支社課員・指導員等の乗務は再びの東中野事故につながる/組織部報No.19

乗務員勤務制度改悪 絶対反対!①

支社課員・指導員等の乗務は再びの東中野事故につながる

 乗務員勤務制度改悪提案では、指導員や支社課員、当務主務(当直)に定期列車への乗務を指定するとされています。それは乗務員勤務制度そのものの解体につながるものであると同時に、鉄道の安全を破壊するものです。絶対に認めてはなりません。

会社の過密ダイヤ・効率優先と広域配転・業務移管が原因

 1988年の東中野事故は運転士を含む2名の死亡者、116名の負傷者を出す深刻な事故でした。会社は責任逃れのために「運転士が停止信号を冒進したミスが原因」としましたが、すべての責任は会社にありました。過密ダイヤで慢性的に遅れが出る中、会社は文書までだして「輸送混乱時には停止信号を超えて進め」と指導していたのです。
 しかも当時、組合つぶしのために広域配転や業務移管が盛んに行われていました。それまでは津田沼運転区(当時)が当該線区を担当し、列車がどう詰まっていくか、運転士同士でどう動くかということが共通認識になっている中で運行されていました。それが解体され、北海道などから来た運転士や他の区の運転士などが入り混じる中での事故でした。

支社・指導員・当直の「片手間乗務」は安全を破壊する

 支社課員が定期行路に乗務するようになれば、早朝に片手間で乗務したあとに支社業務をやる。様々な業務が立て込む中で、自分だけは3時や4時に帰るなどできるでしょうか? 結局、早朝から夜まで働かざるを得ない。指導員もダイ改時などに多忙を極めながら乗務をしなければならない。「これまでは乗務の必要はなかったのに、なぜ自分たちだけ乗務しなければならないのか」という思いを抱えて乗務することになります。
 ラッシュの一番遅れがでて混乱する時間帯にそういう列車が混ざる。その小さなズレが大事故につながるというのが東中野事故の教訓です。再びの東中野事故を許すわけには絶対にいきません。ともに乗務員勤務制度改悪反対の声を職場からあげよう。

11・4全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進への賛同と参加のお願い

参加のお願い.PDF

改憲・戦争、労働大改悪と闘う
11・4全国労働者総決起集会/改憲阻止!1万人大行進への賛同と参加のお願い

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部
全国金属機械労働組合港合同
国鉄千葉動力車労働組合
国鉄分割・民営化に反対し、1047名解雇撤回闘争を支援する全国運動
改憲・戦争阻止!大行進

