CTSでの時間外労働分の賃金不払い問題 当該労働者17名が支払いを求めて請求書を提出!CTS千葉労基署にウソの報告

CTS幕張事業所長が、賃金請求の受け取りを拒否するという不当な対応!

千葉鉄道サービス幕張事業所において、長年、16時45分から18時までの休憩時間中に、192Mの便抜き、前面清掃等の作業を行っていながら、時間外労働分の賃金が支払われていなかった問題で、時間外労働を行っていた幕張事業所の当該労働者17名が、3月19日、CTS本社に対して時間外労働分の賃金の支払いを求めて請求書を提出した。

長年、作業をさせておきながら一銭も払わないCTS

 この間の団体交渉においてCTSは、「時間外労働を行っていた労働者から請求があった場合は、時間外労働分の賃金は支払う」との回答を行っていた。
そうであるならば、今回の請求に基づき、CTSは、直ちに時間外労働分の賃金を支払え。
今回の請求にあたって幕張事業所では、前日の18日、所長に対して請求書の提出を行った。しかし、幕張事業所の所長らは、不当にも受け取りを拒否したのだ。時間外労働の整理をするのは事業所の所長だ。長年にわたって時間外労働をさせておきながら、時間外労働分の賃金を一銭も支払っていなかったのだ。
時間外労働を行っていた労働者は、休憩時間中に作業を行っているのに残業代が出ないのはおかしいと長年思い続けていたのだ。
今回の請求は、時間外労働分の賃金の支払いを求めているのであり、極々当然の権利であり正当な行為だ。
CTSは、こうした請求すら拒否したのだ。絶対に許すことはできない。

休憩時間を変更した」?
100%ウソの報告だ!

 しかも、CTSは、千葉労基署からの指導で、休憩時間中に作業を行っていた労働者に対する聞き取り調査を行い、3月10日にその内容を千葉労基署に報告した。しかしその内容は、「休憩時間中に作業は行っていたが、その分、休憩時間の変更で対応した」とされているのだ。
これは、100%ウソの報告だ。
作業を担当した人たちは、昔から、休憩時間中に作業を行っていたから一緒に作業をやっていただけで、休憩時間の変更の指示などは、誰からも、一切受けていないのだ。
作業した本人たちが休憩時間変更の指示も受けておらず、しかも休憩時間だという認識が全くない以上、休憩時間の変更など、行われていなかったということだ。
こうした事実を無視してCTSは、「休憩時間を変更した」などというウソの報告を行っているのだ。
今回、当該の労働者が賃金を請求したことは大きな一歩だ。団結して職場で声を上げれば、絶対に現状を変えることができるということだ。時間外労働分の賃金を受け取るまで、闘いぬこう!動労千葉も、ともに闘います!
CTSは、時間外労働分の賃金を直ちに支払え!

3・29三里塚総決起集会に結集しよう!


日 時  3月29日(日)
12時から
場 所  成田市・栗山公園
*成田市役所近く
*成田駅から10分

特急さざなみ廃止反対!3/7館山地域集会、地元市議初め、150名の市民、労働者が結集!

3/7館山地域集会150名結集し大成功

3月7日、館山市商工会館で3月ダイ改ー特急列車削減・全廃絶対反対 館山地域集会が開催された。 館山市民はじめ南房総、鋸南町、富津市から市議会議員を初め、150名の市民、労働者が集まった。
集会では、 「特急さざなみ廃止は、特急廃止では終わらない。普通電車の本格的削減の始まりであり、ローカル線切り捨てだ」、「観光業にとって大打撃であ り、また特急通勤している人も多く、これからどうするのだ」、「生きていくためには絶対に認めることはできない」という怒りが語られた。さらに 「儲からないから内房線は切り捨てる。鉄道を維持したいなら沿線自治体が運営する第3セクターにすればいい」というJRの考え方に激しい怒りと危機感が噴 出した。 どこの自治体も財政は厳しいのに第3セクターにされたら.財政はもっと厳しくなり、公共サービスは崩壊し、市民は生きていくことはできなくなるのだ。
集会に駆け付けた市会議員、そして市民は、激しい怒りと同時に、ローカル線切り捨てに断固反対し地域の団結した力で闘いを続ける決意を語った。 (動画)

