところが今は、労働組合がストライキをやろうと決めて、それに対し当局側が「おまえストライキをやめろ」といったらスト破りで、これは処罰 されるんです。こういう関係になるんでわけですが、まだ全組合員の頭のなかが切りかわっていません。だからわれわれは、合法的な手段を全面的に活用して、 これから反撃を開始しようではないかと考えています。

起ちあかろう!満を持して反撃へ!

それをやらなかったらやはり労働組合の意味がない。このことを本日の大会でみなさんと意志統一をしていきたいというように考えているわけであります。
辛苦一年、いよいよ満を持して動労千葉が自らのために、自らの職場のために、そして家族のために、起ち上がろう! ということを決定する大会でございま すので、ぜひとも全代議員、傍聴者のみなさん方の徹底的な討議を心からお願いをしまして、冒頭のあいさつにかえたいと思います。どうも、ありがとうござい ました。

 2016春闘ニュース2号   職場討議資料 2016年を大幅賃上げの年に

大幅賃上げ獲得!  希望者を全員、正社員にしろ!

CTSで働くみなさん。明けましておめでとうございます。年末年始のお仕事、たいへんご苦労さまでした。年が開け、大幅賃上げ獲得に向けた春闘がいよいよ本格的に始まります。

「募集しても来ない」?!  賃金が安いからだ!!

名称未設定-1賃上げは、本当に待ったなしの状況です。
幕張事業所では昨年、ほぼ毎月、退職者がでました。異常事態です。エルダーの方の退職も重なり必要な仕事も回らない現状です。
管理者は「募集しているが人が来ない」と言ってますが当たり前です。賃金が安いからです。
あまりの安さに驚き、働き始めてすぐに辞めた人もいます。車両の日常清掃を回すことで精一杯、ローカルや快速車両の特掃班も十分に組めないなど完全に悪循環におちいっています。
他の事業所でも、京葉事業所では夜勤が8人から5 人になり、君津作業所でも理由もなく日勤が減らされています。

特定の人に矛盾が集中
 泥縄的シフト変更

どんどん人が辞めたり倒れたりする中、急に「夜勤に入ってくれ」「徹夜に入ってくれ」と泥縄的にシフト変更される。特定の人がキツイ仕事に連続して入らざるをえない。計画的な募集も、人員の養成もされない中で、残った人にあらゆる矛盾が集中しています。本社は、この現実をいったいどう考えているのか。普通に働き、普通に食べていけないような職場でいいのか

CTS労組も「大幅賃上げ」の統一要求を掲げともに闘おう

この現実を変えるためには、職場の怒りをひとつに集め、本気になって会社にぶつけなければなりません。
CTS労組は今こそ、動労千葉やCTSに関係する全労組ともに、「大幅賃上げ」の統一要求を掲げて闘うことを決断すべきではないか。全組合員に呼びかけ総行動に立つべきではないか。本気になってCTSを変えるためには、それしかないはずです。
今春闘でなんとしても風穴を開け、2016 年を大幅賃上げ獲得の年としよう。
職場から一人ひとりが、声を上げていきましょう!

군대위안부 문제에 관한 한일 외교 장관 회담 ‘합의’ 를 철저히 규탄한다

軍隊慰安婦問題に関する日韓外相会談「合意」を徹底弾劾する

작년말 12월28일 서울에서 진행된 한일 외교 장관 회담에서 일본군대위안부 문제에 대한 한일 정부의 전격적인 합의가 이루어졌다.

군대위안부 문제에 대해 “최종적이고 불가역적인 종지부를 찍는 것”을 최대 목적으로 하며 한국정부가 위안부 할머니들을 위한 재단을 설립하며 이에 대해 일본 정부가 10억 엔을 출연한다는 내용이다. 게다가 일본정부는 그 조건으로 서울 일본대사관 앞제 서 있는 소녀상의 철거를 요구하며 한국정부 측은 “관련 단체들과 협의하고 적절하게 대처하겠다”고 해서 사실상 일본측 요구를 받아드린 것을 밝혔다.

앞으로 군대위안부 문제에 대한 모든 문제제기를 봉쇄시키고 소녀상까지 철거할 것으로 한 이번 ‘합의’를 우리는 절대로 용서할 수가 없다.
일본 제국주의 전쟁범죄를 규탄해 온 할머니들의 투쟁을 일본 정부의 내용 없는 ‘사과 말’과 10억 엔의 푼돈으로 압살 하는 것은 과거 식민지 지배 역사와 할머니들의 존재 그 자체를 말살하는 것이다. 이렇게 비열한 ‘합의’로 일본제국주의 전쟁 범죄의 역사를 지워 버릴 수는 절대로 없다.

이 ‘합의’는 군대위안부 문제만에 머무는 것이 아니다. 조선,중국,인도네시아,필리핀 등 아태지역 전역에서 자행된 일본제국주의의 헤아릴 수 없는 만행에 대한 투쟁을 봉쇄하고 전쟁 범죄의 모든 역사들을 없었던 것으로 하려는 공격이다.

외교 장관 회담이 진행된 작년말은 민주노총이 박근혜 정권의 노동개악 절대 저지를 내걸고 임전 태세에 들어가 있었던 시기다. 이 민주노총 투쟁에 대해 도전하듯이 군대위안부 문제를 둘러싼 타협이 한낮에 당당하게 진행된 것이다. 한국 일본 언론들 그리고 야당을 포함한 일본 정치권은 일제히 ‘환영’의 목소리를 냈다. 하지만 한국의 노동자 민중은 이 ‘합의’에 대해 바로 탄핵성명을 발표하여 철저 탄핵 투쟁을 시작하고 있다.