 「闘う労働組合の全国ネットワークをつくろう」と訴えて始まった11月労働者集会は今年で21回目を迎えます。その旗の下に結集して下さった全国の皆様に心から感謝申し上げます。
 安倍首相は8月12日、秋の臨時国会に、自民党改憲案を提出すると表明しました。9月の党総裁選で、改憲を主要な争点に掲げ、「2020年新憲法施行」に向けて強引につき進もうとしているのです。米トランプ政権は国家主義をふりかざし、激しい関税戦争、国際的争闘戦に踏み出しています。
 戦後70余年にわたって阻んできた改憲・戦争への扉が開かれようとしています。憲法9条に自衛隊保有を明記すれば、9条はその意味を失い、戦争を合法化する条項に変質します。「戦争だけは二度としてはならない」「改憲は絶対許してはならない」は、戦後日本労働運動の最大の原点でした。改憲とは労働運動・労働基本権を解体し、民主的な社会のあり方を根本から覆す攻撃です。
 安倍政権は、国会前を埋め尽くした怒りの声をふみにじり、「働き方改革一括法案」を強行採決しました。それは、「戦後70年のなかで最大の転換」と自ら称したように、戦後労働法制を最後的に破壊するもう一つの改憲攻撃でした。過労死を合法化し、労働者を総非正規職化し、「労働組合の存在しない社会」をつくろうとしているのです。労契法の「無期雇用転換」をめぐり、数百万人もの非正規職労働者が首を切られ、あるいは「一生最低賃金」を強制されています。
 その一方で、国会審議の大半が、森友・加計問題をはじめ、政権の腐敗と権力犯罪を居直るために重ねられたウソ、詭弁、口裏合わせに費やされたのです。民主主義は窒息し、国家暴力だけが横行しています。
 労働運動は激しい攻撃にさらされています。JRの職場では、経営幹部が首相官邸に呼びつけられたことを契機に、わずか数ヵ月の間に3万5千人が組合を脱退する激しい労組破壊攻撃が始まっています。民営化に率先協力した御用組合までつぶし、JRをバラバラに分社化し、労働者を転籍に駆り立てようとしているのです。動労千葉は、今も、国鉄分割・民営化から総評解散に至った戦後最大の労働運動解体攻撃に抗し、労働運動の変革をめざして闘いぬいています。
 全日建連帯労組関西地区生コン支部は、強力な団結力を武器に、ゼネコンやセメントメーカーの収奪にあえぐ中小企業を協同組合に組織し、巨大資本が支配する産業構造に立ち向かう画期的な産業別労働運動を組織しています。今、その闘いに権力と資本が一体となった大弾圧が襲いかかっています。それは、全国金属機械・港合同が「団結は労働者が生きるための崇高な権利」と訴えて地域を一つの労働組合として組織し、関生支部と共に大阪に築きあげた闘いの拠点を破壊する攻撃でもあります。
 一方、安倍政権と資本の手によって連合最大労組に育成されたUAゼンセンは、9月の大会で「憲法9条2項を削除し、自衛隊を明記する」という「国の基本問題に関する方針」を決定しようとしています。
 かつて労働運動が解体され、産業報国会に再編されたとき戦争は現実のものになりました。その歴史の教訓を今こそ見すえなければなりません。
 30年に及ぶ新自由主義攻撃は、膨大な労働者を非正規職に突き落とし、団結と権利を打ち砕き、社会保障、医療、教育を破壊して暴れ回りました。西日本豪雨災害は地方切り捨て政策が生み出した国家犯罪です。もうすべてが限界です。怒りの声は社会の隅々に積みあがっています。その声は韓国では「ろうそく革命」となってパククネ政権を倒し、アメリカでは「教育崩壊」の恐るべき現実に対し「ラストベルト」の教育労働者が一斉にストライキに立ち上がっています。11月集会・1万人大行進には世界各地から闘う仲間たちが結集します。今こそ闘う労働運動を甦らせよう。改憲発議を絶対に阻止しよう。新自由主義攻撃を終わらせよう。労働者の国際連帯闘争を発展させよう。沖縄や福島、三里塚の怒りと共に闘おう。表記集会への参加と賛同を心から訴えます。

◎日 時 2018年11月4日(日) 正午~ 全国労働者総決起集会
14時~ 改憲阻止!1万人大行進 ※15時20分デモ出発
◎場 所 東京・日比谷野外音楽堂
◎賛同金 個人一口500円 / 団体一口1000円(一口以上でお願いいたします)
◎振込先 郵便振替00140―5―605635 / 加入者名 国鉄千葉動力車労働組合
◎事務局 千葉市中央区要町2―8DC会館 ℡043(222)7207 FAX043(224)7197

支援する会 2018定期全国総会が開催されました

 7月14日、動労千葉を支援する会2018年度定期全国総会を開催した。動労千葉を支援する会は80年代の国鉄分割民営化攻撃に対する動労千葉の2波のストライキを支える1億円支援基金運動から出発した。わずか数ヶ月で9580万円を集めた。
 それから31年、動労千葉が乗務員勤務制度解体攻撃と対決し「分割・民営化以来の決意で数波のストライキに立つ」ことを宣言した。総会は、支援する会の設立の原点に立ち戻り、動労千葉の闘いに全力で支援・連帯することを確認した。

(2018年度、各地運営委員の方々)

国鉄闘争全国運動7・1全国集会を開催

9条改憲・国会発議許すな!改憲阻止の先頭に国鉄闘争の旗を
国鉄1047名解雇撤回! 労働委員会闘争に勝利しよう!
乗務員勤務制度改悪阻止! 第三の分割・民営化攻撃粉砕!

