Statement Opposing US President Barack Obama’ Visit to Hiroshima Action Committee for the 71st Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima on August 6th

Statement Opposing US President Barack Obama’ Visit to Hiroshima

Action Committee for the 71st Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima on August 6th

14-3-705 Noborimachi, Naka ward, Hiroshima City
Telephone/Fax: 082-221-7631 Email: hiro-100@cronos.ocn.ne.jp

 

We oppose the planned visit of the US President Barack Obama to Hiroshima on May 27th after Ise-Shima Summit.

 

The summit is a conference of warmongers and plunderers representing the interest of financial and military big powers of only seven countries called the G7 to discuss how to share and rule the markets and resources and their sphere of influence over the world. The main agenda will be a new Korean war (i.e. nuclear war) to overthrow the North Korean regime. Obama is to play the leading role of this war meeting as the possessor of the world’s largest nuclear military force. On his visit to the city of Hiroshima, Obama will be accompanied by Prime Minister Shinzo Abe, whose Cabinet passed a new law permitting Japan to engage in war and trampled on the peoples’ anti-war voices with the A-bomb victims at the forefront of the struggle.  Further, the Abe administration decided in a recent Cabinet meeting that “both the use and the possession of nuclear weapons is constitutional” (April 1, 2016), reversing the previous interpretation of the Constitution that Japan can never participate in war.  Abe insists that Obama’s visit will be a major force for the realization of a world free from nuclear weapons. But these words are utterly deceptive.

 

We must not allow Obama to set foot in the Peace Park with his “nuclear football.”

 

The United States is the world’s largest nuclear military power and one that is continuing to wage destruction and slaughter by air raids in the Middle East and continues to use Okinawa island to house its base and prepare for a new war: a nuclear war on the Korean peninsula. And Obama is the commander in chief of the United States Armies.  How can we call this warmonger “a figure of hope for the elimination of nuclear weapons” or a “messenger of peace”? Moreover, Obama intends to come to Hiroshima with his emergency “nuclear football.” We must never allow his visit to Hiroshima!

Obama and the US government have repeatedly refused to apologize for the atomic bombings on Hiroshima. This declaration means that Obama and his government do not allow any attempt to question the legitimacy of the nuclear bombing of Hiroshima and Nagasaki. By inviting Obama to Hiroshima, Abe himself has tried to deny the responsibility for Japan’s war of aggression just as Obama evades US responsibility for the A-bombs. By denying responsibility for the war, Abe aims to open a way toward a new imperialist war: nuclear war.

 

What Obama actually said in his Prague speech is the maintenance of the nuclear monopoly and ability to carry out nuclear war by US.

 

“As long as these weapons exist, the United States will maintain a safe, secure and effective arsenal to deter any adversary… But we go forward with no illusions. Some countries will break the rules. That’s why we need a structure in place that ensures when any nation does, they will face consequences.” This is the crux of Obama‘s Prague speech in April 2009.

In fact, the Obama administration has been maintaining and evolving its nuclear forces. Obama plans to spend $1 trillion (more than 100 trillion yen) to modernize nuclear weapons over 30 years. For this reason, 12 subcritical nuclear tests and new types of nuclear tests were carried out between November 2010 and 2014.  In addition, the USA has entirely opposed on many occasions any resolution for banning nuclear weapons. The very person who has strongly supported this outrageous USA policy is Abe, who insists on the need for a nuclear deterrent while advocating Japan as the “only bombed nation” in the world.  Abe’s aim is that Japan becomes “a potential nuclear power” by restarting nuclear power plants and developing rocket technology. With the recent Cabinet decision that both the possession and use of nuclear weapons are constitutional, the Abe administration has explicitly revealed its intention for nuclear armament.

“The USA must monopolize nuclear weapons.” “The nation which does not follow the USA’s rules should face consequences.” This logic to justify nuclear monopoly and nuclear war is totally incompatible with the anti-war will of the workers and people, most of all the survivors of the atom bombs, known as the hibakusha.

 

Obama is preparing a new nuclear war all while he is making deceitful propaganda by talking about “a world without nuclear weapons.”

 

This January, Obama dispatched the strategic nuclear bomber B52 over the Korean Peninsula to counter North Korea’s nuclear tests with the aim of demonstrating that the US was ready to actually carry out a nuclear war. Then from March through April, he enforced the largest US-ROK joint military exercises ever on the assumption of a nuclear war. On February 24th, USFK (the United States Forces Korea) commander testified at the US House of Representatives Armed Services Committee hearing: “If a collision occurs on the Korean Peninsula, the situation becomes the equal to that of the WWII. The scale of troops and weapons involved is comparable to that of the Korean War or the WWII. There will be a great number of dead and wounded due to its more complicated character.”

The USA military is now thoroughly calculating and intends to execute a plan of a Korean war (nuclear war), one which will exceed the destruction of Hiroshima and Nagasaki by the orders of Obama, commander in chief.

In short, by visiting Hiroshima, Obama seeks to deceive the survivors and working people of the world as if he is striving for nuclear disarmament all while he aims to get the approval for his nuclear strikes on North Korea.  There is no room for reconciliation or compromise between Obama and us Hiroshima people who have been fighting against nuclear weapons and war since August 6th, 1945.

 

The unity and international solidarity of the working class people has the power to abolish nuclear arms.

 

People say that when Obama comes to Hiroshima and visits the Peace Museum, he will be more serious in working for the abolition of nuclear arms. But this is a groundless illusion. What was the content of the review of US Secretary of State Kerry, who visited the Peace Memorial Museum and “sincerely” viewed the exhibition after the G7 Foreign Ministers’ Meeting in April?  He wrote: “War must not be the first means but the last resort.”

That was Kerry’s immediate impression of the Peace Museum. And still they Kerry and Obama alike are preaching the need to maintain the war (that is, a nuclear war) as a last resort! The rulers of the United States have enough knowledge about the reality of the nuclear explosion through the findings of the ABCC (Atomic Bomb Casualty Commission) research, including the cases of serious internal exposure, and have long concealed the facts and materials regarding nuclear disaster. That is why they will by no means renounce the nuke as a final weapon.

War and the nuke are indispensable for the capitalists and the dominant power of the 1% to rule and divide the working people of the 99%: they try to bring antagonism among working people of the world and force them to kill each other for the interests of imperialism. We are witnessing the politics of “killing workers” such as dismissal, irregularization, ultra-low wages and overwork, and the politics of suppressing struggles such as those against war, nuclear arms and power, and military bases. The aggressive war (nuclear war) is the continuation of these politics and it’s Obama and Abe who are enforcing these politics.

We reject the idea to ask Obama and Abe to make efforts for peace or to take countermeasures by means of nuclear weapons like the rulers of North Korea and China. Instead, the working people of the 99% will unite and achieve international solidarity to fight back firmly against the rulers of the 1%. This is the only way to eliminate war and nuclear arms. The primary task we have to do is forming solidarity with the KCTU (Korean Confederation of Trade Unions), who is fighting with repeated decisive general strikes against the new Korean war being prepared by the “Korea-USA-Japan military alliance.”

We call upon all citizens to participate in the demonstrations on May 26th-27th against the visit of Obama to Hiroshima, shoulder to shoulder with atomic bomb sufferers who stand fast to their anti-war and anti-nuclear principle in solidarity with fighting labor unions and student councils.

