裁判所は真実を握りつぶすのか! 難波裁判長の結審策動許すな

動労千葉 鉄建公団訴訟控訴審

葛西JR東海会長を証人採用せよ

近く署名提出行動を設定
緊急アピール 署名10万筆へ全⼒を

東京高裁で2月27日、解雇撤回・JR復帰を求める鉄建公団訴訟控訴審が行われました。
なんと高裁の難波裁判長は、「もういいでしょう」と次回結審を予告しました。2回目の口頭弁論でのこの暴言です。審では、原告である動労千葉の9人が当初は採用候補者名簿に記載されていたにもかかわらず、JR設立委員会に提出される直前に、葛西職員局次長(現JR東海会長)の指示によって、排除されたことが明らかになりました。
葛西証人の採用なしに控訴審の判決を出すことは絶対にできないのです。「解雇を直接指示した葛西の証言が聞きたい」。これは1047人の被解雇者の心からの思いです。東京高裁・難波裁判長は、誰1人として証人採用せず、何も議論せずに結審に持ち込み、1審6・29判決の転覆を狙っているのです。裁判所は真実を握りつぶすのか。葛西を証人採用せよ。
難波裁判長は国鉄分割・民営化のすべてを闇に葬り去ろうとしています。国鉄分割・民営化以降、どれだけの労働者が雇や非正規に突き落とされたのか。1047名の解雇撤回・JR復帰をめぐる鉄建公団訴訟控訴審は、一気に重大な局面に入りました。
国鉄1047名解雇撤回闘争に心を寄せてきたすべての皆さんに訴えます。〈解雇撤回・JR復帰を求める東京高裁宛の署名〉にご協力ください。全国の地域・職場で署名を集めてください。
次回裁判は5月8日(水)午後2時半から824法廷。

動労千葉 外注化した業務と出向者のJR復帰を求めて3月1日 第1波スト決定

13春闘、外注化粉砕第二ラウンドの闘いの方針を決定
2,24動労千葉第68回定期委員会

 

闘争方針

13春闘は、貨物を焦点とした定昇解体攻撃、検修・構内外注化攻撃粉砕及び、3月ダイ改合理化阻止をめざし、次のとおり2波のストライキを配置して要求の前進をめざす。
(1)第1波ストライキ 3月1日
(2)第2波ストライキ 3月13日~3月16日のゾーン

第1波ストライキの具体的前述及び要求は下記のとおりとし、第2波ストライキについては、次期執行委員会で決定し、支部代表者会議で確認する。

1.CTSによる36協定違法行為と幕張運転車両所閉鎖弾劾を焦点として、外注化した業務と出向者のJR復帰を求めて、次ぎのとおり13春闘第一波ストライキを配置する。

●第一波ストライキ

(1)ストライキの日時  2013年3月1日
(2)具体的戦術及び対象者
① 3月1日について、幕張運転車両所の組合員を対象として、始業時から半日の時限ストライキを配置する。
② 3月1日については、全組合員を対象にして、休日及び時間外労働、休日等の変更(休憩時間の変更を含む)、所定以外の作業は一切行わない。
③ 職場からの排除、警察権力の動員、組織破壊行為、不当労働行為及び、不当な業務運営、ストライキ妨害行為(受託業務に対するJRからの代務手配等を含む)が行われたと判断した場合は、戦術を拡大する。

(3)ストライキ激励行動 3月1日 7時45分 幕張本郷駅集合

13春闘勝利!外注化攻撃粉砕!3月ダイ改阻止!動労千葉総決起集会
日 時 3月14日(水)18時から
場 所 千葉市・千葉市民会館 地下小ホール

動労千葉 第68回定期委員会宣言

動労千葉第68回定期委員会

 