 7月1日、東京・江戸川区総合文化センター大ホールに全国から1500名が結集し、国鉄闘争全国運動の全国集会がかちとられた。
 6月29日、安倍政権は「働き方改革」法案の成立を強行した。それは、長時間労働問題のみならず、労働者の団結と権利、労働基本権を根本から打ち砕く、「戦後70年の歴史の中で最大の転換」攻撃だ。
 7・1集会は改憲阻止の先頭に国鉄闘争の旗を掲げ、そして労働法制の大改悪と立ち向かう集会として勝ち取られた。

“国鉄闘争全国運動7・1全国集会を開催” の続きを読む

春闘CTS本社団交 生活できる賃金よこせ

CTS団交 本社前で交渉員と一体で春闘行動を展開

4月12日夕、CTSでの春闘団交が開始された。動労千葉は組合員が各支部から駆け付けCTS組合員とともにCTS本社前で要求を突きつける行動を展開した。

9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう! 安倍を監獄へ 3・25大行進

9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう!3・25大行進 in HIBIYA

午前中、品川駅前で会場のホテルへむけて改憲発議を策動する自民党の党大会への抗議行動をおこない。13時より日比谷野音で全国から参加した労働者、市民、学生らと集会を開催し大デモ行進をおこなった。

 

“9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう! 安倍を監獄へ 3・25大行進” の続きを読む

これが「団交」の実態、千葉派出縮小絶対反対/組織部報No.7

動労千葉 組織部報 第7号 2018年3月13日

これが「団交」の実態だ!

千葉検査派出縮小絶対反対!

 千葉支社は、4月1日から千葉検査派出の体制を縮小しようとしている。現在の4徹体制を2徹に半減させるというのだ。一宮、鴨川、木更津、銚子派出は2012年に外注化されている。だから千葉派出だけで房総全域の対応をしているのが現実だというのに、それをわずか2徹にしてしまうというのだ。車両の不具合が生じても、2徹ではどこにも出動できない。運転保安や異常時対応を放棄してしまうに等しいやり方だ。だからわれわれは絶対に反対している。

労働組合とは呼べない!

 この件に関し、東労組千葉地本は、「組合員の付託に応え団体交渉を行った」と言っている。だが、実は団交とは名ばかりのものであった。「本施策の実施にあたっては、組合員の理解が深まるよう丁寧に説明すること」と言うだけで反対のハの字もない。団交をやる前から容認してしまっている。しかも団交には現場の組合員は誰も出ていない。申し入れは解明を含め8項目あるのに、何と20 分たらずで終わってしまったという。1項目2~3分!? これでは「団交をやった」と言って組合員をだましているようなものだ。職場・仕事がどんどんつぶされていこうとしているのにこれが東労組の現実だ。こんなものを労働組合と呼ぶことはできない。国労も申し入れすら出していないという。

声をあげよう、共に闘おう!

 「日刊」で報告したように、保線では、3月5日、丸ごと別会社化していこうとする外注化拡大提案が出された。検修職場で外注化がずっと遅れてきたのは動労千葉が闘い続けてきたからだ。千葉検査派出縮小反対! 外注化拡大を許すな! 働く者ために声をあげる労働組合が必要だ。動労千葉に結集し共に闘おう!

動労千葉の本領を発揮する時が来た/組織部報No.6

 動労千葉 組織部報 第6号 2018年3月12日

動労千葉の本領を発揮する時が来た

動労千葉OB会長 永田雅章

 31年前に国鉄分割・民営化と闘って解雇されました。この日が来るのをずっと待ってきました。いよいよ俺たちが本領を発揮する時が来たことをハッキリさせたい。30年前の決意をいま思い出してほしい。「国鉄分割・民営化は絶対に間違っている。それに協力する革マル、今の東労組幹部の連中は本当に許せない」という立場で闘った2波のストライキだった。
 そしていま安倍政権が改憲と戦争に向かっていく情勢を迎えています。国会では労働法を改悪し、労働組合を解体しようとしています。そのために無理をしてでも東労組・革マルと縁を切って再編し、安倍政権と一心同体で行く攻撃だと思います。
 そのことを何よりも30年闘ってきた俺たちがJRで働くすべての人に訴えなければならない。1047名の解雇について最高裁でさえ不当労働行為だと認めた。外注化反対で闘った裁判闘争も、地裁が不当判決でも、高裁では1回で結審できずに審理せざるを得ないところに持ち込んだ。それはなぜか。動労千葉を始めとする動労総連合の団結の力だと思います。
 30年が経ってJRで当時のことを知っている人もいないと思う。みんなで職場の人たちに「団結して闘えば勝てるんだ」ということを見せる必要がある。あの時の気持ちになってまなじりを決して闘う時はいまなんだということをはっきりさせないといけない。OB会も先頭に立って闘います。
(3月5日 動労千葉緊急総決起集会での発言)