May 19th, 2016

安倍政権の改憲と 雇用破壊に反撃を  6・5全国集会の大結集へ!

 国鉄闘争全国運動の6・5全国集会に向けて呼びかけ人会議を開催しました。発言の一部を紹介します。

(文責は全国運動事務局)


国鉄闘争旗を守り続けた意味が問われる時が来た

田中康宏(動労千葉委員長)

2月の国鉄集会で国鉄闘争の継続について二つの観点から訴えました。

 一つは最高裁判決で「JRの法的責任」が明確になった。これを徹底的に攻めようと。もう一つは、72号_ページ_1戦争法制定と派遣法改悪で国鉄分割・民営化以来の社会の大転換攻撃が始まっている。これに立ち向かう国鉄闘争。この二つを訴えました。

今春闘と国際連帯で2番目の問題でつかむところがあった。問題は、これと対決する労働運動の芽ができるのかどうか。
二つ示唆を受けた。CTSで雇用形態の抜本的な変更を内容とする就業規則の改悪。もう一つは、韓国・民主労総が、労働法制の抜本的改悪との一年間にわた る大変な困難を乗り越えて社会全体の支持を受け、パククネ政権の与党セヌリ党の惨敗まで行った。 日本の現実、時代認識をもう一回見据え直す必要がある。 つくづくそう思いました。
動労千葉は、春闘で3月11日と17日に2波のストライキに立ちました。主な闘いの課題は3つです。一つは、JR・CTSを貫いく組織拡大。2番目は大 量退職を逆手に取った組織破壊攻撃、外注化との対決。三つ目は、CTSにおける労働契約法の5年ルールを逆手に取った雇用形態の改悪との闘い。
3番目の課題が最大の課題となりました。提案された内容は、有期雇用で働くCTSの労働者全員に雇用上限を5年と通告し、選考試験を実施して合格した者 だけを限定社員という名目で無期雇用にする。 さらに現在正社員の者も60歳に達した時点で限定社員にして時給制にする。時給換算で田舎では820円、千 葉市周辺でも920円。千葉の最低賃金は817円です。時給8~900円の無期雇用労働者が生み出される。大変な雇用の在り方の転換です。
この攻撃が生み出すものはなにか。労働契約法を使った国鉄分割・民営化型攻撃の全社会への拡大です。この焦点が2018年です。改悪派遣法から3年も同じく18年。ここが雇用崩壊の歴史的分岐点になる。
これとの闘いで安倍政権の本質をつかむことができた。
3月17日のストライキは、就業規則改悪阻止を掲げてJR本体の45人がストに入った。正規の本体の労働者が立ち上がった時にはじめて非正規の仲間との連帯ができる。それで15人のCTSの仲間が加入してくれた。
この闘いで組合員の意思統一ができたことが決定的です。これで組織拡大の展望が切り開かれました。
世界中の労働法改悪反対ゼネストがこの事態に対する重要な示唆を与えてくれた。これが新自由主義崩壊過程での彼らの統一した攻撃なんじゃないか。

 安倍政権の攻撃の2つの柱

そう考えて、安倍政権の「戦後レジームからの脱却」攻撃の本質は何かをもう一度考えた。
二つの柱だと思います。一つは改憲・戦争への突進。これはマスコミや教育に対する攻撃などもすべて含む。もう一方は戦後労働法制の根底からの解体、雇 用・労働政策の歴史的転換。これがもう一方の柱。 2007年の労働契約法成立過程の時点で、戦後労働法制の解体を第一次安倍政権のころから敵の側が見て いたことに気付きました。民主党政権になって一旦は挫折する過程があって労働政策の原理的転換として第2次安倍政権が登場している。
そのドリルが産業競争力会議と規制改革会議です。発想がまったく変わっている。労働法学者の評価も「憲法を基礎として成り立つ労働法を根底から揺さぶる 攻撃」「労働法の基本原則に対する反旗」「雇用政策の解釈の基盤を根底から掘り崩しす歴史的転換」   議論は錯綜していますが、突き詰めると「総非正規 職化」ではなく「正社員ゼロ化」。「雇用の維持」から「労働力移動」になっている。「解雇規制」をめぐる議論は「雇用ルールの問題」とされる。物事の発想 が全部ひっくり返った。
そうして、労働契約法を使って限定正社員=ジョブ型正社員の雇用ルールをつくる。それと派遣法から常用代替防止の原則を取り払う。この二つで解雇自由も正規職ゼロ化も基本的に達成できるという議論に収れんされた。それがCTSの就業規則改悪をめぐる攻防だった。
それが国鉄方式、いったん全員解雇・新規採用方式を社会全部に貫徹していく攻撃になっている。国鉄闘争全国運動の果たす役割をもう一度6・5集会で明確にしたいと思います。

日本の労働運動の現状をこうしたことからどう見るのか。この現実に対する労働者の抵抗があまりにも弱い。だけども日本の労働者がダメということではな い。一方で、戦争法で国会を数十万の怒りの声が包囲した。これは日本の階級闘争、労働運動に根差した階級意識の表れ。しかし、もう一方で労働者の未来を奪 う攻撃に対する展望は、国鉄分割・民営化攻撃がいまだに乗り越えられていない。
そう考えると、どんなに小さな芽でも職場からの闘いをつくり、戦争に反対する怒りの声と結合し始めたときに、日本の労働運動の復権がもう一度始まる。そこに国鉄闘争が存在する意味があると思います。
私たちが闘いの旗を守ってきた意味が問われる。今度の参院選挙も、改憲戦争阻止と階級戦争に立ち向かおうとと訴える重要な闘いだと思います。


戦争・改憲―戦後労働法制解体との闘い軸に

鈴木達夫(弁護士)

動労千葉は出向協定を結ばず十数年間、出向を阻止してきた。ところが13年10月1日に就業規則に基づいて強制出向した。
強制出向無効確認訴訟で就業規則でそこまでできるのかが問題になった。JR東日本は結局、就業規則に基づく出向命令権があると言い出した。
労働法の教科書を読んでみると就業規則に基づく出向命令権は出ている。じゃあなんなんだと議論が始まって労働契約法に行き着く。憲法があって労働組合法が あって労働基準法がある。しかし、いま労働司法を目指す人たちが勉強するのは労働契約法です。自分たちの権利の主張の柱を立てられなくなっている。
就業規則は勝手に資本がつくるものです。しかし建前は対等平等の雇用契約だから不利益変更は個別的同意が必要だと一応はなっていた。さらに労働基準法、労働組合法でも労働協約が優先、他の法令に違反する就業規則は無効だ、と。
労働契約法以前の就業規則はそういうものでしかなかった。就業規則は使用者側がつくるものだから、反対意見が述べられても就業規則の効力に影響はない。就業規則とはそういうものでしかなかった。だから個別的同意の必要と労働協約が優先となった。
さかのぼって80年代、分割・民営化のあたりから最高裁で労働担当の裁判官を全国から集めて「裁判官会同」を頻繁に開き「団体法・社会法の労働法制から民法の世界へ」と言い始めた。
労働組合の団結によって労働者の権利が守られていくことを全面的に解体する、そして労働者と使用者の関係を一対一の民法の関係にする攻撃。200年以上か けて全世界の労働者がかちとってきた社会法・団体法としての労働組合法、労働基準法を解体して〈民法的契約の世界〉にする。
それが90年代半ばに形を取り始め、07年に労働契約法が成立する。労働契約法は邪悪な目的を明確に持っている。戦後労働法制を解体する最大の武器が労働契約法。
このとき出された労働法学者の反対声明は「戦後労働法制に死を宣告する契約法になりかねない」と言っています。
労働契約法で決めたのは、就業規則は、不利益変更も個別的同意も労働協約優先も無視している。合理性があればいいと。
就業規則の不利益変更をぶっ飛ばすにはどうしたらいいのか。鈴コンでも就業規則の一方的な改悪で定年制と賃金カットをやってきた。これは闘いでぶっ飛ばしました。逆に言うと、われわれも二つの先例をつくった。力でぶっ飛ばした。
安倍「戦後レジーム脱却」との闘いは、二つの軸が出てきた。改憲・戦争絶対反対と国内の階級戦争―戦後労働法制解体との闘い。この二つの焦点を職場で論議 していくことが大事じゃないか。7月の参院選もこの二つが焦点になる。このふたつが新しい労働者の党をつくろうという中身につながると思います。