15春闘を期して、CTSにおける賃金・労働条件の抜本的改善を求め闘いを開始する。

  委員会宣言

  本日われわれは、DC会館において第72回定期委員会を開催し、外注化攻撃粉砕、定年延長の実現、65歳まで働ける労働条件と職場の確立、1047名解雇撤回、貨物賃下げ攻撃粉砕・15春闘勝利、戦争への道に突き進む安倍政権打倒に向けた新たな闘いの方針を決定した。

 1047名解雇撤回闘争は、最高裁10万筆署名の力が最高裁を追い詰め、昨年末の反動判決を出すことを許さない情勢をつくり出した。
28年間の闘いが「採用」の過程で何があったのか、その真実を反論の余地の余地がないまでに明らかにした。
「判決待ち」に陥ることなく最高裁で解雇撤回、JR復帰の勝利判決を全力でもぎ取ろう。
JR東日本は、「限られた経営資源の集中」「東京70ー80㎞圏全列車直通」という経営方針を発表した。
3月ダイ改の特急廃止・削減は始まりでしかない現実を許してはいけない。
成田・成東、君津、上総一ノ宮以東のJR労働者を含めた、切り捨て第三セクター化が画策されている。これに対してわれわれは「特急列車廃止・削減絶対反対」を3月ダイ改阻止闘争の最大の課題として位置づけ、ストライキを配置して闘います。
JR体制大再編が文字通り「第二の分割・民営化」攻撃として襲いかかろうとしてる。「去るも地獄、残るも地獄」の現実をもたらす、鉄道事業の全面外注化攻撃だ。JR大量退職問題は国鉄採だけの問題ではなく若い平成採も含めた問題だ。
運転士が体を壊しても下りる職場が全くない現実を許してはいけない。
「外注化粉砕・定年延長を」「組織破壊攻撃を粉砕し、65歳まで働ける労働条件を絶対に勝ち取ろう」という当たり前のスローガンが階級的要求になっている。
動労千葉―動労総連合は、国鉄民営化という戦後最大の労働運動解体攻撃に立ち向かって団結を守り闘い抜いてきた。この30年の国鉄闘争こそが反撃の決定的重要性を持っている。
動労千葉は、2014年の外注化粉砕の2波のストライキをもって新たな地平へ踏み出した。外注化攻撃の弱点は、安全問題であり、下請け労働者への犠牲を転化することによってしか成立しないところにある。JR―CTSを貫く組織拡大を実現して、仕事と労働者を取り戻し外注化粉砕を勝ち取ろう。15春闘を期して、CTSにおける賃金・労働条件の抜本的改善を求め闘いを開始する。
JR貨物賃下げ攻撃は、労働者の誇りも生活も破壊尽くす攻撃だ。労働者の権利と未来をかけて絶対反対で闘おう。
安倍政権は昨年、憲法を踏みにじり集団的自衛権を行使するという閣議決定を強行した。1月の「日本人人質事件」は、安倍が、資本主義のなりのはてに、資本家どもを食わせるには「戦争する国」でしか延命できないと暴走したからだ。しかも、この5月、6月には「集団的自衛権関連法」なるものを一括して国会に上程すると言っている。戦争は主本主義の究極の労働者搾取だ。人の命の搾取なしには成り立たない。絶対、戦争など許してはいけない。
労働者には国境も領土も存在しない。労働者の国際連帯こそが戦争を止める力だ。
韓国民主労総は、朴政権打倒のゼネストに立ち上がる連帯して闘おう。
なにより求められているのは、敵の組織破壊攻撃を跳ね返し、組織拡大闘争に勝利することだ。
全組合員の総力をあげて、団結の強化・組織拡大闘争に総決起しよう。
右、宣言する
2015年3月1日