「写真の皆様へ」を叩き返しました/組織部報No.4

動労千葉 組織部報 第4号 2018年3月7日

「社員の皆様へ」を勤労に叩き返しました!

会社が全出向者に不当労働行為文書を送付

 会社は、出向者全員に社長名で出された「社員の皆様へ」や人事部の「勤労速報」を家まで送付しています。職場に掲示されているものを、わざわざ出向者一人ひとりに送るなど異常事態です。
 しかも、内容は東労組と会社との対立について会社の見解を述べ、「社員の皆様のご理解とご協力を期待」するというものです。なぜ動労千葉の組合員にまで、こんな文書を送ってくるのでしょうか? 会社のやっていることは不当労働行為そのものです。
 中身を読めば、「生産性向上」「労使共同宣言」について書かれています。東労組は、生産性向上について、「実施に時間がかかっていることは認識している」「誠実に対応する考えに変わりはない」という立場です。「生産性向上」とは労働者の権利を奪う合理化です。労働組合が合理化提案に「誠実に対応する」とは何事でしょうか。労使共同宣言についても、会社が「失効した」といわれたことに、東労組は「破棄した事実はない」と泣きつく以外できない状態です。
 動労千葉組合員は家にまで送りつけられた「社員の皆様へ」を勤労課に叩き返しました。動労千葉は組合員の、そして職場の仲間達の団結の力を信じて闘う労働組合です。動労千葉は反撃に立ち上がります。すべての仲間は動労千葉に結集し、ともに闘おう!

「東労組崩壊」の本質 今こそ職場に闘う労働組合を!

 JR東日本は、東労組が「指名スト」方針を決定したことをきっかけに、東労組への攻撃を一斉に開始した。支社課員、管理者、ポテンシャル採用者などが、各地で続々と東労組から脱退している。その人数はすでに数千人に及んでいるという。会社から管理者層に「脱退」の指示が出されていることは明らかだ。管理者と言ってもそれは1万人規模にのぼる層だ。事態が一気に拡大していくことは明らかだ。JR東日本は、30年以上にわたる労務政策を転換し「東労組解体」に全面的に踏み出したのである。

「東労組崩壊」の本質 今こそ職場に闘う労働組合を!

3月ダイ改合理化粉砕! 18春闘勝利!組織拡大!
動労千葉緊急総決起集会
3月5日(月)18時から、DC会館

「東労組崩壊」の本質 今こそ職場に闘う労働組合を!