動労千葉が呼びかけを

芹澤壽良(高知短期大学名誉教授)

動労千葉は、権利闘争についてはもっとも模範的な闘いを最後までやり抜いた唯一の労働組合だと私は思っています。
最高裁闘争の最後までやり抜いたことは大きな誇りを持ってその立場を強調しながら、労働法制の全面改悪反対の声を今こそ上げなければいけないと思います。
労働法制のこと以上に労働戦線を統一できる課題はない。戦後の経験をみても、労働法制に手がつけられるとなれば、総評であろうが連合であろうが統一行動が打ち抜かれてきました。この歴史的な実績があります。
1990年代に労働法制の大きな改悪があったときも、連合を含め、労働団体が競争して最後の最後まで粘って闘い抜き、部分的に改悪を許してしまうことがあったにせよ、基本的には相手を一歩後退させている。
ですから、動労千葉がそういう立場に立って、労働法制改悪反対の大きな闘いを全国に呼びかけるという姿勢を明確にすべきではないかと思います。
普通なら最高裁決定が出たらそれで終わりです。さらに闘い続けていることは日本の労働運動では初めてではないか。
そのことも多くの労働者に知らせながら、労働法制の危機に対して黙っているわけにはいかない、労働運動の広範な統一戦線をつくるために、動労千葉が呼びかけるという姿勢でやってもらいたい。


労働法の体系を崩すことは、改憲の非常に重要な一歩 

伊藤 晃(日本近代史研究者)

労働契約法というのはある意味でバイパスです。それがいつの間にか本通りになっている。戦後の本通りは労基法、労働法体系なわけです。ところが本通り(契約法)というのはよく見ると昔の本通りなんだね。工場法以前というやつ。
「憲法を基礎とした体系をなして成立している労働法を根底から揺さぶる」との指摘が紹介されていましたが、逆のこともいえる。今の憲法の体制は、労働運動 が支えてきたところがある。労働法の体系は、憲法の構造をつくり上げる大きな要因である。その労働法の体系を崩すことは、改憲の非常に重要な一歩になるこ とをわれわれは認識する必要があるんじゃないか。
日本の資本が打ち出している問題、大きな歴史性をよくつかんでいくことかと思います。これをど う広い運動にしていくか。就業規則問題のような事例はそこら中に出ている。各地の運動も必ずぶつかっていると思います。まずは問題提起することを全国運動 の夏の目標にすることではないでしょうか。
その中で署名の働きかけができると思う。それは労働問題だけではなくて自治体の問題もそう思う。熊本の震災も戦争のきな臭い問題があります。もう一方で、避難している人がどんどん亡くなっています。いかに日本の自治体が崩れているか。
いろんな場所、分野で問題は現れてきている。その一つひとつについて問題を提起することが必要ではあるまいか。あらゆるところで自分たちが努力して一つでも問題提起ができれば、運動が広がる上で非常にプラスになると思います。


労働契約法に乗っていったら労働者はバラバラにされてしまう

花輪不二男(世田谷地区労同組合協議会顧問)

鈴コンの闘いの中で、労働契約法を軸にして敵が狙ってくることに対して、労働三権の問題を立てないと闘えないという認識がありました。そういう意味では 「個別契約」ということに対して、団結権・団体交渉権・争議権を前面に押し出して闘う中で会社を叩いていかないといけないと思っていました。
労働契約法に乗っていったら労働者はバラバラにされてしまう。団結権は否定される。そうなったら労働組合の役割はなくなっちゃう。労働契約法に狙いをつけて闘ってきたわけではないんですが、結果的にそういう闘いになった。
争議を前提にしながら、団結権で闘う以外にこれに対抗する手段はない。憲法で認められた労働三権が骨抜きになることは許せない。


時間単位だけ働くという考え方に根本的に転換

長谷武志(全金本山労働組合)

一昨年暮れから正規と非正規の差別を全部やめろと労働条件を調べて要求したんです。会社は、親会社の就業規則・労働条件と子会社と比べてみて本山の方が高いからその高い部分を下げるということをやってきた。
「親会社はこの程度、本山はまだ良い。こっちを下げる」という細かい話がいっぱい出てきた。それを第二組合が全部のんで就業規則を改定した。反対意見を言っても意見は聞きましたで通用する、と。
10時と15時の休憩時間は就業規則にはないから休憩は昼休みだけだと言う。ここにはらまれている階級的本質を訴える絶好のチャンスだと鈴木委員長がストライキに起って会社の構内で大騒ぎした。「休憩時間も労働の一部なんだ」って。
会社は、その時間単位だけ働くという考え方に根本的に転換し始めている。ここのところを全面展開することによって労働者の階級的な正義性・階級性を獲得するチャンス。
われわれが踏み込んで労働運動の側の転換を勝ちとるチャンス。動労千葉が切り開いている問題は、労働運動の地図を塗り替える内容を本質的にもっている。いままで一般論でとらえていた敵の本気さについてしっかりと見据えないとぶっ飛ばされるという気がします。


資本は労働者に生きていける賃金を支払う義務がある鎌倉孝夫(埼玉大学名誉教授)

「労働基準法はいらない。民法でいい」は、資本論を研究している立場で言えば、資本論で言うと労働力商品化の無理が現れていると思う。
民法はモノとモノの契約関係です。労働者が売っているものは労働力だけど労働力は人間と離れていない。人間なんです。 人間労働力を売る、それを買った者の権利だから自由に使える、どう使おうと自由だと。
人間の能力を売ることは人間の能力は消耗するわけだから生活する時間が絶対に保障されなければ人間は生きられない。だから労働力を買った者の勝手な権利を主張したら死んでしまう。買った者の自由な権利に対して「われわれは人間だ。生きる権利を持っている」と。労働力を再生産させる時間を保障しなければ労働力の再生産はできませんよ。
いま決定的に問われているのは、労働力商品化の無理がここまできたこと。「労働を売る」こと自体が本当は間違い。労働じゃなく労働力を売っている。雇用契約を結んだら資本は労働者に生きていける賃金を支払う義務がある。
ところが「労働を売った」という現象をみているだけの話。10時間働いたから10時間の賃金。これだけ労働して成果が上がったからこの成果に対する賃金。全部資本が決める。
賃金の基本をもう一回再確認しなければならない。労働力商品を売っている。賃金の基本は生きる保障だ。そこが欠けると同一労働同一賃金になる。労働に対して賃金を払っているとなれば労働以外の賃金はいらないとなる。そうすれば年功序列や通勤手当など、労働に基づかない賃金を全部排除する。
非正規労働者は、その労働に基づく賃金で飯は食えない。人間を使うんだから絶対に資本の自由にできない、させてはならない。その辺の関係を『資本論』を勉強しながらこういう認識を生かしていくべきではないかと感じています。


