写真速報 共謀罪強行成立弾劾! 6・11銀座デモ→国鉄集会

6月15日朝、参議院本会議で「共謀罪(テロ等準備罪法)」のだまし討ちというべき採決強行が行われた。「2020年東京五輪・パラリンピック、国際行事を安全に開催するため」と。
しかし、「共謀罪」は世界史的に見れば1200年代王政下の英国に存在し、15~19世紀に農民運動や労働組合の弾圧につかわれた。時の支配者の悪政に農民・労働者が団結(=共謀)して立ち向かうことを罰するための「法」なのだ。
朝鮮半島での戦争の切迫の中で、労働組合破壊や戦争反対運動を潰すための最悪の法律、治安維持法の再来だ。
だが、加計学園問題や「レイプ事件」もみ消し工作など、安倍政権こそ「国家的犯罪集団」として徹底弾劾し、監獄にぶちこまなければならない。労働組合の第1級の課題として共謀罪と闘い抜こう!

共謀罪とめろ、銀座デモ(新橋・桜田公園~東京駅 6月11日午前)

国鉄闘争全国運動 6・11全国集会
国鉄分割・民営化から30年 ―戦争と民営化に反対する新たな戦いへ―
(2017/06/11 江戸川総合文化センター)