委員会宣言

 本日われわれは、DC会館において、第78回定期委員会を開催し、「東労組崩壊」情勢の中で第3の分割・民営化攻撃=全面外注化と分社化・転籍強制の攻撃と対決し、18春闘勝利、3月ダイ改阻止、組織拡大の闘いに全力でたちあがる方針を確立した。
 安倍政権は「2020年新憲法施行」を宣言し、国会では「総非正規職化・解雇自由」社会をつくろうとする「働き方改革法案」が審議されている。あらゆる攻撃が「2020年」を焦点に動き出し、戦後史の重大な転換が目の前で進行している。「改憲阻止」は、戦後日本労働運動の一貫とした最大の課題だ。改憲と戦争が具体的日程にのって進められることに対し、全ての怒りの声を結集して闘いに起ち上るときだ。
 30数年に及ぶ分割・民営化反対闘争の集大成と言うべき重大な攻防が始まっている。改憲と核戦争を阻む戦後最大の決戦が訪れたからこそ、国鉄闘争の意義はますます高まっている。それは、すべての出発点が国鉄分割・民営化だったからだ。動労総連合1047協議会の仲間とともに、「1047名解雇撤回」の旗を高く掲げて新たな闘いにたちあがろう。
 東労組が「指名スト」方針を決定したことをきっかけに、管理者層を中心に各地で脱退が相次いでいる。JR東日本は30年に及ぶ労務政策を転換し、「東労組解体」に全面的に踏み出したのだ。それは単に東労組への攻撃ではなく、JR体制大再編の新たな攻撃に会社が本格的にのり出したということだ。鉄道業務を無数の子会社・孫請会社に分割し、JRに働く労働者には転籍を強制していく「水平分業」攻撃だ。雇用・賃金は根本から破壊され、職場に限界をこえた労働強化をもたらし、鉄道の安全は破壊され、「選択と集中」の名の下に非採算線区は廃線に追い込まれていく。まさに「第3の分割・民営化攻撃」だ。われわれは、この攻撃の本質を真正面から見すえ、「団結さえ崩さなければ展望は必ず生まれる」との確信のもと、断固として闘いぬこう。
 18年に及ぶ外注化阻止の闘いは、「第3の分割・民営化」攻撃の核心である外注化・転籍攻撃を10年以上遅らせる力になった。職場の怒りと結びついたとき、動労千葉の闘いは決して小さな力に終わらなかった。職場闘争と裁判闘争を一体で闘い、外注化攻撃を粉砕しよう。大量退職を逆手にとった卑劣な組織破壊策動と、外注化拡大の攻撃を粉砕し、定年延長と65歳まで働きつづけることができる労働条件確立へ闘おう。
 ダイ改ごとに乗務員への耐え難い労働強化が強制され、地域そのものを切り捨てる列車削減が狙われている。それは、「国家の利益にならないものは淘汰する」という国家政策としての攻撃だ。内房線、外房線の地域住民が闘いにたちあがったことは、地方に怒りが積もり積もっていることを示している。乗務員への異常な綱紀粛正攻撃を許さず、3月ダイ改―「選択と集中」によるローカル線切り捨て攻撃と闘おう。反合・運転保安闘争を全面的に強化し、定年延長、本線運転士の高齢者対策実現まで闘いぬこう。
 18春闘は、CTSにおける「無期転換しても最低賃金」という現状を打破し、JR貨物の新人事・賃金制度粉砕、大幅賃上げをかちとる闘いだ。それは、最低賃金の「名ばかり正規職」を膨大に生み出すことで「総非正規職化、解雇自由」社会をつくる「働き方改革」攻撃との対決でもある。JR―CTSを貫く闘いで、「組織拡大春闘」として全力で闘いにたちあがろう。
 組織拡大の一点にかけて全ての組合員が全力で闘いにたちあがろう。被曝労働拒否を闘う動労水戸をはじめとした動労総連合、三里塚、沖縄、福島など、全ての闘う仲間たちとともに、この闘いの中から階級的労働運動の復権をかちとろう。
 右、宣言する。
 2018年2月25日
 国鉄千葉動力車労働組合 第78回定期委員会

『日刊動労千葉』全バックナンバー公開

『日刊動労千葉』全バックナンバー公開作業を完成いたしました。

『日刊動労千葉』を最新号(更新中)まで全号のバックナンバーの公開作業を完了いたしました。1976年1月8日創刊以降41年間、最新号/第8371号(2017年12月2日)発行まで(以降更新中)の全号を公開しております。

「闘いはこれからだ」をスローガンに多くの仲間の労組・労働者と支援の方々とともに闘う労働組合を全世界で蘇(よみがえ)せ「戦争を止めよう 解雇撤回・JR復帰」の闘いの旗を掲げてこれからも奮闘いたします。共闘とご支援をお願いします。

外周地域にエルダーの働く場を確保しろ!