署名運動の位置

 葉山岳夫(弁護士)

国鉄分割・民営化に対する闘争は、新自由主義に対抗する歴史的闘いであり、本質をとことん追及しなければならない。
新自由主義攻撃の中で労働者の団結が壊されている。労働契約の次元に貶められていく問題をどうはね返すのか。韓国でも労働法制改悪に対してゼネストで立ち向かい、フランスでも高校生まで立ち上がっている。外国でできることが日本でできないはずがない。
そういう意味で「JRに法的責任あり」という形で解雇を撤回し、原職に復帰させろという本質をついた運動になりうると思っています。
その中で第二の分割・民営化というCTSに対する就業規則問題を粉砕する糸口をつかむことができると思います。
弁護士もそうだけど生きること自体が困難になっている。労働力の再生産も危うくする状況にたたき込まれている。それをどこで粉砕していくか。労働運動の復権の中で、動労千葉、動労水戸を軸として運動が展開されている。今回の署名運動はそこで位置づけられるんじゃないかなと思っています。

北九州市環境整備協会分会 「無期転換逃れ」にストで闘う CTS職場討議資料 NO.⑧

CTSの就業規則改悪で直面している問題は、全国のあらゆる業種で働く労働者の共通の課題になっています。

cts8半年失業」制度で無期転換逃れ

北九州市環境整備協会は昨年12 月、全従業員100名に対して6ヶ月の失業期間制度を導入すると提案しました。
労働契約法改定で、「5年以上働いた有期社員を、労働者本人が希望すれば無期雇用にしなければならない」ことになりました。しかし「5年」の計算は、半年以上の空白期間があるとリセットされます。 5年がたつ前に半年間の失業状態を作り、無期転換規定から逃れようとしています。 しかも、その期間は失業手当で生活しろというのです。
とんでもない違法・脱法行為です。

白紙撤回求め組合結成・スト決行

今年1月、北九州市環境整備協会の労働者たちは44名で労働組合を結成し、この不当な提案の白紙撤回を求めてきました。
そして、3月22日からのストライキを決行して闘っています。
北九州市環境整備協会の労働者は、3年間賃上げ無し、全員1年雇用という中で長年働かされてきました。残業手当を支払わないということも行われてきました。
CTSで働く私たちと同じ境遇の労働者たちが、「絶対に白紙撤回させなければならない」と闘いにたちあがっています。

怒りの声をあげ続けよう

「試験に受からなければ5年で雇止め」「試験に受かっても時給の限定社員」
CTSの就業規則改悪は労働者の権利と生活、誇りも奪うような制度です。白紙撤回させるしかありません。
就業規則改悪4月実施は、職場全体の怒りの声で会社を追い詰めて阻止しました。
今度は白紙撤回です。最後まであきらめず、怒りの声をあげ続けましょう。

どこまで削れば気が済むのか!CTS職場討議資料 NO.⑦

CTSは就業規則改悪で作業手当や嘱託社員の夏季・年末手当を大幅に削減しようとしています。

同じ仕事で手当てを削るな!

作業がなくなるわけでもないのに、なぜ作業手当てを削るのか!
また嘱託社員と「限定社員」の夏季・年末手当では最低で年間40万円も差があります。
「本当にローンが払えなくなる」「嘱託がなくなるなら60歳を超えて働く意味がない」と声が上がっているのが現状です。

ベアゼロ、定昇は時給2・5円

今春闘の回答で会社は、ベースアップを拒否し、定期昇給は正社員が平均千円、契約社員が4百円( 時給2・5 円分!)と回答しました。 組合側が要求した住宅手当等も拒否です。こんな回答は認められません。 団体交渉では、現場の切実な声を突き付けました。

 「私も12万円で生活していた」!?

組合 入社して3年で手取りは月12~13万円。切り詰めても手元には何も残らない。借金生活に陥るかもしれない。生活できる手取り額を求めたい。

会社 12万円なら12万円で生活する。私も月12万円程度で生活したことはある。清掃業務に関して言えば、CTSは決して低い賃金水準だと思っていない。

こんなひどい回答があるか! 回答したのはJRからの天下り幹部です。しかも初任給が7万円程だった40 年前の話だそうです。 そこまで言うなら、今からお前が月12万円で生活してみろ!

生活できる賃金をよこせ!

CTSの基本給は最低賃金ぎりぎりです。それで「低くない」? まともな賃上げもせず、作業手当てまで削る? 現場を担ってきたのは天下り幹部ではなく私たちです。就業規則改悪を白紙撤回させ大幅賃上げさせるまで声をあげ続けましょう。

CTS職場討議資料⑥PDF

 

「忌引き無給」の会社があるか! CTS職場討議資料 NO.⑥

CTSは就業規則改悪で社員以外の忌引きを無給にしようとしています。


 すぐに帰って来いというのか!
「忌引き」はいずれ全員が経験することになります。その忌引きを無給にする?! 無給で休むことになれば生活に直結します。親が亡くなっても、仕事のためにすぐ帰って来いというのか!
本当に血も涙もない話です。

 極端な例を出して改悪

忌引きまで無給の会社など一体どれほどあるのでしょうか。
このことについて、CTSは動労千葉との団体交渉の中で次のように回答しました。

 組合→ 「限定社員」・「スタッフ社員」は、現在は有給扱いの忌引きなどについても無給休暇にするのか。
 会社→ 例えば1日1~2時間のパート社員の方に有給で忌引き休暇を与えるのは不合理と考えた。社会一般の基準で。今後は勤務を時間管理することから、そういう考え方で限定社員もスタッ フ社員も扱いを統一した。 

極端な例を使ってフルタイムの人も含めて労働条件全体を一番悪い方に合わせるという、あくどいやり方です。
忌引きだけの問題ではなく、短時間勤務導入と一体だということもはっきりしました。

 無給にする理由は何もない

会社の回答は何の説明にもなっていません。そもそも今は、パート社員の人も忌引きは有給扱いなのです。
また週1日1時間だけ働く人でも、半年以上働けば有給休暇をとる権利があります。1日あたりの金額は労働時間分です。
限定社員やスタッフ社員の忌引きを有給のままにすることに何の問題もないはずです。「社会一般の基準」という言葉でごまかそうとするなんて卑怯です。忌引きまで無給にする就業規則改悪は絶対に認められません。

(資料)中村栄一書記長  動労千葉04春闘の報告 

04年4月5日 中村栄一書記長
     動労千葉04春闘の報告 
           支援する会・春闘スト報告集会にて

日頃の動労千葉に対する物心両面にわたるご支援ありがとうございます。われわれ動労千葉も04春闘決戦段階の闘いを貫徹しました。皆さんの応援、ス労自主の皆さん、支援する会、駆けつけてくれた皆さんの応援で、闘争を貫徹して新たな地平をかちとることができました。本当にありがとうございました。