委 員 会 宣 言

 本日、われわれは、DC会館において、第68回定期委員会を開催し、検修・構内業務外注阻止闘争が切り開いた地平を総括するとともに、13春闘をもって第二ラウンドの闘いに突入する方針を決定した。
資本主義経済の最後の切り札であった新自由主義政策が瓦解しようとしている。EUでは次々に国家そのものが破たんし、ドル暴落の危機が迫り、中国バブルも崩壊した。生き残りをかけた通貨切り下げ戦争が広がり、資本主義体制は音をたてて崩壊し、大失業と戦争の危機を生み出している。
「10兆円の補正予算」「10年間で200兆円の公共事業投資」「無期限・無制限の金融緩和」を掲げて安倍政権が誕生した。だが、累積債務は1000兆円を越えているのだ。これは国家破たんに突き進む破滅的政策だ。
消費増税、規制緩和による雇用破壊、橋下を先兵とした全面的な民営化、社会保障制度解体等、労働者に生きることすらできない現実がのしかかろうとしている。2013年は新たな雇用破戒元年になろうとしている。13春闘はきわめて重要な闘いだ。すでに経営側は「定期昇給制度の見直しが今春闘の最大の争点だ」と打ち出している。貨物の中たちを先頭にストライキに起ち上がらろう。
昨年10月1日の検修・構内業務外注化強行によって44名の組合員がCTS(千葉鉄道サービス)に強制出向させられた。これは、出向4要件すら満たしていない違法出向だ。外注化された職場では、日常作業の偽装請負疑惑、36協定違反、運転保安に係わる規程の解釈変更等、矛盾と怒りが渦巻いている。われわれはこの現実の中から、新たな時代の反合・運転保安闘争をつくりあげ、外注化を粉砕するまで闘い続けることを決意した。外注化の第一の狙いは、労働者の非正規職化による経費の削減にあり、第2の狙いは労働者の分断にある。組合つぶし攻撃だ。そして、もたらされるのは安全の崩壊だ。JR東日本の「経営構想Ⅴ」と対決し、職場からの闘いと裁判闘争を結合して外注化攻撃を粉砕しよう。
1047名解雇撤回も重要な局面を迎えている。6・29日東京地裁判決が認定したように、不採用基準が「分割・民営化に反対する労働組合を差別する目的、動機で策定された」とするなら、解雇撤回・JR復帰以外の結論が導きだされるはずはないのだ。25年かけて明らかにさせた真実を武器に、国鉄改革法を突き破って、高裁勝利判決をかちとるために総決起しよう。国鉄分割・民営化に決着をつけ、闘う労働運動の復権をかちとろう。
深刻な安全の危機が進行している。再びレール破断が頻発している。この間われわれは、安全運転闘争に立ち上がり、支社管内160㎞のレール交換をさせてきたが、10年足らずでまた同じ事象がくり返されている。
3月ダイ改で久留里線のワンマン運転が強行されようとしている。ホームと列車の大きな段差をはじめ、少なくとも久留里線の現状では乗客や列車の安全が確保できる条件はない。われわれはワンマン化に反対する。
駅業務を強いられていた滝君が3年1ヶ月ぶりに運転士に復帰する。北嶋君も取り戻さなければいけない。ライフサイクル制度の撤廃を求めて闘いを強化しよう。さらに、民営化から26年以上も駅へ塩漬けとなっている組合員がいる。怒り心頭だ。なんとしても奪還しなければならない。
3・11の原発事故から2年。だか、収束宣言や復興キャンペーンの裏で進められているのは福島見殺し政策だ。4割以上の子供たちに甲状腺異常が見つかり、甲状腺癌までが何件も報告されているのに、原発事故とは関係ないとというのだ。原発ムラが復活し、再稼働が画策されている。政府や財界は復興予算に白アリのように群がり、原発輸出が進められようとしている。
三里塚闘争も重大な局面を迎えている。市東さんの農地の強制収用攻撃が切迫している。労農連帯の旗を守り、3月24日の全国集会に全力で結集しよう。
全てが限度と限界を超えて進む状況のなかで、全世界で労働者の大反乱が始まっている。日本でもこれまで信じ込まされてきた価値観が打ち砕かれ、誰もがこの社会の本当の姿に気付きはじめている。労働者は今こそ団結し、声をあげ、行動を起こさなければならない。全力をあげて組織拡大を追求し、闘う労働運動の再生をかちとろう。
右宣言する。
2013年2月24日
国鉄千葉動力車労働組合第68回定期委員会 

動労千葉鉄建公団訴訟 「解雇撤回・JR復帰」の高裁判決を求める 署名運動に ご協力ください


 国鉄分割・民営化からの26年間、「国鉄方式」での解雇や、民営化・外注化による非正規職化が全社会的に蔓延してきました。 次々と雇用が破壊され、権利が奪われていく。その全てが国鉄分割・民営化から始ったといっても過言ではありません。
国鉄分割・民営化は、20万人が職場を追われ、200人もの自殺者を出した巨大な国家的不当労働行為であり、労働運動の解体を狙った戦後最大の攻撃でした。それに対して、あくまで民営化反対を貫き、解雇撤回・原職復帰を掲げて闘われてきたのが1047名の解雇撤回闘争です。それは全労働者の生活と権利、未来をかけた闘いでもあり、全国各地で多くの支援の行動が生まれて闘われてきました。
しかし2010年4月9日の政治和解によって、国労本部など4者4団体は闘いの旗を降ろしました。この中で私たちは動労千葉の「国鉄闘争の火を消すな」の呼びかけから、新たに国鉄闘争全国運動を立ち上げ闘いぬいてきました。今回の裁判での前進は国鉄分割・民営化を曖昧にせずに闘いを継続したことの勝利です。さらなる雇用破壊が進行する中、今度こそ国鉄分割・民営化に決着をつけたいと考えています。

 

裁判所が組合差別を認定!

しかし解雇は有効!?

国鉄分割・民営化では、「国鉄を解体し一旦全員解雇。JRを設立し選別して再雇用」という方式がとられました。それによって解雇も採用差別も全て正当化されてきました。
今回の6・29地裁判決では、その不採用とされる基準そのものが不当な目的・動機によるもので、その基準がなければJRに採用されていたはずと認定されました。しかし、わずかばかりの賠償金のみで解雇は撤回させない、矛盾した判決です。

 

  • 「動労千葉等、分割・民営化に反対する労働組合に属する職員を不当に差別する目的、動機の下に、本件名簿不記載基準を策定したと推認するのが相当」
  • 「名簿不記載基準が策定されなければ、原告らは採用候補者名簿に記載され、その結果、JR東日本に採用されていたはずであるといいうる」
  • 動労千葉 鉄建公団訴訟(解雇撤回・原職復帰裁判) 6・29東京地裁判決文より引用

署名用紙ダウンロード


動労千葉争議団長の高石正博さん。

「一審判決は、私たちが不当労働行為によって職場を奪われたことを認めた。不当労働行為を認めた以上、JRに戻すのが当たり前だ。自分たちの闘いが正しかったこと、JRに復帰するのが当然だということを裁判所に認めさせるために、今後ともご支援をお願いします。」