7・25団体交渉―会社回答 「外周地域に就労すべき勤務種別ない」はウソだ!(日刊動労千葉No.8316)

「勤務種別ない」と繰り返すのみ

 今年度のエルダー就労先については、木更津支部3名 、幕張支部1名、佐倉支部1名が雇用契約を結ばず、再提示を求めて闘ってきた。JR・CTSとの交渉を重ねる中で、1名についてはCTS木更津事業所に再提示することが確認されていた。
 しかし、JR・CTSは5月になって「木更津にはエルダーが就労すべき勤務種別がない」などといって再提示を拒否してきた。
 その中で7月25日、外周地域にエルダー社員の就労場所を確保するよう要求した申28号に基づきJR千葉支社と団体交渉を行った。
 交渉の中で千葉支社は、外周地域の雇用の場の確保について、「CTSにおいてエルダーを配置する勤務種別がない」と繰り返すのみで具体的回答を拒否してきた。
 しかし、そもそも、木更津や館山にはエルダーが配置されてきた実績がある。エルダーが就労する条件はあるのだ。そこに「勤務種別」など関係ない。この点を追及された会社は、ただ沈黙することしかできなかった。

(画像 8・1現在も各地で募集継続【CTSホームページより】)

日刊『動労千葉』 バックナンバー全号公開

 これまでは日刊『動労千葉』(従来表示版・テキスト版)のバックナンバーは、サイト開設後の2001年度発行以降号の掲載でしたが、このたび全号の公開を行えることになりました。すべてPDFファイルでの公開です。

【日刊『動労千葉』/年(-月-各号)索引】

 1979年の創刊号から2017年7月までのNo.1~No.8300までの全号を掲載いたします。一部(1979年、1980年、1985年)年度は準備中です。この三年分以外は公開しております。動労千葉の歴史と闘いの記録をご活用ください。残る年度分もさらに作業を推進しております。

「たたかいのときはいま!」記念すべき創刊号(No.0001)の画像です。創刊No.0001号

支援する会 2017定期総会開催される

2017年度の「動労千葉を支援する会」の定期総会が開催されました。

お忙しい中を全国から動労千葉を支援してくださる仲間が各地の会代表の方々を始め多くの会員にお集まりいただき盛況に開催されました。組合からもも多数、第一部の総会議事と第二部の懇親会に参加しました。

開会と連帯のあいさつにつづき、代表から運動方針案が提起され、つづいて動労千葉からは田中委員長が「動労千葉からの提起」を行いました。討論とまとめのあと、運営委員が選出されました。(上写真)

「解雇撤回・JR復帰」署名3万4860筆を越える

解雇撤回・JR復帰させろ

 7月20日現在、「解雇撤回・JR復帰」を求める署名は3万4860筆も集まっている。
 この署名は、最高裁が「名簿不記載基準は不当労働行為」と明確に認めたことをもって、JRにその責任を問う署名だ。これほど多くの人からJR東日本自身に向けられた署名の受け取りさえ拒否するというのだ。本当に許し難い! 会社はただちに3万4860筆の署名を受け取り、団体交渉を開催しろ!
 国鉄分割・民営化から30年。今まさに改憲と戦争が現実のものになろうとしている。さらに、戦後労働法制が根本から解体され労働者の権利が破壊されようとしている。
 国鉄闘争の闘いは、まさに現在の課題だ。

国鉄1047名解雇撤回・JR復帰をかちとるまで全力で闘おう。


新刊紹介

国鉄分割・民営化と闘って30年
労働運動の変革をめざして
2017年6月30日発行 定価:1800円+税/(国鉄闘争全国運動)編

第17期労働学校始まる

 2017年度の動労千葉主催による労働学校第17期が開校。
 新学期初日の4月15日では校長挨拶と学校生全員の自己紹介につづき、初回は「◆動労千葉の歴史とたたかい」「労働運動の変革をめざして-動労千葉が歩んできた道」のテーマで委員長・田中康宏が講師として登壇。
 講演のあとに懇親会が開催され新規生徒をまじえ皆さんの職場のたたかいぶりを交流しました。

参加の学校生。それぞれ自己紹介と学習への抱負を語る

委員長・田中康宏が初回講座の講師をつとめました。

多くの労働者と青年の参加募集中。カリキュラム・・ 労働学校案内

2017年5月20日(土) 13:00~
◆『共産党宣言』を読む/講師 白井 徹哉(ちば合同労働組合書記長)
 「妖怪(ようかい)がヨーロッパに出没している-共産主義という妖怪である」で始まる共産党宣言を現代に復権する。