●研修会で春闘方針を決定

われわれ動労千葉は、去年の11月集会の成功をふまえ、去年12月に習志野電車区の廃止、幕張の縮小攻撃に対して闘いを始めました。その中で、当局との確認事項をとりました。
年が明けて、1月25~26日に全支部活動者研修会を開きました。以下の方針が確認されました。
①「反合・運転保安春闘」として、3月13日のダイヤ「改正」時を山場に設定してストライキを配置。②04春闘の最大の攻防の焦点を3・20イラク開戦1周年の闘いに定める、階級的力関係を変える。 動労千葉の春闘ストライキは、3・20と一体のものとして、現在の情勢に対する大きなインパクトを持つ闘いとなるし。労働運動全体の大きな位置を持った闘いとなるだろうと確信する。
「内なる階級戦争」――奥田ビジョン、賃下げ、年金、団結破壊等と、「外への侵略戦争」――イラク派兵、戦争をする国へと転落、これを完全に一つのものとしてとらえ、これと真正面から動労千葉は闘う立場を確立することを確認しました。

●無期限闘争に突入

そして、12月闘争の確認事項により、運転士登用の問題等を当局と話し合うということでしたが、その段階で、幕張電車区木更津支区に1月22日に欠員が生じて、1月28日、2月2日と、当局と要員の補充についての交渉をしていました。その中で、2月2日に、千葉運転区支部の運転士で58歳の畑木さんに対して、木更津支区への配転の事前通知を発令するという事態が起こりました。われわれは、予科生の士職登用による木更津支区の欠員補充を求めていました。
予科生というのは、運転士の試験に受かりながら、もう十何年も塩漬けになっている動労千葉の組合員です。組合差別にあって、運転士の免許があるのに発令されないで、駅、売店、検修職場に飛ばされている組合員です。木更津支区は、内燃機関、ディーゼル車です。電車の運転士でも内燃機関の免許を持っていないと行けないという特殊な事情がありまして、要員はうちの組合員がほとんどなんです。それで畑木さんを配転すると。予科生の士職登用による欠員補充、運転士資格保有者の構内ハンドルへの登用、士職登用は4等級に発令しろということと、検修職を希望する強制配転者を検修職場に復帰させろ――こういうことを交渉している最中に、あと1年半で退職する畑木さんに配転の事前通知出してくるという状況が起こったのです。
この事態の持つ意味は、検修職場全体で、この3年間で約80名が退職を迎えるという大量退職と新規採用者の補充がないという中で、これは、幕張支部の山田支部長を先頭にメンテナンス第3期の検修外注化の問題に対して闘ってきた成果でもあるんですけど、この矛盾が大きく噴き出す過程に入ったということです。こうした事態にもかかわらず、このような発令があるということは、われわれ動労千葉に対する会社の構えは何一つ変わっていないということです。むしろ動労千葉破壊の意図はより強まっている。そして、今回の配転は、千葉支社が懸案要求などを解決する気がまったくないと表明したに等しい。要員上会社が困った場合には、強制配転してでも要員補充はする、ということです。
そういう中で、われわれ動労千葉としては、緊急執行委員会を開いて、前倒し的に04春闘に向けた闘争態勢を直ちにとることにしました。しかも、予科生の士職登用を拒否して、定年まで1年余りの者を強制配転するというあまりにも非常識かつ異常なやり方です。われわれ動労千葉組合員はこの間、何度も強制配転させれています。その間、当局との団体交渉の中でも、われわれが「どういう経緯で、どういう基準で配転しているのか」と言った時に、当局は明確に「55歳以上の人は配転させない」という回答を行ってきた。それにもかかわらず、あと1年半で退職する畑木さんの配転を強行する。こういう要員の補充の仕方を続けていれば、畑木さんが飛ばされても、また1年後には欠員が生ずる。将来展望など何ひとつ考えていない。われわれの要求など何一つ受け入れる余地がないということです。
この状況の中で、検修職場の要員の状況は逼迫している。幕張電車区の検修・構内外注化に対して、われわれはシニア制度粉砕の闘いを貫いてきました。
シニア制度というのは、外注合理化と、シニア(60歳以上)の定年後の働く場を求めるのを一緒にした提案です。シニア制度は、60歳以降の退職後も会社が関連会社等の雇用を面倒見るという形なんですけど、それと検修・構内外注化が一本になった提案がされたわけです。
これに対してわれわれは「そんなものは受け入れられない」ということで闘ってきました。そして、検修・構内外注化阻止の闘いを幕張支部を先頭に、この3年間闘い抜いてきました。そういう中で、千葉支社だけは外注化がなされていない。その仕事を外注化して、退職者を安い賃金で使うという攻撃ができない中で、要員を新たに入れていないので、これから要員に欠員が発生するという矛盾を暴き出したということです。ここを突いて闘うということです。
もう会社の構えはほころびを見せている。そして、検修職場の要員状況を見て分かるとおり、会社は二進も三進も行かない状況に直面している。われわれは、そういう判断のもとに、本部は2月4日に関係支部長列席のもとに緊急執行委員会を開催しまして、以上の認識をふまえて、闘争方針を決定しました。
要求としては、2月2日付の畑木さんに対する不当配転の撤回、運転士資格保有者の士職発令、および強制配転者の原職復帰、木更津支区および検修職場の要員展望の明確化、この3点を当局に突き付けて、長期非協力闘争に入りました。
定年退職直前の配転という2・2事前通知の不当性および全体への波及性、懸案要求の解決の拒否、不当な労務政策を継続すること、そして木更津の欠員を焦点とした大量退職時代に要員問題の矛盾が爆発的に噴き出す過程が始まっている。この状況で、われわれは腹を据えて組織拡大を実現する。そして、長期非協力闘争に入りました。畑木さんの指名ストと非協力闘争という形で闘争に入りました。