이번 ‘합의’를 통하여 한일 정부는 ‘안전보장 협력 추진’이란 입장을 공공연히 밝혔다. 일본군위안부 문제 등 한일간 대립각을 조속히 해소하며 일본 정부에 면죄부를 주는 것으로 한일 군사동맹 구축, 한일미 공동작전체제 완성을 가속화 시키는 것이 그 목적이다. 또 아베 정권은 이 ‘합의’를 바탕으로 조선반도 에 대한 자위대 파병을 책동하는 등 더 다시 동아시아에서 가장 흉포한 전쟁 방화범으로 등장 하려는 움직임을 시작하고 있다.

민주노총은 다음과 같은 선언을 발표하며 2016년 투쟁을 시작했다.
“박근혜 정부는 침략동맹의 걸림돌인 식민지 과거사를 지워버리려 하지만, 역사에서 지워야할 것은 박근혜 정부의 굴욕협상이다. 민주노총은 위안부 할머니들의 아픔을 기억하며, 청년학생 및 시민들과 함께 소녀상의 곁을 지킬 것이다. “

우리는 이 선언을 단호 지지하며 일본제국주의가 총력을 기울인 12.28한일 ‘합의’ 익찬 공격을 분쇄하며 민주노총 동지들과 함께 투쟁해낼 것이다.
우리는 국철 투쟁을 기축으로 직장 생산점에서 외주화 반대, 비정규직화 반대, 노동법제 개악 절대 반대의 팽배한 투쟁을 만들어 내고 개헌과 국가총동원체제 구축을 저지하기 위해 투쟁해낼 것이다. 이 투쟁으로 침략전쟁 역사를 청산하고 나서 새로운 조선 침략전쟁으로 돌진하려는 아베 정권을 반드시 타도할 것이다.

이상 선언한다.

2016년1월8일
도로치바 국제연대위원회

「軍隊慰安婦問題に関わる日韓外相会談「合意」を徹底弾劾する」 動労千葉国際連帯委員会

昨年末12月28日、ソウルで行われた日韓外相会談で日本軍軍隊慰安婦問題について日韓間の電撃的「合意」が行われた。

軍隊慰安婦問題に「最終的かつ不可逆的に終止符を打つ」ことを最大の目的とし、韓国政府が慰安婦にされたハルモニたちのための財団を立ち上げ、そこに日本政府が10億円を拠出するというものだ。しかも日本政府はその条件として、ソウルの日本大使館前に置かれている少女像の撤去を要求し、韓国政府側は「関連団体と協議して適切に解決する」として事実上日本側の要求を受け入れることを明らかにした。

軍隊慰安婦問題に関する提起を今後一切やめさせて、少女像まで撤去するとしたこの「合意」を絶対に許すことはできない。

日本帝国主義の戦争犯罪を糾弾し続けてきたハルモニたちの闘いを日本政府の薄っぺらな「おわび」と10億円のはした金で封殺してしまうことは、過去の植民地支配の歴史とハルモ二たちの存在そのものの抹殺だ。こんな卑劣な「合意」で日本帝国主義の戦争犯罪の歴史を消し去ることは絶対にできない。

この「合意」は軍隊慰安婦の問題にとどまらない。朝鮮、中国、インドネシア、フィリピンなどアジア・太平洋全域で行われた日本帝国主義の数々の蛮行に対する闘いを封殺し、すべての戦争犯罪の歴史を無かったものにしようとする攻撃だ。

外相会談が行われた昨年末は、民主労総がパククネ政権の労働改悪絶対阻止を掲げてゼネスト臨戦態勢に入っている時だ。この民主労総の闘いに挑戦するかのように軍隊慰安婦問題をめぐる妥協が白昼堂々と行われたのだ。韓国や日本のマスコミ、野党も含めた日本の政界は一斉に「歓迎」の声をあげている。しかし、韓国の労働者民衆はこの「合意」に直ちに弾劾声明を発して徹底糾弾の闘いを開始している。

今回の「合意」を通して、日韓米政府は「安全保障における協力の推進」を公然と表明した。日本軍慰安婦問題などの日韓の対立点を早急に解消し、日本政府に免罪符を与えることで日韓軍事同盟構築、日韓米による共同作戦体制の完成を加速化させることが目的だ。また安倍政権はこの「合意」を足場に、朝鮮半島への自衛隊出兵を策動するなど、再び東アジアにおける最も凶暴な戦争放火者として登場する動きを強めている。

民主労総は、1月4日、次のような宣言を発し2016年の闘いの火蓋を切った。

“パククネ政府は、侵略同盟の障害物である植民地の過去の歴史を消そうとしているが、歴史から消さなければならないのはパククネ政府の屈辱交渉だ。民主労総は慰安婦ハルモニたちの痛みを忘れず、青年学生及び市民らとともに少女像をそのかたわらで守る。”

私たちは、この宣言を断固として支持し、日本帝国主義総がかりの12・28日韓「合意」の翼賛攻撃を粉砕し、民主労総と共に闘い抜く。

私たちは、国鉄闘争を基軸に、職場生産点から外注化、非正規職化、労働法制改悪絶対反対の闘いを澎はいと巻き起こし、改憲と国家総動員体制の構築を許さず闘い抜く。もって、侵略戦争の歴史的な清算から新たな朝鮮侵略戦争に突き進む安倍政権を必ずや打倒する。

以上宣言する。
2016年1月8日

動労千葉国際連帯委員会