●非協力闘争とは

非協力闘争というのは、本線運転士の場合は所定以外の業務をやらない、日勤職場の場合は超勤をやらないということです。運転職場の所定以外の業務を乗らないということは、運転士は行路が決まっていて、今日は例えば東京行き1Mで行き、帰りは2Mで帰ってきますという形になっていて、乗る列車が決まっているわけす。それ以外は一切乗らないということ。
東京に行って仮にダイヤが乱れた時に、違う電車に乗ってくれと言われれば、われわれはハンドルを置いちゃうわけです。そうすると、「山猫スト」的な形が発生するということです。今の当局の運用能力だと、ダイヤ混乱があった時に、代替を用意するような能力はないような状況です。この闘いは処分も伴う。当局は、千葉支社は動労千葉の闘争の仕方を理解していても、本社は理解していないわけです。われわれとしては、長期非協力闘争で、完全に和解しない闘いに突入しました。
まず畑木さん1名が指名ストに入りました。それと、ATS―P型の訓練も一切拒否するということを突き付けて闘争に入りました。ATS―Pというのは保安装置です。総武快速線の錦糸町から東京駅の間の地下ルートは、今まではATCという車内信号で、レールに信号が流れていて、それを拾って信号が出る形になっていたんです。東京の地下は今まで信号がないんです。それはトンネル内で特殊な地形だということで、一番安全な保安装置がATCという形で、車内のメーターのところに信号が出る。新幹線もそうですけど、やっぱりコストもかかるわけです。それが合理化されて、この3月1日から、ATS―P型に切り替えて、地上と同じように信号をつける。今まで信号のなかったところに信号をつけるわけですから、訓練をやらなければいけない。この訓練が2月から始まっていましたが、その訓練も一切拒否する。
われわれ動労千葉の組合員がこの訓練を拒否するということは、2月29日の切り替え時には、動労千葉の組合員は錦糸町から先には入れないわけです。これはストじゃないんですけど、実際に訓練を拒否しちゃうと、われわれは乗らないと言っているわけじゃないけど、訓練をやっていないから乗れないという形になるわけです。そういう問題も突き付けて闘争に入りました。
その中で、予備勤務者と言いまして、休みや欠員が出て乱れた時に乗るために、予備のA、B、C、Dと4種類あるんですけど、待機しているわけです。それで穴が開いた時にその人間が乗る。病欠とかで休んだ人が出たら、そのところに乗るような形で待機の業務があるんです。その業務をしている人に対して業務指示を出して、業務指示でこの訓練を行えと言ってきました。予備の勤務は乗務に穴が開いた時に乗るために待機している勤務であって、講習をその中で受けるというのは、所定以外の勤務だとして受け入れることはできないということで指名ストに入りました。
そして、千葉運転区で3名に年休の抑制、取り消しを行ってきました。当局は年休の抑制をした時には元の勤務に戻すんですけど、そうすれば、われわれは元の勤務に乗るわけです。それは所定の勤務だから。ところが、年休抑制をしたところに違う勤務をはめるようなことがありまして、それも指名ストに入れました。
結果的には、畑木さんの1名の長期の指名ストと、24名の指名ストに立ち上がりました。

● 「闘争収拾案」

千葉支社当局は、当初は頑なな態度だったんですけど、2月19日に「闘争収拾案」を出してきました。画期的という言い方をしましたが、何が一番違ったのかと言ったら、JRに移行する中で、ストライキ等闘争を構えた時に、動労千葉とは水面下の交渉すらやらない。最初の団体交渉1回きりで、「やるならやれ」とスト破りは動員する。一つの交渉の場を持たなかった。しかし今度は、向こうから交渉を求めてきて、その中で最終的に、動労千葉の要求した3点に対して、前進が見られた。そういう地平をかちとりました。
畑木さんの不当配転については、出した発令は即撤回とはならないが、要員の補充ができ次第、秋には千葉運転区に帰す。荒井君という士職登用で差別されている予科生の組合員に対しても、早急に運転適性検査を受けて士職に登用し木更津支区で運転させる。
そして運転士資格保有者で、士職というのは1等職、2等職、4等職、5等職と分かれているんですけど、動労千葉の組合員には4等職がまだ発令されない。1等職、2等職、今の平成採の人間でも何年か経てばすぐ4等職になるんですけど、動労千葉の仲間は、そのような不当な扱いを受けている。このことに対しては、じゃあ試験を受けさせろと言ったって、当局は、ここは譲らない部分でした。
しかし、強制配転者で検修職場を希望する者に対して7月の時点で、今年の新規採用者が駅で一人前になった時に、順次配転させるという確認をとりました。検修職場に対しては、希望する者をこれから随時配転していく。 動労千葉の要求が、満額回答ですべて通ったわけじゃないですが、その他懸案要求に対しては、これからも協議していくという一定の確認がとれたということで、第1波のストはいったん集約することにしたのです。
やはり、この闘争が勝利したのは、2月10日から非協力闘争に入り25日までの16日間の闘いを、動労千葉の組合員は一糸乱れずに貫徹したからです。徹底した非協力闘争、畑木さんの指名スト、24名の指名ストが切り開いた地平です。この地平を確固たるものにするために、続いて第2波の闘いに進んでいくことを確認しました。
いまだ一歩を踏み出したにすぎないとはいえ、今回の非協力闘争は、結託体制のもとで17年間一切の要求を拒否されてきた現実を、初めて揺るがしたということです。
今、労働者はどんな状況に置かれているのか。現在の労働運動やJRを取り巻く全体の情勢との関係で見た場合、まさに画期的な地平を切り開いたということでした。特に、この3年間、組織の総力を挙げて闘い抜いてきた第2の分割・民営化攻撃粉砕、検修・構内業務の外注化阻止闘争の緒戦に決着を着けたことは画期的な意味を持つ地平です。シニア制度に対する困難な闘い、3年間にわたるスト、職場からの抵抗闘争で外注化を阻止したということです。この外注化阻止の闘いなしに、今回の成果はあり得なかったと考えています。17年間、特に、この3年間にわたる闘いの成果が結実したと確認しました。しかも、この結果は、千葉だけになりますが、当面、当局は「外注化をあきらめた」ということも意味していると思います。

●なぜこんな成果を
 実現することができたのか

なぜこんな成果を実現することができたのか。やはり17年間、どんなに困難な状況にも立ち向かって、団結を打ち固め、闘い続けたことによる勝利です。強制配転者の頑張りと職場の力関係を守り抜いた全組合員の奮闘、畑木さんの決意、これがどれ一つ欠けても、この勝利は実現できなかったということだと思います。もう一つは、17年間挑み続けてきた結託体制、JR総連革マルとJR当局の結託体制が崩壊したということです。JR体制の三つの矛盾が噴出(①カクマル結託体制の崩壊、②そして安全問題、③そして要員問題)、この3点の矛盾を的確にとらえ、無期限の非協力闘争を決断し、ここから勝利が導き出されたということです。
無期限の長期非協力闘争という困難な闘いの方針のもとに、畑木さんを先頭に全組合員が固く団結した、それが大変な迫力をもって当局を圧倒したということです。しかし、この切り開いた地平が大きければ大きいほど、これに対する反動攻撃がしかけられることも間違いありません。残された課題も含めて、闘いはまだ始まったばかりだという認識で、全組合員が一致し、04春闘を焦点とした新たな闘いの闘争体制を確立して、続く第2波の闘争にわれわれは立ち上がっていきました。

●「 運転保安春闘」

第2波の闘争は、全活で確認したとおり、3月13日のダイヤ「改正」を焦点に、3月12日から14日にストライキを配置、要求の解決を求めました。本線運転士を含む3月12日の泊まり勤務者の出勤時から14日の明け勤務終了時まで、予備勤務者については12日出勤時から14日まで、そして木更津支区の場合は13日一日間、地上勤務者(検修、営業等)は、3月12日の正午から14日の明けの勤務終了時までとしました。
当初、3月12日も一日間(朝から)ストを入れ予定でしたが、幕張支部から申し入れがあり、「午前中半日仕事して、午後から闘争に入れば、スト破りの人間たちがそ職場に出てきてくるので、動労千葉の組合員が接触でき、労働者はどのように闘うべきかを訴えられる」と。そういうことも考えて、正午からストという戦術をとりました。そして、ストライキへの支配介入、妨害行為、長期非協力闘争の確認事項の不履行等があった場合は、戦術を拡大するということを通告しました。この3月13日の第2波のストは、貨物は対象外としました。そして、3月13日に千葉市民会館の小ホールで、04春闘勝利、反合・運転保安確立、スト貫徹、動労千葉総決起集会を開催しました。
そのストの過程で、総武支部の支部長の吉野幸成さんが、十何年にわたって西船橋駅の特別改札に強制配転されていましたが、幕張電車区に原職復帰するという勝利をかちとりました。
その第2波の闘争については、「運転保安春闘」として闘いました。今、安全が崩壊しているような状況で、度々『日刊』等でも宣伝しましたが、レールが割れるような状況がありまして、当局は「割れる」という言い方はしないんですけど、実際、割れていなければ、信号機があおるような状況にはならないんですね。「ヒビが入った」というような言い方をしていたんですけど、自分が初電で、その前に貨物列車が走っているんですけど、信号機が赤になったり青になったりしちゃうんですよね。レールがくっついていれば電流が通っているから、あおったりしないわけです。電気の接点も一緒で、少しでもくっついていれば電気が通っているわけですよ。離れていなければ、誰が見てもそうはならないわけす。それに対して、会社当局は事故隠蔽を図るような内部文書を出しました。この文書は国労の組合員から回ってきたんですけど、本来なら国労がもっと摘発しろということなんです。動労千葉の組合員は、運転職場、検修職場、営業職場にいるんですけど、保線の職場とか電力、信号・通信の職場にいない。圧倒的に国労組合員が多いわけです。そういう摘発とかも、われわれ動労千葉のところに来ればどんどんやりますし、情報は欲しいんですけど、やはり国労は、自分たちの組合員が多数を占める職場でそれをやらないというのは問題なんです。
こういう問題は、すべて規制緩和の中から、安全の切り捨て、要員の削減、その中から安全はもう崩壊の危機に入っている。そして、われわれ動労千葉の組合員は列車の一番先頭でハンドルを持ちますし、そして乗っているお客さんたちの命にもかかわる問題だとして、これを社会的に明らかにしていく、そういう春闘として第2波ストを構えました。
そんな中で当局は、交渉の過程で、線路破断の隠蔽問題については謝罪をしてきました。そして、安全の崩壊の危機の社会問題化は、『日刊』でも報告をしてありますが、記者会見を開きまして、毎日新聞は、このように「線路破損、今年もう4件」という形で出しました。今までは動労千葉がストをやっても、小さく「動労千葉、スト突入」とか書かれるだけだったんですけど、やはりこういうふうに安全問題を大きく取り上げさせた。安全問題に、世間でも大きな焦点を当てさせるような大きな意味を持つ闘争だったと確認しました。
その中で、われわれは04春闘の過程で、組織拡大も第一義として位置づけてやってきましたが、具体的に組織拡大を実現するには至りませんでしたが、組織の総力を挙げて取り組み、新たな一歩を踏み出したと確認しました。

●3・20国際反戦行動

第2波ストを受けて、04春闘回答段階に、第3波の闘争を構えました。3月29日に、ベアゼロ回答打破、貨物新賃金制度絶対阻止に焦点を当てた闘いを組みました。
その間に、3・20の国際反戦統一行動もありました。完全な統一行動として実現することはできませんでしたが、これまでの壁を乗り越えた大統一行動に発展する、その第一歩を切り開いた。そして全国的には約400カ所で集会が開催された。20労組、平和フォーラム、ワールドピースナウはそれぞれ日比谷公園で集会を行いましたが、全労連は芝公園で分裂集会でしたが、その後、一部デモが日比谷に結集せざるを得ない、そういうような状況を生みだした。そういう地平を切り開いた闘いだと考えています。
3・20をやはり04春闘最大の攻防の焦点、階級敵力関係を変革する突破口にしようと位置づけて、自らの闘いも、その起爆剤にする立場で、動労千葉は全力で取り組みを行ってまいりましたが、大きな意義を持つものだったと確認しています。世界でもニューヨーク10万を始め、300都市、60カ国で反戦闘争が闘われるような状況をかちとりました。

● 貨物支部を中心にスト

そういう中で、われわれは3月29日、貨物支部を中心にストに入りました。貨物は、年功序列制賃金の破壊の新賃金制度の導入が今年度中には出る予想だったんですが、今この段階では阻止しています。しかし、いつ出されてもおかしくないような状況です。貨物職場は5年連続ベアゼロで、「黒字になったら出す」と言っていたんです。今回は石原がディーゼル規制をやり、ある程度、業績が伸びて黒字だったんです。それにもかかわらずベアゼロです。
東日本の場合は、JR発足以来の史上空前の利益、黒字をこの3年連続ですが、それでもベアは一切出すことがない。それに対する抗議の意味を込めた闘争として、われわれは構えて闘いぬきました。
そんな中で、JR東労組は早々とベアゼロを裏切り妥結しました。そして何より許せないのは、その議事録確認の中で、東労組は会社と一体となって、「経費節減、効率化にこれからも労使一体となって取り組む」という条項まで盛り込む。これはとんでもない話だということで、ここに対して異議申し立てをするところがないということで、われわれ動労千葉は、この3・29ストも大変な意義を持つものだったと考えています。
職場の中でも、東労組の「平成採」、いまだ20代の組合員がいるんです。われわれ動労千葉組合員は平均40歳以上になっていますから、そこそこの基本給をもらっているんですけど、「こういう形でやってきたら、若い人間はあと10年、20年、食っていけないような状況になるんだぞ」と言うと、「本当にそうですよね」って話を聞きます。だから「闘わなければいけないんだ」「お前らの組合は、こういう裏切りをやっているんだ」ということで訴えかけています。
この04春闘段階では、われわれ動労千葉の組織拡大はなりませんでしたが、この04春闘の決戦段階のストライキの中で、何を一番総括しなければならなかったかと言うと、やはりJR結託体制が崩壊した中で、分割・民営化後初めてJR体制に風穴を開けた。そして大きな成果をかちとった。正しい方針のもとで闘い、団結することで、やはり勝利できるということを、動労千葉の闘いが今回示したということ。そして、この成果に対する反動が必至の状況の中で、やはりJRの抱える革マル問題、安全問題、そして要員問題、この三つの矛盾を突きまくっていけば、われわれは勝利することができることを示しました。そして、この闘いを今回やりきった。

● 情勢は、「9・11」で
    決定的に変わった

この成果は、3・20におけるイラク反戦闘争へとつながった。そして残る課題は組織拡大ですが、やはり動労千葉は、JRの中でかちとった地平、そして3・20が大きく広げたこの地平、この両方の地平を本物にする、確固たるものにするために、これからも団結して闘い続けなければいけないということを確認しています。
やはり、運動はその時々の国内外の情勢に大きく左右され、その中で進展していく。それ自体大きなうねりの一環を形成しているということで、われわれの闘い、現場での闘いも大きな流れと一体となった、本当に一つの同じ闘いであるということを確認しました。
よく中野顧問も動労千葉も言っているんですけど、「情勢は、9・11で決定的に変わった」ということ、それを本当に実感して闘わない限り、勝利は来ないということです。そして、われわれ動労千葉の闘いが、これはインターネット等の普及、山本さんの協力等もありまして、国内の関生、港合同、動労千葉、その3労組のつながりだけでじゃなくて、世界的にも韓国、サンフランシスコ、日本と、こういうふうに闘いが広がっていった。そして、われわれが求めているのは、こういう闘いの広がりです。国内で大きく労働組合が一緒に闘うということ。
労働者はみんな怒りを持っている。しかし、それに統制をかけているのは連合であり、全労連です。労働者の怒りを押しとどめている状況に風穴を開ける闘いにしなければなりません。
その中で、連合の中からも全労連の中からも、本当に決起が始まっているということを、動労千葉は実感しています。動労千葉の労働学校に、全労連系の組合員、共産党系の組合員等が結集してくる。動労千葉は「過激派だ」、「動労千葉と一緒にやったっていいことはない」とか言われますが、やはり原則を守り闘い抜いていけば、この困難な情勢で闘わなければ殺されることは、はっきりしていると思います。

●血を流すことを恐れるな

動労千葉はいち早く、「55年体制が崩壊した。そして新たな時代に入った」ととらえました。奥田ビジョン、小泉の登場、そしてイラク自衛隊派兵、今の状況は、敵のシフトが完全に変わったということです。55年体制が終わったということは、戦争する国になるということですし、労働強化をして、国が生き残るために、労働者を虫けらのように殺していくような状況であることをはっきりと見すえ、多少の妥協をすればおこぼれをもらえるんだというような状況ではないということです。それは皆さんも実感していることだと思います。
今回の国会に出されたあらゆる法案を通して見てもそうですし、動労千葉や現場の皆さんの周りでも、そういう攻撃が本当に襲いかかりつつある。労働者は虫けらのように殺される。ここに目を向け、労働者は連帯しなければいけないんだ、団結しなければいけないんだということです。ストライキをやること自体が大変かも知れませんが、決起することはできます。それは、様々なリスクをしょい込みますが、やはり敵がわれわれに奴隷として生き残るのか死ぬのかという決断を迫った時に、われわれは立ち上がらなければいけません。
動労千葉も、この十何年間闘い続けてきましたが、血を流すことを恐れて闘わなかったことはありません。一滴の血も流さずに勝ち取れる勝利もあるとは思っていません。動労千葉は、仲間の頑張り、仲間の流した血と汗の上で闘い抜いてきました。その中で04春闘の勝利の地平が勝ち取られたと思っています。これをなんとしても全体の流れと結合していかなければいけないと考えています。われわれ動労千葉は、700万と言われる連合、150万と言われる全労連傘下の労働者をいかに獲得するか、われわれの仲間として一緒に決起させるか、そういうことを第一に考えて突き進んでいかなければいけないと思っています。
国会をめぐる闘争も、この4月9、10、11日と連続闘争になって、13日に国鉄闘争支援の大集会が予定されています。いまだ全労連系というか共産党系の中では、「動労千葉排除」の動きもありますが、労働者がそういうことをしているような状況ではない。われわれを差別する者は差別すればいいけど、われわれ動労千葉は闘う者を逆に差別する気は全然ないし、一緒に闘わなければいけないことを確認しています。これなしに闘いが勝てることはないと考えています。国鉄闘争はまだ終わっていません。国労闘争団がいまだふがいないとはいえ、存在している。そして、全動労争議団、そして何よりも動労千葉が残って、国鉄の中、JRの中に残って、ストライキを元気に打ち抜いている。国鉄分割・民営化攻撃はやはり完成していません。分割・民営化攻撃というのは、国鉄労働運動を完膚無きまでに解体する攻撃でした。それなしに分割・民営化は貫徹しないということです。1047名闘争は残っています。そして動労千葉、国労、全動労の闘う仲間が3労組、3争議団の陣形として残っている。ここを敵はやはり突いてくると思いますが、われわれもこの3争議団の陣形で闘えるように、なんとか持って行きたい。
動労千葉は、国労の「解体的再生」と言っています。何があっても国労の旗を守り、仲間を守り闘い抜く、そういう労働者、仲間を結集して、国労が闘っていけるように腹を固める、そういう国労組合員をつくる。そういう中で、動労千葉は一体となって闘って、この分割・民営化攻撃を完成させない。もう完膚無きまでに逆にこちらが打ちのめす。そういう中から日本の全体の労働運動の展望も開けていくと考えています。
動労千葉は、職場の中の闘争が条件がよくなった、それだけで満足するような闘いだとは考えていません。JRの職場の中で、国労がふがいなく、闘わないでチャレンジと一緒に向こうに行くなら、動労千葉に結集しろ。鉄産労もJR連合もそうです。東労組だけじゃなく、少なくとも運転職場は動労千葉に結集しろ。ほかの職場は国労でいいから、闘う腹を固めて決起しろ。そういう闘いをJRの中に巻き起こし、そして勝利をかちとるために闘い抜いていきたいと思います。

●仲間を色眼鏡で見ない
組織拡大闘争についても、いまだに風穴が開かない状況ですが、動労千葉に結集するということは、やはり党派的選択の要素があります。労働者としていかに生きるか、こっちの方針が正しいから来るんではなくて、生き方として通じるものがあるか。人生をかけて、これは正しいと思って闘いぬく腹はあるのか。われわれも、そこまでの問題だから簡単にはいかないことだと思っていますが、やはり絶対に東労組だろうがなんだろうが、闘う仲間はいると思います。そういう仲間を色眼鏡で見ないで絶対に結集させる。そういう闘いはJRの中だけじゃないし、皆さんの周りでもそうだと思いますが、やはりこういう中から本当に勝利の展望が見えてくると考えています。
動労千葉を、そして動労千葉を支えてくれる多くの仲間、一緒に闘ってくれる多くの労働組合を増やしていく。そして、その裾野をどんどん広げていく。その力を強化する。そういう中から労働者は結集すると思います。やはり弱いところには結集しないと思います。数はなければいけませんが、数だけではダメ。やはり力強く、そして数を広げていく。そういう闘いなしに成功することはないと考えています。労働者は力のないところには来ない。しかし、労働者は絶対に意気に感ずるところはあると思います。労働者には路線、理論が重要ですけど、理屈だけではダメだということを、われわれは実感してきています。本当に腹をくくった闘いでなければ、イラクに派兵するという状況を覆し、ひっくり返す闘いにはならないと思います。
その中で、やはり3・20の切り開いた地平も、われわれ動労千葉の切り開いた地平も一体のものです。これからの連続闘争も控えて休む暇もないような状況ですけど、この地平を確固たるものに広げていく、そのことなしにわれわれの未来はないと動労千葉は考えています。動労千葉は04春闘だけで闘いが終わったとは考えていません。もう、死ぬまで闘い続けることになると腹をくくっています。その中で、今回、本当に勝利の地平が切り開かれた。こういうふうに闘えば本当に展望が見えるんだということを、やはり内外に示したと思います。何よりも、それを感じ取ったのは、われわれ動労千葉の組合員だと思います。これをかちとることができたことで、やはり明るく闘いを打ち抜けたということです。
2年前には、連続闘争になって、ストの4日間を全部、東京、千葉、三里塚というような形で闘争になって、「国際連帯になんかなったって忙しくなるだけじゃないか」なんて言っていましたが、やはり、この間、この3年間闘い抜いてきた中で、それが結実し大きな地平を切り開いた、組合員にもそれが見えてきたと思います。そういうことを、感じない人には「何だ」という感じだけど、「ああそうか」と感じた時に、その人は本物になると思います。
皆さんも、われわれ動労千葉は先頭で闘いますので、これからも一緒に、われわれみんなが切り開いた3・20の地平を一緒にみんなで広げていきたいと思いますから、これからもよろしくお願いします。

参考に

日刊動労千葉  2004年4月13日 5861号

04春闘50日間闘争 3派のストライキに起つ!

ついに風穴が開く